スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
心の狭いヤツ
どうでもいい話なんですけど、

コンビニとかでお弁当とかパンとか買ったときに

「おはしは何本つけますか?」って聞かれるでしょ?

あれ、聞かないで勝手に付ける兄ちゃんいますよね。

友だちの分と2人分買ったのにおはし1本(1膳)しか付けてもらえないと

「一人で食うと思われてる・・・( ̄- ̄)」って、何かヤな気持ちになりますよね。


今日、おにぎりとパンを一個ずつとからあげを2つ買いました。

そしたらコンビニの兄ちゃん、おはし2膳つけてくれました・・・



それはそれで・・・

「一人で食うんよ・・・」と何かヤな気持ちになりました( ̄ー ̄;)


(あ、ちなみにパンは朝用で、おにぎりとからあげ①は昼用、
もう一個のからあげは夜のつまみ用です→どんな食生活じゃ!)






* * * * * * * * * * ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ * * * * * * * * * *


というわけで・・・(というわけでもありませんが)

ワタクシ、心が狭いです。

昨日、

ワタシの心の狭さのせいで息子を泣かせてしまいました。。。(0_ _)0ドテ



昨日はオットが休みで、オット父の見舞いに行く予定だったんです。

もちろんオット母を連れて。

そしたら息子4才が「僕も行く」と言いました。





・・・

私ね、オット父のことが嫌いなんです。

前にも書きましたが、息子を妊娠して(3ヶ月くらいの頃だったかな)

「二人目が出来た」と知らせたら

「男やろうな!男以外は産んでもしゃーない」と騒ぎ続け、

2歳の娘の前で「(娘をあごでさして)こんなんひとりおってもしゃーないわ」

と言いやがったんです。



当然その頃はおなかの子の性別はわかりませんでした。

その後も会うたびに「男か、もう男てわかったか」と言われ続け、

二人目が出来た喜びなんて、感じることが出来ず、

ただ「男の子じゃなかったら・・・」と思う毎日でした。


そして、生まれたときに分娩台から「生まれました」と電話したら

「男やったんやろうな!」

「男やったんやな!」

それだけ言って「ごくろうさん」と勝手に電話を切られたんです。


「男の子が出来るのが楽しみ」というレベルじゃありませんでした。

そりゃもう、ヒステリックといえるほど「男」にこだわり続けて、

娘や私の気持ちなんかまるで無視でした。

昔、女の人を「子どもを産む機械」と言った馬鹿な大臣がいましたが、

そんなの、オット父に比べりゃかわいいもんです。





私は「この子はあいつのために生んだんじゃない」といつも思ってました。

娘のことも、息子のことも、あいつには会わせたくない。

いつもそう思ってました。

もちろん、そうもいかなかったですけどね^^;



実際は、よく遊んでくれるおじいちゃんなんです。

昔ながらのいろいろなおもちゃも作れるし、

子どもの相手も上手だし、

子どもたちにとっては「楽しいおじいちゃん」なんです。


でも、私は・・・

会わせたくない(-_-)




というわけで、

息子が「おばあちゃんのこと好き」と言ったり

「おじいちゃんのお見舞いに行きたい」と言ったりすると、

ついつい理由をつけて会わせないようにしたくなっちゃうんです。。。

そしたら息子・・・

泣いちゃいました。。。(0_ _)0ドテ



ウガーーー("゚Д゚)!!!

心狭い!!

なーんて心が狭いんだワタシ!!

でも会わせたくない~~~~!!







ダメなお母さんだね。

だって子どもたちに責任はないもんね。

「おじいちゃんとおばあちゃん好き」だなんて、

子どもらしい優しい言葉だよね。

優しい気持ちを応援するのがお母さんだよね。




・・・

というわけで今日も自己嫌悪に陥るのデシタ。。。(0_ _)0ドテ







最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/09/12 11:09】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<認知症になって本性が見える? | ホーム | 吐いた(@@;>>
コメント
その気持ちわかる(;一_一)

生まれてすぐに「男の子は次でいいわね」って、義母に言われました
沐浴させたい様子を何度も見せましたが、意地でもさせませんでした(~_~;)
【2011/09/12 14:50】 URL | niko #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/12 14:59】 | #[ 編集] | page top↑
>nikoさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(*^〇^)ノ

> その気持ちわかる(;一_一)
よ・よかった~~~わかってもらえて!(*;;)
ヒンシュクかうかと思ってました~^^;(←ビビリ)
なんかねぇ、好きなように産み分けられるとでも思ってるんですかね。

> 沐浴させたい様子を何度も見せましたが、意地でもさせませんでした(~_~;)
なかなかやりますな( ̄▽ ̄*)

一般家庭でこれですもの。
歌舞伎の世界とか、そういうとこのお嫁さんはホンット大変なんでしょうね^^;
【2011/09/12 15:33】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>内緒さま

あれれ!私の勘違いでした~!
ちなみにワタクシ、九州Oいた県です。
温泉地Bっぷに同じような水着で入る露天風呂があるので、
もしかして~と思っちゃいました(*^□^)
残念!
【2011/09/12 15:37】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
私も、娘を産んだばかりで、痛さからうんうんうなっている時に「次は男な!」と、言われましたから、その気持ち分かりますよ。

元気に生まれてくれただけで充分だと思いますけど、しかも大きくなって来てから「やっぱり、女の子は優しくて良いなぁ」だって、どう思います?
行き当たりばったりで物事を言って欲しくないんですけど。
【2011/09/12 17:35】 URL | おばちゃん #-[ 編集] | page top↑
介護のブログランキングで
「ギョッとするほど」正直な題に目が引かれ、
訪問させて頂きました。
私は義母、義父ではなく実母ですが
介護をしていました。
元通りの家族4人の生活に戻りたいという気持ちが痛いほどわかります。
ご自分を追い詰めないで
正直な気持ちをブログに爆発させながら
乗り切ってくださいね!!
応援しています!!
【2011/09/12 22:32】 URL | ぼてちゃん #Divwfqgc[ 編集] | page top↑
私は女子がふたりなので とうとう「ごくろうさま!」なんて言葉は聴けませんでしたわw
義両親がふたりで「男!男!」って勝手に騒いでいましたなぁ~(遠い目‥)
次女の時なんかお祝いも無かったし‥
見舞いに持ってきたにぎり寿司を美味しそうに完食して帰って行った人たちです
「女はお金掛かからんでええわw」って吐き捨てるように言われた言葉は忘れませんよ!
掌を返したように可愛がるのは時間の問題でしたけど‥
人でなしで素晴らしい人間性でした!
(亡くなってもこの思いは消えません‥)

会わせたくない気持ち すっごく分かります!
あの台詞 録音しときたかったもんw
でも子どもには刷り込みたくない気持ちも分かります
同じレベルに落ちるような気がして‥
私も どうしてもそれだけはできませんでしたわ
でも大丈夫!そのうち子どもたち自身が気がつきますよ♪
【2011/09/13 00:03】 URL | iーyon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
>おばちゃんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます!

おばちゃんさんも同じような体験がおありなんですね~!
きっとその後も何かとご苦労されたんでしょうね・・・(><)

それにしてもなんなんでしょう^^;あの感覚。
古い人はそんなもんなんでしょうか( ̄_ ̄)?

「やっぱり女の子は優しくて良いなぁ」って、まったくもうって感じですよね。
突っ込む気にもなれませんよね^^;
【2011/09/13 18:08】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>ぼてちゃんさま

ご訪問&コメントありがとうございます!

お母さまの介護をされたのですね。
サイト、拝見しましたが、知らないことや気付かないことがたくさんあってとても参考になります。

未熟モノですが、これからも可能な限り(?)「臨機応変」に、ドーンと構えたお母さんを目指して頑張っていきたいと思っております!
応援ありがとうございました!!!
またよろしければ遊びにきてくださいね。
【2011/09/13 18:08】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(*^〇^)ノ

i-yonさんも同じような経験をされてるんですね!!
「女は金掛からんでええわ」って・・・絶句です(-_-;)
そんな言葉を口にするような義両親様の元、i-yonさんもさぞかし苦労されたでしょうね・・・

子どもたちにはなるべく私の気持ちとは関係なくやって欲しいのですが、こればっかりはまだ。。。なかなか^^;
でも確かにそれでガタガタ言ってたら同じレベルですよね。
私もi-yonさんのような頼りがいのある「ばあば」(♪)になりたいです(^^)
【2011/09/13 18:09】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/66-f29dd332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。