スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
同居解消・・・続行?最悪の決断
オット父が近くの病院に転院し、

「退院までおよそ1ヶ月」という診断をもらったそうです。


そこで、もう夫婦で避けることは出来なくなりました。

同居解消か、続行か、私たちの今後は?

重い!

重すぎです!!

こんな話はしたくありません。

でも、しないことには普通には暮らせないんです、精神的に。


で、やっぱり今回も私から切り出しました。

オットは言い出しにくいんでしょうね。

今回の同居の件を通じてオットから言い出したことはひとつだけ、

「おやじが入院するからおふくろを連れて帰る」

これだけでした。

ことの発端となるこの一言。

このときだけです。






で。

オットに切り出す前にいろいろ考えました。

「義父との同居」がいかに私にとっては精神的に負担か、

どう言えばわかってもらえるだろうか。

何とかわかってもらって、同居はしない方向に持っていってもらいたい。

私の気持ちをわかってくれて、私を守るために同居はしない、

そういう結論を出してほしい。

私の中ではそういう流れを思い描いてみたわけです( ̄▽ ̄)


どう言えばわかってくれるだろう。

どう言えば・・・

でも、そこでふと気がついたんです。

今までのオット父の言動がいかにひどいものだったか、

私がイヤだったか、

オットがもしわかってくれるような人だったら

最初からかばってくれたはずだ、ということ。

こんなことにはならなかったはずだ、ということに。



時代遅れの差別発言の山、

国や肌の色、出身地で人をひとくくりにして「あいつらは」とけなし、

障害を持つ人のことをこきおろす神経。

病気の母を持つ私に向かって得意げに話すデリカシーのかけらもない言葉の数々、

娘の横で私や娘の存在を否定する暴言、

どれもこれもオットは横で聞いていました。

でも、助けてくれるどころか、まるでスルー。

オットは、私の苦しみなんて、はなからわかってなかったんです。

わかってるならしらんぷりするはずがない。

そんな人に「どうして同居がイヤか」なんて、

言葉では説明出来たとしても、

心の中を理解して感じてもらうことなんて無理だ。



そして、

思い知らされました。

同居がイヤなら私が出て行くしかないということ。



結局、家族を選ぶということは同居を選ぶということ。



それに気付かされました。







だから、オットに

もう一度「どんなに負担かをわかってほしい」ということ、

「それでもあなたがここで両親を看取る、というなら従うしかない」ということ、

「それでもそれを選択するなら離れを建てて私たち家族のテリトリーを作りたい」

ということを告げました。


つまり、実質「同居を認めた」わけです。



それでも心のどこかに、

私の気持ちを汲んでくれて、同居はしないという選択をしてくれるのではないかという

わずかな望みも持っています。


でも・・・


同居の方向にいくんだろうなぁ。と思います。



同居なんてしたくない。

あいつらの世話なんてしたくない。

でも、私が家族を守る、ということは

つまり同居しかない、ということなのだ。


私が「同居は絶対イヤです」と言えば、

オットの心の中にわだかまりがうまれて(もう生まれてるでしょうけど)

それをこれからの人生ずっと抱えて夫婦で暮らしていかなければならない。

オットが同居を選べば、

私の心の中に、「守ってもらえなかった」というわだかまりが生まれて

それをこれからの人生ずっと抱えて夫婦で暮らしていかなければならない。

信頼をひとつ失うことになるなら、

私の信頼がオットの中から失われるよりも、

私の中のオットの信頼をひとつ失う方がいいでしょう?

だって、それ以外のことでは

申し分のない良き夫良き父親なんだもの。





なので。


オットは今度オット父と今後のことを詰めて話をするそうです。

多分、私の言った言葉は私の望むようには伝わっていないでしょう。

オット父に、望むようには伝えられないでしょう。

だから、多分同居の方向で話が進むんだと思います。



でも、

それはもう、

仕方がない。

どんなに話しても伝わらない。

理解してもらえない。

そして、オットを選ぶなら家族と暮らすことを選ぶなら

義父母との同居を選ぶしかない、

そういう結論に達してしまったんです。





認知症のオット母とのことはどうなるかわかりません。

オット母を認知症に追い込んだ男とオット母が、

また夫婦でこの家で暮らすことになるのは

いくらなんでもそれは多分オットが避けるでしょう。


オット母は施設を探して、

オット父だけがこの家に来る、

私にとっては最悪ですけどね^^;





オットは言いました。

「あんたがなんでおやじを嫌うか、わかる気はする。

だってオレは自分の父親で、多分、あんたが嫌ってるのと

同じ部分を嫌いながら、我慢しながら暮らしてきたんやから」


ですと。

そんな「おやじ」を、

私たちのまっ白でかわいい娘と息子の前に

連れてくるつもりか!!






もしも、本当に「同居」という結論をオットが出したら、

絶対にオットが「イヤだと思った部分」を

子どもの前では出させないよう管理をさせます。

それが出来ないなら同居解消だと、伝えなくては。

そこだけは。

そこだけは絶対に伝えなくては。















いっそ、このブログを見せてやろうかと思ったりします。。。(0_ _)0ドテ

景気づけにクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2011/10/17 10:28】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(19) | page top↑
<<テリトリー | ホーム | 私がおったらあんたら困るやろ>>
コメント
精神面はさておいて

精神的に問題のない義理親だったとしても

肉体的に二人は無理です。

ご主人にもっと考えてもらって下さい。

舅さん、ヘルパーさんに来てもらうことは
できないのですか?
認知症の義母さんも、いっしょに
戻って頂き、一日三度、食事時に
来て頂くとかできませんか?

方法は、何かあるはずですよ。

最初から高齢者だけにしておけないという
思い込みは禁物です。
認知症でなければ、意思表示はできるし

年金不足で息子夫婦にお世話にならずに
暮らせないとか?
それなら、補助も出るはずだし

それでなければ、お金を少しでも補うとか

何らかの方法はあるはずです。

同居 という選択は  実親でも

めっちゃ きついですよ

私、実母一人でも 通い介護にしたのは

気持ちが 同居 拒否したからです

気分がささくれだって 自滅しそうだったから

ぜひ、考え直してもらって下さい

む り で す
【2011/10/17 10:46】 URL | アスカ #E0B3CrSw[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/10/17 11:43】 | #[ 編集] | page top↑
安易なことばはどれもプッチョさんを傷つけてしまいそうで…。
無理解な夫が、kageの守られていない不安&孤独をある程度感じてくれて1年ほどかが過ぎました。
それくらい長い戦いでした。
介護の負担をいくらか判ってくれたのは、GH入居間近でした。
ひと月の半分位を夫に任せたからです。

ご主人に有給を全部つぎ込んでもらって、しばらくご両親と3人での暮らしを体験してもらってから判断できるといいのにねー。

アドバイスにも応援にもならないコメでごめんなさい。
子育てしながらの二人介護…頑張らなくていいから~。
お子ちゃま1番・ばば2番?旦那とじじは番外ってことに~。
【2011/10/17 13:03】 URL | kage #-[ 編集] | page top↑
義父さんには自宅に帰って貰って、ヘルパーさんに来ていただくことはできませんか?ご主人も本音は同居は嫌なのだと思います。今より数十倍大変になる事が想像出来るのでしょうから。暴君の義父さんを迎え入れてしまったら、お子さん達の精神状況も心配です。
ご両親の自宅を売却して介護付き老人ホームに入れるなら良いのですけれど…。これから何年掛かるか分からない介護生活です。プッチョリーナさんが先に倒れてしまったら、ご主人だってお手上げなのですから、もっとストレスが軽減される方法を考えませんか?
【2011/10/17 18:47】 URL | 蓮 #-[ 編集] | page top↑
ダンナ様とプッチョリーナさん、
今ものすごい帰路に立たされて
とてもお辛いと思います。
一年前の私たちもそうでした。
義父は認知だけど軽度だったのでホームの
入所に猛反論。
こちらの義父も横暴系だったので、
親族一同、義父のイエスマンでした。
障害者は見下し、ご老人を軽視。
でも、今そんな人達に囲まれて暮らしてます。

今思うと、私たちも同居という選択も
考えてましたが、実母以外の全員に
止められました。
精神的、肉体的にも、かなりのダメージが
ありましたがホームの入所の選択は間違ってなかったと感じてます。

プッチョリーナさん、これは戦いです。
ダンナ様にとっても。
同居、ホーム、別居、どちらにしても覚悟と
決断の時です。

偉そうなこと言ってしまいゴメンなさい。
プッチョリーナさんにとって、良い方向に
向かう事を祈っています。
【2011/10/17 20:43】 URL | かのん #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/10/17 20:51】 | #[ 編集] | page top↑
どうしても「同居」しか選択肢がないのなら

オットさんにはプッチョリーナさんにちゃんと
「迷惑をかけてすまない。お願いします。」と言葉で言ってほしいです。
オット父さんは言えないか・・・

あと金銭的なコト。生活費はもちろん、別枠でプッチョリーナさんに対して手間賃と精神的負担分も渡してほしいくらい。
仕事で同居しているんだと思えば少しは気がまぎれるかなと・・・

なんとなくで「同居」に入ってしまうと、後でたくさんのモヤモヤが出てきます。
言わないとOKになってしまう。
最初が肝心だと思います。

【2011/10/17 21:30】 URL | melonpan #-[ 編集] | page top↑
同居したら、プッチョリーナさんが精神的にも肉体的にも苦労するのが分かりますよ。
前にも言ったと思いますが、何とかなると思う気持ちは絶対に禁物です。
話しを詰めておく事が必要だと思います。
私は夫とトコトン話し合いました。
結果、私が倒れてしまう前に施設に入所を決めました。

夫は家事や介護は何も出来ないし、する気も無いので、全て私に丸投げだったため、本当につらくて…。

最初から嫌いな義父様との同居は大変だと思いますよ。
【2011/10/17 22:39】 URL | おばちゃん #-[ 編集] | page top↑
みなさんが言われる通りですね。
一度決めてしまった同居は、おいそれとは解消できないものだと思います。

よく話し合って、ちゃんとお互いの納得がいかないと、何かあった時に困ると思いますよ。

ご主人に丸投げ、ありだと思います。
体験することで、わかることもたくさんあるはずだと思いますが・・・。
【2011/10/18 02:26】 URL | こらいおん #4Ohw2Pm6[ 編集] | page top↑
>アスカさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> 最初から高齢者だけにしておけないという
> 思い込みは禁物です。

思い込み、確かにありますね。
そして今回のことが同居のいい(?)きっかけだ、という雰囲気も漂っています。
気持ちが拒否する、とか気分がささくれだつ、というのは良くわかります^^;

ただ、義父母をまたふたりで生活させる、というのは私たち夫婦の中ではあまり考えられません。
これ以上義母の人生を義父の犠牲にさせたくないというか・・・
義母の認知症の大きな要因のひとつに義父の性格がある、という考えなので。。。

いずれにしても私たち夫婦の中でも、もっとしっかり詰めておかなくてはいけないことがあると思いました。
アドバイス、ありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:05】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>内緒さま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> お義父さまが入院中に心変わりして、優しい人になっていたらいいけど。
気持ちが重たくなっていたのですが、これを見て笑ってしまいました^^
「優しい人」、絶対なってなさそうですもん~~~(^皿^)

義父の介護認定は、結果待ちです。
介護3なら3人って、初めて聞きました。
でも何だか納得です。

間違いなく私も、「受け入れ」は「器以上」のことになると思います。
アドバイスありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:05】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>kageさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> ご主人に有給を全部つぎ込んでもらって、しばらくご両親と3人での暮らしを体験してもらってから判断できるといいのにねー。
もともと夫って実家には寄り付かない人だったんです。
私と付き合い始めて結婚して、子どもが出来るまでは「実家が居心地の悪い場所」だと言ってました。
(子どもが出来てからはなぜか夫だけ実家が居心地のいい場所に変わったらしいですけど)
ただ、それとこれ(年老いた両親の世話)は別問題のようです。

今も、義母の世話は献身的に(?)やってくれてる夫なので、実際臨時ではなく本当に「同居」が始まればそれはそれで「自分が頑張らなくては」と思ってくれるんだとは思います。

ただ、やっぱり「私もイヤだし子どもたちに触れさせたくない」と思う義父の毒々しい部分に対しては、夫には免疫が出来てますからね^^;
目や耳に入らないんです。
そういう根本的な部分で意識に差があると、キツいことになる、というのは安易に想像出来ます(--)

>アドバイスにも応援にもならないコメでごめんなさい。
とんでもないです。
とても心強いです。
ありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:18】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>蓮さま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> 義父さんには自宅に帰って貰って、ヘルパーさんに来ていただくことはできませんか?
本人も、退院後一旦はうちに来て、その後は自宅に帰るつもりでいるようです。
で、身辺整理(?)を終えてからうちの来るつもりのようです。

> ご両親の自宅を売却して介護付き老人ホームに入れるなら良いのですけれど…。
私も、本当にこれを望んでるんです。
だってあの人たちの残したものなんていらないですからね。
(残るかどうかもしりませんけど・・・)

ストレスが軽減される方法、何とか考えていきたいと思っています(;;)
アドバイスありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:26】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>かのんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

かのんさんのお義父さんもうちの義父に似てたんですね。
> 親族一同、義父のイエスマンでした。
これ、なんなんでしょうね、腹立たしい!!^^;

> プッチョリーナさん、これは戦いです。
> ダンナ様にとっても。
> 同居、ホーム、別居、どちらにしても覚悟と
> 決断の時です。

とてもとても勇気が出ました。
やっぱり夫とも一度しっかり話し合う必要があると感じました。
お互いにまだまだ結論を出すまでには考えられてないと思います。

後悔のないように頑張って決断したいです。
同じタイプの義父を持つかのんさんの経験談、心強かったです。
アドバイスありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:33】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>melonpanさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> なんとなくで「同居」に入ってしまうと、後でたくさんのモヤモヤが出てきます。
> 言わないとOKになってしまう。
> 最初が肝心だと思います。
そうですね、絶対そうだと思います。
同居の選択肢しかない、ということはないはずだ、と今でも私は思ってるんです。
どうするかは夫に任せるとは言ったものの・・・

もしも本当に同居するということになれば、
「これはダメ、やめてくれ」リストを作ろうかと思ってますが^^;

いずれにしても、まだまだ私たち夫婦の間で詰める問題があったようです。
アドバイスありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:37】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>おばちゃんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

何とかなる、というか・・・何とかしなくてはいけないんだ、という感じですね。
私も夫も、やっぱり古風というか根本に「両親の世話はしなくては・・・」という義務を感じているんです。教育されてきた、というか。。。

でもやっぱり詰めなくてはいけない問題がたくさんありますね。
やりにくいのは、うちの場合夫が私には丸投げしていないところです^^;
丸投げしてくれたらハッキリ拒否も出来るのですが・・・

「最初から嫌いな義父」・・・ですねぇ。。。
私の人間がもう少し出来てたら我慢も出来るのでしょうけど^^;

アドバイス、ありがとうございましたm(*_ _)m
参考にさせていただきます。
【2011/10/18 10:41】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>こらいおんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> 一度決めてしまった同居は、おいそれとは解消できないものだと思います。
> よく話し合って、ちゃんとお互いの納得がいかないと、何かあった時に困ると思いますよ。

そうですね。
まだまだ話し合いが足りない、と感じました。
夫に対して言いたいことやわかってほしいことを今飲み込んでいたら、後で後悔することになるでしょうね。。。

いずれにしても、まずはお互い(というよりまず私が)納得して結論を出せるよう、もう一度しっかり夫婦で話をしなければ、と思いました。
家族の今後の人生を左右する大きな大きな問題ですもんね。
ありがとうございましたm(*_ _)m
【2011/10/18 10:48】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/12/09 17:41】 | #[ 編集] | page top↑
>内緒さま

はじめまして!
ご訪問&コメントありがとうございます!

夫の「何とか最小限のエネルギーでうまく丸くおさめたい」という姿勢、同じですねぇ^^;
あちらは自分の親のことだから、「ツーカー」でわかることもあるだろうけど、嫁としてはなるべくすべてをハッキリさせておきたいんですよね。
どうするのか、どうするつもりなのか。
結果的には「何とかなった」としても、何となく、わからないままにその道に進んでいくのは無駄なエネルギーを使う気がして。。。ストレスですよね。

内緒さんのお義父さまも、大変な方のようです。
どうか無理はせず、旦那様と話し合いながらうまくすすめていってくださいね。
また遊びに来てください。
ありがとうございました!!
【2011/12/10 09:33】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/99-858086af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。