スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
贈り物は難しい
今日はオット母が帰って来る日です。

「帰ってくる」ではなく「またやってくる」と言いたい私。

肝っ玉小っちゃいデス・・・(`ΦωΦ´)?


さて、

先日伯母から小包が届きました。

中には「ああ認知症家族」という本。

読まれた方はいらっしゃるでしょうか?

著者は高見国生さんという人。



中身は、ものすごくおおざっばに言うと

ご自身が共働きしながら養母を介護した話と、

介護に関する社会の変化について。

そして、「認知症の人と家族の会」代表を務める著者らしく、

介護する者に寄り添う形での助言などが書かれています。



今日はこの中身についてではありません。

人づきあいの難しさについてです。


伯母からこの本が届いたとき、

ありがたい、気にしてくれてるなぁ、心配してくれてるんだなぁ、

役に立てば、と思って送ってくれたんだなぁ、

・・・とは思えませんでした。


なぜならこの伯母、

大変な事態に直面している人に「あなたは今こんなにマズイ状況」と

ダメ押しをする天才なのです^^;傷口に塩をぬると言いますか・・・

うちの母が肝硬変だとわかったとき、うちに電話してきて、1時間も2時間も

「肝硬変の人はこうやって死んでいく、今まで私の見てきた肝硬変の知り合いは

みんなこうして死んでいった」と並べ立てた人なんです。

母が手術するときも、病室に来て「手術で失敗した知り合い」の話を延々した人。

そうやって自分の中の不安要素を取り払っていってるんだと思います。


なんと言いましょうか・・・

どんなときもネガティブで、人にそれを振りまく天才といいましょうか・・・

とにかく、私はこの伯母と話すといつも暗い重い気持ちになってしまうんです。

でも、本人は「自分はポジティブ」だと思ってて、みんなのお世話をやいちゃうというか・・・。

だから・・・送られてきた本を見て、ちょっと「う~ん」て思っちゃった。






認知症の家族を介護したことのある人が、その経験上

「参考になれば・・・」と薦めてくれたのならともかく、

この伯母からのオススメの本はなかなか読む気になれなかったヘソ曲がりな私。

(読みましたけど)





ごめんね、おばちゃん。

厚意はありがたかったけど、ちょっと違ったよー^^;



いずれにしても、

人に贈り物をするのは難しいです。

特に、困難な状況にある人を励ましたい、役に立ちたい、というときの贈り物は、

よほど自信のあるものか、本当に役に立つようなものを贈るようにしないと・・・



よくオットが「ワイン好きにワインを送るのはやめとけ」と言います。

確かに。

ワインを知ってる人ならいいでしょうけどね。

どんな場合でも通用する名言だと思います^^;
















今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
【2011/09/16 13:44】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<認知症だけど働きたい | ホーム | お金がうれしそうに飛んだ日(?)>>
コメント
はじめまして!こんにちは。
先日はコメント残してくださってありがとうございました。

悪気はないんでしょうけど、いますね・・・こういう人。(^^;
本屋さんに行っても、認知症介護体験者の本を手に取ろうとはなかなか思わないです。
病気についての本ならともかく、家族の声ならこうしてネットで現在進行形のリアルな声を読むことができるわけですし。
美しくまとめてある本を読んでもちょっとね・・・白々しいかんじさえします。
わたしもへそ曲がりかしら~。(^^;
【2011/09/16 17:04】 URL | naonya #Fnz/PBGI[ 編集] | page top↑
>naonyaさま

こちらこそ~!ご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

>家族の声ならこうしてネットで現在進行形のリアルな声を読むことができるわけですし
そうなんですよね、いくら「イライラした」と書かれてあっても、何だかリアルじゃないんですよねー^^;
ただ、その方は介護していた人を看取ってるんですけど、そこに至るまでの変化みたいなものや、看取ったときの気持ちなどは、何だか「へえ~」と思って読みました。
ま、介護する側される側人それぞれだし、私は著者の人みたいに出来た人間じゃないですからねぇ~^^;

今の時代は、ネットが家族の会みたいなものですよね(^^)
にゃんママ友だちも出来るし(=^ω^=)ニャー
【2011/09/17 08:29】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/69-3b1d9a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。