スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
義父の変化
昨日、義父のところに行きました。

オット母や私の方の父のところへも行かなくてはならなかったので

長居はしませんでしたが・・・

・・・( ̄_ ̄;)

驚きました。

少し見ない間に義父は別人のようになっていました。



まず、

顔や足のむくみが取れ、足の運びもとても良くなっていました。

特に顔のむくみが取れたことで

いかにも昔話に出てくるような「意地悪じいさん」だった顔が

少し穏やかに見えるようになっていました。



そして、明るくなっていました。

なんと!あの義父が、昨日私たちがいた3時間ほどの間、

一度も「文句」を言わなかったんです。

誰かの悪口もなしです。

息子から届いたハガキのこと、

娘が絵画展でもらった賞状のこと、

そして驚いたことにデイサービスでのこと、

ヘルパーさんのこと、

これまでで初めて、

誰のことも悪く言いませんでした。


むしろ、ヘルパーさんのことを「大変な仕事やで」と思いやったり

子どもたちのことを「元気がいい」「賢い」「好奇心があっていい」と

褒めてくれていました。

そして、帰りに私にも

「忙しいのにわざわざ来てくれてすまんかったなぁ」と

・・・・そんなことまで言うではないですか( ̄□ ̄;)!!



ビックリ仰天です。

天地がひっくり返ったようでした。








帰り道、オットとふたり、

「あんなお義父さんは初めてだね」と話しました。


そして、息子であるオットが驚いた変化がもうひとつありました。

義父はこれまでテレビしか見ない人だったのですが、

ラジカセが置いてあったんです。

私は「お、めずらしい」と思っただけでしたが

オットには衝撃だったようです。

しかも私たちが行くと三波春夫(←こんな字?)を

「こんなん聴くかー?」とかけてくれました。

さらにオットによると、

なんと、キッチンにマイク型のカラオケがあったそうです。

オットは驚愕しておりました。

「あのオヤジが・・・」と言ってました^^;




想像ですけど、

オット母と離れ、体調も良くなり、

あれほど嫌いだったデイサービスで何か楽しめることが出来たんだろうなぁ、

自分の置かれた状況を楽しむ余裕が出てきたんだろうなぁ、って思います。

オット母のことは大変なストレスだったでしょう。

自分の病気のことでも、大変な思いをしました。

今、それらから解放されつつあるんでしょうね。

もしかすると・・・

私なんかには想像もつかない、何か「思うこと」があったのかもしれません。






車の中で私、オットに言いました。

「あんなお義父さんやったら同居できるって思った」って。

もちろん、これから先この変化が続くかどうかは大事なポイントですけど、

初めて義父のことを「一人にしておくのはかわいそうだ」と思いました。

義父を我が家に呼んで暮らす生活を、

初めて心穏やかに・・・とまではいきませんが、

「いけるかも」という気持ちで想像することが出来ました。


これまで義父から受けた言葉の暴力の数々は忘れることは出来ませんが、

それでも自分の中に「本当にこれでいいのか」という迷いがいつもありました。

それを解決するひとつの小さなカギを昨日手にした気がします。



オット母の写真のこともそうですが、

私自身これまで余裕がなくて見えなかったことが

見え始めたのかもしれません。

体調は相変わらず良くないけど、きっと周りを見回す余裕が

私にも出てきたのかな。



この先どうなるかはわかりませんが、

昨日の出来事と思いは、私にとって大きな収穫でした。


行きたくないと思っていた義父のところに

行ってよかったなぁって、素直に思いました。




・・・続けばいいけどね、

義父も私も(`ΦωΦ´;)











ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

【2012/09/18 11:43】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
じいちゃんや
息子の幼稚園では、毎年敬老の日に合わせて

おじいちゃんやおばあちゃんに手紙をかいて送るようになっています。

各家庭で2枚までハガキを持って行っていいことになってて、

それぞれのジジババのおうちに送れるようになっています。


今年も手紙をかいたらしく

昨日留守中に義父から電話が入っていました。


『じいちゃんや。〇〇(息子)から届いたで。

ありがと』


「ありがと」を言い終わるやいなや、

ブチッッと切れてました(--;


私ゃもう、これだけで心臓がドキドキしてしまうんです。


あー、お義父さん、機嫌悪・・・



娘は今年は幼稚園じゃないので

これを聞いて「自分もお手紙かかなきゃ」と思ったらしく、

夜ごはんを食べてるとき

「月曜日は敬老の日だよ!

お手紙かいて両方のおじいちゃんとこに

持って行こうね~♪」と無邪気に言っておりました。






あぁ・・・優しい娘に育ってくれたことがうれしい。

でも、オットの実家には行きたくない。

台風がこないかなぁ~、なーんて・・・(`ΦωΦ´;)エヘ ←情けない大人










ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
【2012/09/15 12:15】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
今度は白内障
今日、オットの携帯に義父から電話が入りました。

今度、白内障の手術をするそうです。

で、その説明をするのでご家族に来て欲しいということらしいのですが。。。


通常は日帰り手術もOKだそうですが、

糖尿病持ちの場合は入院日数が少し長くかかるようです。


う~ん、年をとるということは、身体にガタが来るということですね。

病名が違うのに、こんなに年に何度も入院をすることになるなんて。


まあ、ある意味慣れてる義父にとっては

「今度はちょっとで退院や~」という感じのようですが。。。


それにしても、家族への説明がお盆の真っ只中なんですよ。

今年のお盆は、家族でゆっくり過ごしたかったですけど

先日の「嫁動員」の件といい、今回の件といい。

ノンビリは無理みたいです~。


ちなみに、今月は私の手術費などの出費もかさんで

金欠なので。。。あまり派手な計画はありませんが(--)




あ~ん、パーッと遊びたいですねぇ(*´Д`)!







ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




【2012/08/10 22:29】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
義父の「ありがとう」
先日、義父は診察の日でした。

本当なら車で連れていってあげるのが良い嫁でしょうけど、

いろいろ考えてやっぱりやめておきました。

相変わらず薄情な嫁です(`ΦωΦ´)



すると、その日の午後になって義父から電話がありました。

用件は、診断書に関することと、来月以降の予約についてです。

なんと。

「おかげでいろいろスムーズに進んだ、ありがとう」ですと。



実は義父は月に1回病院に行きますが、

毎回受診する科が違うんです。

通院は(嫁が送ってくれないので)タクシーを使います。

身体が思うように動かない中の通院は大変です。

それで、来月・再来月の分の受診をまとめて受けられないか

病院側に話をしてみたんです。


ちょうど身障者手帳の申請の件もあったので、ついでに

予約受付の担当の方とそのあたりのことについて話したのですが、

どうやら1日で2つの科の受診が出来るように計らってくれたようです。



私が病院側とその話をしていたことを知らない義父は、

いざ病院に行ってみたらそんな話になっていたので

「助かった」と思ってくれたようです。



ま、実際はその分長い時間がかかるので

おそらく当日になれば義父は「待ち時間が長すぎる!」と怒るでしょう^^;

あまり義父の不満につながるようなことに口出しをしたくなかったのですが、

待ち時間が短くても2回行かなくてはいけないのと、

多少長くても1回の通院で済むのと、

どちらがいいかと言えば、私は後者ですので^^;

今回は義父のありがとうを素直に受け取りたいと思います。

(義父は待ち時間が短い方が良かったかもしれませんので、

心の中では「余計なことを」と思っていたのかもしれませんが)

ちなみに、診断書をとっておいたことについても、

「助かったわ、ありがとう」ですって。

(↑でもこれ、ものすご~く棒読みでした^^;)






さて。

その義父ですが、

主治医の先生からその快復ぶりを称えられたそうです(?)

義父の病気は間質性肺炎でしたが、

種類によっては死に直結する病気です。

持病もある義父にとってはかなり危険度の高い病気でしたが

すっかり快復してしまった義父。

「ここまでよくなる人はいない」と言われたとか。


インターネットで調べた限り、

ステロイド治療に良い反応が出る人は全快復もあり、とあったので、

医者の言ったこともある種のお世辞(?)なんだと思いますが、

すっかり上機嫌で自慢げな義父。

人からほめられたら100%「オレってすごい」と思える義父です。

その図太いというかおめでたいというか、

ポジティブシンキングがあの人のエネルギーの源なんだと思います。


「同じ病気で入院しとった人はなぁ、みんな死んどったわ」と

そこも自慢げだった義父に、とほほな気分のプッチョリーナでした(--)










でもま、デリカシーはまるっきりなくても、

それでも(棒読みだろうとイヤイヤだろうと)

「ありがとう」と言ってくれる義父でよかったと思います。

けっして義父のために動いてるわけではない嫁ですからね。

義父としても、私に礼を言うのはあまり気が進まないと思います。

それでも世話になったら礼を言える。

お義父さん、えらいですよー(^^)











ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
【2012/07/09 12:50】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
優しさ
昨日、例の件(オット母名義の定期預金)のことで

オットが実家に行きました。

義父にいろいろ説明し今後のことを考えるようアドバイスしてきたそうです。


ちなみにオット母の定期に関しては、契約更新をしなければ

そのまま普通預金の口座の方にお金が落とされるそうです。

普通預金についてはカードがあり、

これまでもオット母の医療費関係のお金は

そのカードを使ってオットが引き出していたそうなので、

オットと義父が話し合った結果、定期は更新せずに

そのまま普通預金の口座に入るようにしておこう、

ということになったようです。


他の口座や資産についても、

これからいろいろ整理をしていこう、という話しをしたとのこと。


また、「認知症なので」という言葉も使わないで話をするよう

アドバイスしてきたそうです。


一応、これから先は義父に任せることになります。

私たち夫婦としては、(今のところは)とりあえずここまで話をしておけば

あとは義父次第、ということですね。


いろいろ教えてくださったみなさん、

大変参考になりました。

本当にありがとうございました^^

今後もいろいろ気をつけつつ、見守っていきたいと思います。



さて。

昨日実家に行ったオットが、

娘と息子の誕生祝のお金を義父から預かって帰ってきました。

さらに、「これでケーキでも買ってやれ」と、

1万円もお小遣いをもらってきました。

ひー!こんなのもらったら・・・

お礼の電話をかけなくてはいけないじゃないかー(`▽´;)!


というわけで電話をしました。

そして、子どもたちにお祝いをもらったお礼と、

ケーキ代をわざわざ(しかもたくさん)いただいたお礼を言いました。


で。

そのついでに、義父の病院の診断書に関する業務連絡をしたんです。

身障者手帳申請のための診察を、普段の診察とは別にとるか、

それとも先にとるか、いつとるか、という話です。


ところが、ワタクシ、説明がヘタなやつです。

相手は苦手な義父です。

そのため、単純な業務連絡なのになかなかうまく説明出来ず、

しどろもどろになりつつ、長々説明してしまいました。




しまった・・・(--;




これ、義父が一番嫌うことです。

要領を得ない長い説明。

これを思いっきりやってしまいました(--;

話しながら、

いかん、イライラさせてしまう~~~@@;

と焦っておりましたら・・・


義父、最後まで黙って聞いて、

「それはまた7月の診察のときにわしから聞いてみるわ」

「焦って決める必要もない話やから」

と、穏やかに返事をしてくれたのです。

ムカついたトーンではないですよ、

幼い子ども相手みたいなトーンです。



・・・・(゚o゚;)




普段の義父なら、イライラして話を遮ったり、

結論を先に言ったり、

何かしらのアクションがあるはずなのですが。。。


この義父の対応に、

私・・・不覚にも(?)義父の優しさを感じてしまいました(--;


「黙って聞く」これは義父にしてみれば「ストレス」です。

それなのに、黙って聞いてくれた上に、穏やかな返事。



ヒー("`□´)!!

お義父さんが、優しいっっ!?




まあ、子ども相手みたいなトーンというのが

イライラを抑えた義父なりの努力の成果かもしれませんが、

それでも私にしてみたら、ちょっとしたショック・・・@@;

こういうことがあると、「絶対大嫌い」と言えなくなるので

複雑な心境になってしまうのです。

「拒否」が「悪」に思えてしまうからです。




オット母との「会話」といい、

昨日のこの義父とのやりとりといい。。。

義父も、オット母も、

私にとってはやっぱり義理でも「両親」に違いないんだ、と

痛感した出来事でございました。









ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
【2012/06/30 13:07】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。