スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
揺れる心・・・
いつだったか、このブログでも触れましたが、

海外ドラマを見てるときに、登場人物が母親を介護施設に預けて

「設備の整った場所で快適に暮らしているよ」というセリフを

口にするシーンがありました。

それを聞いてもう一人が「それはいいね」と答えるのですが、

何気なく見てて「そういう環境はうらやましいなぁ」と思ったものです。


昨日違うアメリカの海外ドラマを見ていたら、

『介護施設に馴染めずに問題を起こした父親を一旦は引き取ることになったけど

ボヤ騒ぎを起こしたり道に迷って警察沙汰になったりして結局施設に戻る』

という話をやっていました。



もちろん、海外でも親の介護事情は様々なようです。

そのドラマも、引き取る側の息子は独身で仕事もあり、

現実問題として介護を出来る状態ではありませんでした。


うちは・・・私が専業主婦だもんね。

介護は無理ではない状態なんです。

体調が悪くても、介護を堂々と(?)拒否できるほどには悪くない^^;

子どもも小さいけど、それは理由にはなりませんもんね。

というわけで我が家では、今「本当に、どうするよ!?」という空気が

ものすごーく濃く漂っています。

私とオットの頭の中にはずっとその問題があって、

ふとしたときに「どうする?」という話になります。



認知症のオット母と、持病持ちのオット父。

正直、どちらも残された人生はそう長くないと思っています。

認知症が進行してくればどうなるかも、目に見えています。


オット父の方は、間質性肺炎という病気で入院しましたが、

膠原病からくるのでは?という程度にしか原因がわかっていません。

ただ、今回はステロイド治療が有効だったので順調に回復し、

今はリハビリさえうまくいけば自宅に帰っていいと言われています。

もちろん80過ぎてますので、「元通り」には回復しないだろうし、

糖尿の持病もあり、衰えていく一方なのも確実なことです。



私は・・・

覚悟を決めるべきなのか、どうなのか。

だって、オットはそうは言っても実の息子。

親にむかって「施設に入って」とはいえない様子。

「引き取るって言っても現実問題面倒を見るのはあんた(私)やもんな・・・」と

ハッキリしないし、どうしたいのかも読めない部分があります。




うーーーーーーん、

どうすれば???





引き取るってのが多分一番悔いの残らない選択なんでしょうね。

でも。。。。





ふえ~~~~~~ん。



やっぱり、出来れば「イヤ」って言いたいなぁ・・・










というわけで、

オトメの心は今日も揺れに揺れております。。。(0_ _)0ドテ













最後まで読んでいただいてありがとうございました!
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/09/21 10:32】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<わーーー(*@▽@*)!! | ホーム | 子宮をとる!?>>
コメント
答えはそのうち出てくるのでは?

私が母を施設に入れたのは

心身ともに「疲れ切っていた」からです。

迷っているうちは、まだやるしかないし

やるよりなかったです。

でも

ある日、もうこれ以上無理!という日が来て

だからといってすぐに入れる施設もない。

にっちもさっちもいかず、
有料老人ホームだろうがネットだろうが何だろうが、情報収集に努めました。

施設に入って頂くより仕方ない、という日が来たら

その時では遅いので、周到に準備はされた方がよろしいかと思います。

それでなくても、ご自身の身体
いつまでも若いままではないですよ。
子供さんも小さいご様子で
不安も大きいとお察しします。

6年間の認知症、半端でないです。

専業主婦だって介護疲れはするのです。

心身ともにやられないうちに、準備は周到にされることをお勧めしますが
介護は一人一人違いますよね。

私の母はすでに施設に入っておりますが
肉体的には楽ですが、気持ちは重いままです。
施設に入れた時は大泣きしましたよ。
自分を責めたりしましたし、
その罪悪感で施設通いをしています。

在宅介護3年半、施設通い4年の
7年と半年が経ちました。

まだ介護は続いています。

でも施設入所で、悔いはありません。
他に選択肢がなかったので。
【2011/09/21 11:59】 URL | アスカ #E0B3CrSw[ 編集] | page top↑
>アスカさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

貴重な経験談を聞かせていただいてありがとうございました。
参考になります。
「迷ってるうちはやるしかない」という言葉、重く響きました。
決断を下すのは「引き取る」なら私、「施設に入所してもらう」なら夫だと
思いながら日々過ごしていますが・・・。

「これ以上無理」という日がいつくるのか、こないのか、
どうなるのか全然わからないのですが、一応いろいろな施設の見学などは
夫とふたりでしておこうと話しています。

体は正直相当疲れてるのですが、倒れるまでは夫には伝わらないようです^^;
【2011/09/21 17:16】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>子どもも小さいけど、それは理由にはなりませんもんね

理由になると思うんだけど(-"-)

介護認定更新で数時間待ちの病院に連れて行かないといけなくて。。
本当は義姉に頼んでたけど、いつ行くかがはっきりせずに期日がせまりました<`ヘ´>

結局、ぎりぎりになったので私が連れてきましたが、その日は娘が風邪で学校休んでました
もう3年だったし、熱は引いてたから留守番なんとかなったけど、やっと帰れたのがタクシー利用しても13時過ぎでした(>_<)
とても可愛そうなことをしました(>_<)

プッチョリーナさんとこはお子さんも小さいし、認知症だと目が離せないうえに、高齢者を二人抱えるのは大変ではないでしょうか?

子供と高齢者の両方が病気になった時に、ご主人が休めるのか?とか、誰か頼れるのか?とか、今後の学校行事の時は?とかも、ご主人と相談されたほうが良いですよね(-.-)

そのうえで、現実には順番はまわって来ないし、いざとなってから申し込んでも間に合わないから、早めに入所を考え行動をおこしたほうが良いと理解してもらえたらいいですね
【2011/09/21 20:39】 URL | niko #-[ 編集] | page top↑
気持ち分かりますよ。私もずっと悩みましたから。

面会に行くと嬉しそうに、思い立った事をお話しします。
私は、手をとってニコニコしてうなづきながら話しを聞きます。

これって、面会の時間だけだから私も優しく接する事が出来るんだと思います。

数年一緒にいるなかで出来るだけ介護を頑張りましたし、昨年介護休暇をとり1日中24時間一緒にいてお世話しましたが、私がプチうつみたいになり夫が慌てて施設に数ヵ所申し込みしてくれて、今年の3月から入所しました。

月いちで外泊したりしています。今月は23日に帰って来ます。
専業主婦だって自分の暮らしがあります。

様子を見て、なるべく早めに旦那さんと話し合い出来るといいんですけどね。
【2011/09/21 22:02】 URL | おばちゃん #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/22 02:26】 | #[ 編集] | page top↑
専業主婦だから疲れるってこともあるんですよ!
世間と隔絶された社会にいて、引きこもり勝ちにならざるを得ませんから。
介護以外の会話がどんどん減って・家庭が苦しい場所になってしまう場合もありますよ。
お薬で心を落ち着かせて介護をする方も大勢いらっしゃいます。
みなさんのアドバイス通り、GH・老健・特養etc
手を打っておかれた方が宜しいかと思います。
なにとぞ・なにとぞ・お子さんとの生活を一番になさってください。
子育ての後悔はして欲しくないな~。
【2011/09/22 08:03】 URL | kage #-[ 編集] | page top↑
>nikoさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

具体的なお話、参考になります~!
いざというときを想定しないといけないのはわかっていても、
何をどう想定するかは「何となく」しか考えていませんでした。
特に「両方が病気」というのが・・・^^;
うちは私の実父がすぐ近くに独りで住んでるので、
それ(?)も想定内に入れなくてはいけません(><)

「いざとなってからでは遅い」ということ、
アドバイスいただいたことも含めてオットと話そうと思います。

ありがとうございましたm(*_ _)m
【2011/09/22 09:52】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>おばちゃんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

>私もずっと悩みましたから。
多くの方が通る道なんですね。
決断出来る日がくるのでしょうか^^;

夫との話し合いも、今はそうは言っても「近い将来=先のこと」という感じです。
悩ましいです・・・(TT)

なんとかみんなにとって良い決断が出来るようがんばりたいです。
ありがとうございましたm(*_ _)m
【2011/09/22 09:58】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>内緒さま

ご訪問&コメントありがとうございます。

>お互い幸せに暮らせる方法は何だろうという事
そうなんです。
内緒さんの書かれていたお気持ち、私と同じです。
何かと制限がありやることも少ない、それでも家族と一緒がいいのか。
それとも専門の人の見守りを受けながらある程度自由に過ごすのがいいのか。(友人だって出来るかもしれない)
本当ならうちでいろいろなことをもっと手伝ってもらいながら暮らせれば一番いいのでしょうけど、それもなかなか・・・。

本当に難しいです。
私たちだけでなく義父母にも選択肢を、という意味でも下調べはいろいろやってみようと思います。
ありがとうございましたm(*_ _)m
【2011/09/22 10:08】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>kageさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

温かいお言葉、ありがとうございます~(><)
「引きこもり」、確かにそうです。
子どもの幼稚園の行事やPTAの役員などに参加しつつ、なるべく「外界」とつながろうと努力はしているのですが^^;それでも限界はあります。

今はまだ、義母もほぼ毎日デイケアに行けてるしショートも思うように入れられてるので気持ち的には余裕のある状態ですが、義父が加わったり義母の症状が進行することを考えると・・・


本当に子どものことだけは・・・後悔のないようにやりたいです。。
いろいろ手を打つこと、どうなるかわからなくてもとりあえず進めておこうと思います。
ありがとうございましたm(*_ _)m
【2011/09/22 10:16】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/74-d19b79e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。