スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
嫁の義務と本音
先日、庭の土を広げながら休憩していたときのことです。

オットが同居の話を切り出してきました。


結論から言います。

同居はしない方向でいくそうです。

施設を探そう、という言葉をオットがハッキリ言いました。

「(施設が)見つかるまでの間はうちで過ごしてもらうこともあるかもしれない」

とも言いましたが、それは「旅館みたいな感じで泊まりに来てもらう」ということのようです。

本当にときどき、何泊かうちで過ごしてもらうという感じですかね。


別棟を建てるという件や増築については、「オレは嫌」と断言していたので

長期の同居は可能性として消えたと考えていいようです。

改築も増築もなしで今の我が家で義父が暮らすことは現実的ではありませんし、

オットの口ぶりからして一時的な同居もないままになるだろうと思いました。







なぜオットがそういう結論を出したか。

それは、母親との同居があまりに負担だったから、だそうです。



確かに今のオットの仕事の忙しさは、当時の比ではありません。

転勤で職場も変わり、仕事量も大幅に増えました。

その状況で、あの頃の生活がまた始まるということに

オットは「耐えられない」と思ったんだそうです。


夜も寝られなくなる、動きの悪い父親の介助もしなければならない、

身体を壊しながら子どもたちに自分の望まない自分の姿を見せる。

オット母がいた頃、親を怒鳴りつけてしまう自分を子どもに見せたことを

いまだに思い出すそうです。

親のためにも、子どものためにも、自分のためにも、私のためにも、

そういう振る舞いをしてしまう状況を、もう作りたくないんだそうです。



でも私、話を聞きながら

この人こういう言い方をしてくれているけど、

本心はやっぱり親を看たいと思ってるんじゃないかと思いました。

それでも同居の話を進めない理由は、私が義父を嫌ってるからじゃないか。

本当は、本音では、私に嫁として頑張って欲しいんじゃないかって思いました。

自分が朝早く家を出て、寝るためだけに帰って来るような状況の中、

父親も子どもも私に任せきりにする生活を選ばないでくれただけで

本当は父親のために同居してやりたいと思ってるんじゃないかって。


だから正直にそのことを訊ねました。

そしたら

「あんたがどうとかじゃなく、オレが無理やと思う」だそうです。

オットは言いました。

「オレが頼めば、あのとき(母親のとき)そうしてくれたように

あんたはオヤジの面倒をしっかり看てくれると思う。

でも、オレがもうイヤなんや」

「オレはばあちゃんのことは別に嫌いじゃないし、

面倒もみらんといけんと思って引き取ってきたけど・・・

あのときは「出来る」と思って引き取ったけど、

それでもあんなに怒鳴ったりイラついたり、ひどい状況やった。

あんなんは、自分でももう嫌やし子どもにも見せたくない。

あの生活がまた始まると思うと耐えられん」


・・・

これがオットの気持ちなんだそうです。


私が同居の話を義父からされてそれを伝えたとき

オットは「少し時間をちょうだい」と言っていましたが、

それよりも前からきっとずっと考えていたんでしょう。

そして出した結論が「父親を引き取る道は選ばない」ということだったんだと思います。





私は、オットの現在の殺人的な忙しさを見るにつけ、

この生活の中に義父が入ってくるなんて想像も出来ないと思っていました。

もし同居となれば、私の負担はもちろんですが、

オットの負担も相当なものになることは容易に想像がつきます。

オット母のときそうしてくれたように

オットは私に気を遣って「せめて自分が家にいるときは

オヤジの面倒はオレがみなくては」と思って頑張るでしょう。


今のオットの生活に・・・

夜ご飯を食べて、食べてる途中に寝るようなオットが、

さらに義父のためにその時間を削って頑張るなんて。

・・・想像できません。


オット母のときは、オットは身体を壊しました。

身体が限界になるにつれ、オット母にも子どもたちにも当たりまくりました。


それをまた見なくてはいけないのか、と恐れおののいていましたが、

恐れていたのは私だけではなかったというわけです。




私は・・・

正直な話、同居の覚悟をしていました。

義父から話を切り出されたときに、ついに来たか、と思ったし

さらに義父が「1年」という猶予を与えてくれたことで

話が一気に真実味を帯びたというか・・・もう逃げられない、と思いました。


だから、増築なり改築なり、そのための間取りを考えていたし

生活の流れや、義父との間・オットとの間にに作るルールのこと、

子どもたちへのルールなどについても考えていました。


そして多分、

それが一番自分にとって後悔のない選択だとも思っていました。


義父が、あんな人でもオットの父親であることをこれまで以上に考えました。

そして、病気になって小芝居うってくるような人になって、

結局のところ ただの「かわいそうなお年寄り」になってしまった、と思いました。

あんなに人よりも優位に立てないとやっていけなかった人が、

とうとう「置いてもらえないだろうか」と言った。


オットは今の状況では介護の戦力にはならない。

もう、私が身体を壊すことになったとしても、

壊れるまでやるしかないんだろう、と思いました。

そうすれば、義父も私自身も納得するだろうって。


そして、どうせ義父はそうは言っても長くないだろうとまで考えていました。


人の生命力はものすごいです。

私の母も、末期になって意識もなくなって、

弱りに弱った状況から亡くなるまで本当に長かったです。

でも、義父が抱えている持病はひとつではなくて、

その中でも肺炎は結構やっかいな状態です。

多分、同居になって暮らし始めても・・・

きっと入退院を繰り返して、その中で亡くなるだろうって。。。

何となく思っていました。

だったら、義父の望みをかなえてやることで丸く収まるんじゃないかって。


早く死ぬなら看てあげてもいいよ、って^^;

恐ろしいことを私書いてますね^^;

でも、それが今の私の心の中の素直な言葉なんです。




だから・・・

オットが「一緒には暮らせない」と言ったときものすごく安堵したけど、

同時に猛烈に「それでいいんだろうか?」という思いがわきあがりました。

それはこれを書いてる今も同じです。

嫁として、オットの妻として、

オットの父親の望みをかなえてあげなくてはいけないのではないか。


本当に無理だろうか。


たとえ、私の予想に反して義父が恐ろしく長生きしたとしても・・・(^^;

それでも今の義父が、今の身体で10年も20年も生きないでしょう?

・・・なんてコレまた恐ろしいことを書いていますね、私。

でも、どう考えても義父はそう長くはないと思うんです。。。


一緒に暮らさないで施設に入所させる。

同居は本当に無理だろうか。

それが最善の選択だろうか。


でも、オットが「無理だ」と思ったのなら、

それを覆すのはお互いのためにならないんじゃないか。



第一、持病があるからこそ「最適な環境で暮らす」ことが

義父にとってはいいのではないか。

でも。

以前にも一度オットが「同居は無理(と思う)」と言ったにも関わらず

それでも私に頼んできたわけです。

まぁあのときは我が家にはオット母がいましたからね。

「2人ともは無理」と受け取っていたのかもしれませんが・・・

それにしても、同居の話を持ち出す義父にだって覚悟はあるはず。

私に頼むってだけでも結構な覚悟が必要だったでしょうからね^^;

よっぽど面倒をみてもらいたいと思っているんでしょう。

それを考えると、「うちは無理、施設に入って」というのは

あまりに残酷なのではないかと思えてくるわけです。



それに第一、持病があったら施設には入所出来ないのでは・・・?

入所の話がうまく進まないとなると、結局やっぱり同居しかなくなるのかもしれない。

現に今、一人で生活することがだんだん難しくなってきてる。

「とりあえず誰かがそばにいてあげなくては」という状況になりつつあるんです。

オットによれば本人的には「一人でいるのが不安で仕方ない」ということらしいし、

すぐに入所出来ない場合は・・・と考えると、やっぱり同居の選択肢は残るのでは。

だからと言って「見つかるまで同居」なんて言ってたら入所は出来なくなるんじゃないだろうか。

まずはケアマネさんに相談?

だけど・・・と頭の中を行ったり来たり^^;

というわけで、

判決が出た今も、グルグルグルグル檻の中を歩き回るクマのようになっています。

頭の中がグルグルグルグル・・・(@@)


これを書いている最中にも、

「そんなに甘くはない」

「子どものことはどうするのよ?」と思ったり、

認知症ではない義父が、

希望に反して施設に入所するときの気持ちを考えてみたり。



ちなみに、オットは義父に施設の話をしたそうです。

どういう言い方をしたのかはわかりませんが、

同居は厳しいと言ったようです。

それ(施設入所)について、義父も「ほな探さなあかんなぁ」と言ったとか。

これが・・・このセリフがまた私には(きっとオットにも)こたえるわけで。








ま。

少なくとも今はオットが結論を出してくれて

話がひとまず落ち着いたところなので、

今すぐにこれをひっくり返すということは考えていません。

私なりにもう少し調べたり考えたりしたいと思っています。




ホントに・・・親の問題は大変ですね(--;





今日もご訪問いただきありがとうございますm(_ _)m
まとまりのない長文を最後まで読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト
【2013/05/01 10:34】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<その後 | ホーム | 感動!>>
コメント
ブッチョリーナさん、はじめまして。
昨年秋ごろより、急に義父母のお世話で忙しくなったぐうちかと申します。
義父が嫌い・・・一緒です。
肺炎を繰り返す・・・一緒です。
それでも、ブッチョリーナさんは同居する覚悟をしていたなんて立派です。
同居についての考えは、うちも同じ感じかも。
夫の本音は聞きだしてないけど、夫が同居しないと言ってくれてる以上、それでいいんだと決めています。
ブッチョリーナさんはまだお子さんも小さいし、義父母さまには施設で穏やかに過ごしてもらうという道を選択する方が絶対に良いと思いますよ。

偉そうに、よそ様の家庭のアドバイスをしてる場合じゃないんですけどね・・^^;

【2013/05/01 11:46】 URL | ぐうちか #-[ 編集] | page top↑
はじめまして♪
大分市内に住むアラフォー主婦です!!
うちは長男なので義父母とのこれからの生活(同居)に悩まされます。
今はまだ大丈夫なんですが、近い将来同居を迫られるのでは?と恐れています。
ダンナ様も長男気質の強い人なので、絶対に同居(介護)を考えてるんじゃないかな?でも、私絶対に無理!!同居=離婚にならないといいけど。(ダンナ様は大好きなんですが)義弟(独身)が1人いるんですが、これがまた曲者!!私達が同居するのが当たり前みたいな事を平気で言ってくるので、笑って無視しています。
こんな風に思ってします自分もいやだけど、無理していい顔して同居しても先々絶対に破滅しそう!!
【2013/05/01 16:15】 URL | RIN #-[ 編集] | page top↑
旦那さまの言葉、涙なしでは読めませんでした。
どう言っていいのかわかりませんが、
いろんな意味で勇気があり、それをちゃんと
言葉で伝えることのできる旦那さま、ステキです。カッコイイです。

そのご決断が正解か納得しているのか、
それはわかりませんよ。
後悔なんてしない人なんていません。
どんな状況下においても。
【2013/05/01 17:07】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/01 18:34】 | #[ 編集] | page top↑
介護に王道なし。
100%良い方法なんてないですよ。

でもね、施設入所で良いと思います。
施設入所でも、衣類やら、職員さんとのやりとりやら、いろいろ関わらないといけないことがありますよ。介護が終わったわけではないのです。

入所されたら、ご主人もプッチョさんも、優しくなれますよ。鬼にならなくて済みます。

ただ、入所までをどうするか、これが問題ですよね。

ヘルパーさんやら、ケアマネさん、ショートスティでつないでいくよりないです。

いくら性格の良い高齢者であっても、同居はすごく難しい問題です。

こんな事を言ってる私でも、実母を入所させるまでは、すごい葛藤がありました。
入れた直後は泣きました。

でも、今はこれで良かったと納得しています。
介護は長期戦だから。
介護者が倒れたら、家族も要介護者も、困ります。倒れる連鎖は断ち切るべし。
【2013/05/02 10:37】 URL | アスカ #E0B3CrSw[ 編集] | page top↑
御無沙汰してます。

同居しなければ後悔は残ると思います。
が、子育ての後悔の方が深く長く続きます…たぶん。
ご主人様の気持ちにそって堂々とおふたりで仲良く子育てをされたらいいんじゃないなか。
同居しないことを後ろめたく思うより、できる範囲でお義母様お義父様にお会いに行くことが孝行だと割り切れるといいわね。
それと、
高齢者の一年先とか増築した後でって話しはないのと同じだと思うの。お客様に、増築&両親引取り→半年もせず施設入居された方もあります。我が家も義父宅を介護用にリフォームしようと考えましたが、病院と施設を行ったり来たりであれよあれよという間に退院困難な状態になりました。

プッチョさんお優しいから想いにつぶれてしまわないでね!
ご主人様に「後悔しそうな気持ちもある」と伝えたら少しは気持ちが楽になるかしら?
プッチョさんの笑顔が子供さん方の一番の栄養だと思うわ!
【2013/05/02 13:10】 URL | kage #-[ 編集] | page top↑
>ぐうちかさん

はじめまして!
ご訪問&コメントありがとうございます。

ぐうちかさんのブログへは実はお邪魔させていただいていていました。
とてもまっすぐにお義母さまお義父さまのことを思われて、そしてお世話をされていて、苦しい思いをされながらも立派に通い介護をこなしているぐうちかさんのこと、本当にすごいと思っていつも拝見していました。
私なんて・・・考えるばっかりで実際のところ何もしてないんですもん。情けないです。

今は、夫の気持ちと言葉を受け入れて出来ることだけをする・・・その「出来ること」を、少しこれまでより増やして頑張りながらもう少し考えようと思っています。

>偉そうに、よそ様の家庭のアドバイスをしてる場合じゃないんですけどね・・^^;
ぐうちかさんのような方にアドバイスをいただけてとても心強いです。
私のような者にコメントをくださってありがとうございました。
ぐうちかさんも、お義母さまお義父さまのこと、いいように進んでいくといいですね。
【2013/05/02 14:25】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>RINさん
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!

大分市内なんですね(*゚ー゚)
どこかでお会いしてるかも~。

同居の問題って、うちも「まだ先」と思ってましたが何だか急にドドドッとやってきました。
年齢が年齢なのでまぁ当然の成り行きですが^^;
最近は「同居を選択しない」あり方も耳にするようになってきましたよね。
私たち夫婦は元々は「みてあげたい」と思ってたんですが、実際現実になってくるとやっぱりすんなりとはいかなかったです^^;
【2013/05/02 14:31】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ゆうさん
いつもありがとうございます。

夫の気持ちはあれが全部じゃないと思うけど、でもたくさん話してみて思っていることは十分伝わってきました。
今の生活を守りたい、というよりも「みてあげたい気持ちはあるけどこれ以上のキャパがない」という感じ。。。多分私も夫も同じなんだと思います。
それを無理して子(嫁)としての義務を優先させるかどうかで思い悩んでいたわけですが・・・
ひとまず今は、これを「結論」として進んでいこうと思います。
自分の出来ることをこれまでよりは少し増やして頑張ってみる、まずはそこからスタートしたいと思います。
【2013/05/02 14:38】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ナイショさん

いつもありがとうございます。
ナイショさんに見守っていただけていること、本当に心強いです。
一方で、口先ばかりの自分であることが恥ずかしくもあったりします(><)

ナイショさんが書いてくださったご家族のお話、そういう形もあるんですね。
何かを犠牲にせずに折り合いをつける方法はあるものなんだ、と思いました。
義父はこれまでいつも「子は親を看るものだ」と口にしていたしその義父が「置いてくれ」と頼んできたことでそれ以外の選択肢はすべて「ものすごく非道なこと」のように感じていました。
たとえ同居という形をとらなくても、何かかなえられる義父の望みがあるかもしれない・・・それを考えてみたいと思いました。
ありがとうございました。
【2013/05/02 14:54】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>アスカさん
いつもありがとうございます。

義母のときは、認知症になって息子である夫ですら他人のように思っていましたから・・・入所の話を進めることが最善だという意識が(今よりも強く)ありました。
でも義父は何もかも普通に判断できる状態なので、義母のとき以上に「追いやる」という気持ちになってしまいます。
義父も「追いやられる」という感覚を持つだろう、そういう恐怖があります。

本当に難しいですね。
嫌いだと思っていても、「こんな人と同居は無理だ」と何年もの間ずっと思っていたにも関わらず、本当に無理だろうかと自問せずにはいられません。
せめてまともな性格だったら・・・と意味のないことを考えて自分をごまかしたりもします^^;

とりあえず今は夫の決断を受け入れるところからスタートしようと思います。
入所の話がすぐまとまるとは思えませんし、その気になれば今からだって出来ること(義父の手伝い)は山ほどありますもんね^^;
頑張ってみます。
【2013/05/02 15:28】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>kageさん
お久しぶりです!こんにちは(*^^*)

計画しても・・・というお話、やはりそういう例はあるんですね。
義父の身体の状態は確かに先が読めないだと思います。
ただ、同居を真っ向から否定するのは、同居を望む義父に対して申し訳ないという気持ちがあります。
遠くに住む義姉にも、ご近所にも。
同情や体裁のために出来るようなものじゃないことがわかっていても、やっぱり義父の今の唯一の望みを断ち切るのは勇気がいります。。。
でも、kageさんがおっしゃるように子どもを優先したいという気持ちや、義母との同居時のことを考えると、やっぱり同居には踏み切れない。

少なくとも今は、夫が出した結論をベースに話を進めていこうと思います。
だってその気になれば今でも手伝えることはたくさんありますもんね^^;
まずそれをしてから、それが出来てから、ということだと思います。入所なんて、どうせそんなすぐ出来るわけないですしね。
頑張ってみます!
ありがとうございました(^^)
【2013/05/02 15:40】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
プッチョさんの悩まれるお気持ち 胸がいっぱいになりました

私がどうして最後まで義理両親を引き取らなかったのか?
考えてみると、ダンナの考えに添ってのことだと思えます
ギリギリの綱渡りでも、それが最良の選択!だと考えられるようになるのは
簡単なようでとても苦しいことでもありました

私さえ頑張れば!という思いは嘘ではありませんでが‥
まして、子どもに対して恥ずかしくない人間でありたい 真っ当でありたいと願うからだとおみます
薄情に思える自分が 自分自身で許せなかったのです

でも、そんな私の無駄な正義感は 余計にダンナを苦しめ追い詰めていたように思います
私ら嫁は、旦那さまをサポートすれば良いのだと思います
子どもらの笑顔を大事にして、旦那さまに安らぎを‥

ついつい邪魔な罪悪感に翻弄されてしまいます
ついつい目の前のことに揺さぶられ、忘れてしまいがちです
大事なことを大事にしていきましょう♪
【2013/05/11 22:54】 URL | i-yon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
>i-yonさん
おはようございます。
お返事、遅くなってしまい申し訳ありません。
コメントありがとうございました。

i-yonさんの「私ら嫁は、旦那さまをサポートすれば良いのだと思います」という言葉に、何と言うか見失いかけてた道を見つけた気分になりました。
そう、確かに夫にとって同居は私と同じか、もしかすると私以上に負担になる可能性があるんですよね。
同居によって手にするもの、失うもの・・・どちらも実際にやってみないとわからないけど、私は「夫のために」と先走りして努力するのはやめよう、と思いました。
実際、こういう話はどうなるかわからないけど・・・同居を蒸し返して切り出すのはやめたほうが良さそうかも。。。というのが今の正直な気持ちです。
夫の今の生活を支える努力に集中しようと思います。
【2013/05/15 08:57】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/574-6b3d798d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。