スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
心の中
昨日はお気遣いいただきありがとうございました。

一晩たって、気持ちは収まるどころかモヤモヤするばかり・・・

昨夜もモヤモヤするので、庭に植える花などを考えて気持ちを静めながら

なんとかやりすごしました~^^;



というわけで、まず昨日オットと話して判明した事実から。


まず、オットは義父から同居の話を切り出されたことはなかったそうです。

オットも「なんでオレに先に言わんかな」と言ってました。


そして昨日義父が何度も言っていた「金ならある」という言葉。

これは「わし用の部屋を作る(改築・増築)の費用ならわしが出す」

ということだったようです。


ずっと前に入院したとき私たちにはまったく相談もせずに

「実家を引き払って我が家に越してくるつもりでいた」というのは

ここに書いたことがありますが、そのプランは相変わらず義父の中にあったようです。

そして、我が家に住むならどこにどう自分の部屋を作るかも考えていたようです(--)

オットによるとその「家を処分してお前のとこに」という話のときに

「お前んちのウッドデッキと畑のところをつぶせばそこにわしの部屋を作れるやろ」

と言ってたらしいです。


なるほど。

確かに昨日「畑のところに部屋を作ろうかとも思うんやけど」と言ってたわ(--)

でもそんな言い方してるのがまさか我が家の話だとは思わなかったから

「言ってることがよくわからないなぁ~」と流してたんです。

ちょうど「△△(義姉)が帰って来たら相談して」という話も一緒にしてたから

「義姉が介護のために帰って来んのかな?」と思ってましたよ。

畑のところに作るのは義姉のための部屋なのかと。




ちなみに、前回「家を処分して」と義父が言い出したときに、

オットが「一緒に暮らすのは無理」と言ったはずなんですけどね。

義父は「今は無理」と受け取っていたようです。





私の中でモヤモヤして腹が立ってしまうのは、

義父がこれを言い出すにあたって「NO」と言いにくい状況を作り出してること。

ご近所や親戚一同にオットの名前で贈り物を送りまくってたこと、

子どもたちの教育資金の話、どちらも同じ頃に始まりました。

そして今回、ケガをした翌日に嫁を呼んで近所にあいさつ回りをさせる。

これで同居となると、

「体が弱ったわしを、付き合いの出来る息子夫婦が引き取ってくれた」

という図になるわけで。

息子夫婦に誘われて同居することになった、という形にしたい。

この一連の流れを見ているとそういう演出だとしか思えない。

人を支配することで自己を確立してきた義父が、

息子のことも「コントロールしようとしている」というようにしか見えないんです。

ひねくれてると思われちゃいますね^^;

病気の年寄り相手に、どんだけ意地悪な嫁だって。

でも、どうしても義父のことをまっすぐ見ることは出来ません。

思い描いた老後を実現しようとしてるんだなって思う。



だから、息子ではなく私に先に同居を切り出したんだと思います。

もちろん同居となったら息子ではなく嫁が世話をするわけだし、

今までの経緯を考えれば「息子は自分を見捨てるわけがない、問題はあの嫁だ」

ってことで、直球勝負で私に話を持ち出したのかもしれない。

でも「とにかく嫁からOKを取り付けておけば後は息子は言いなりだ」

そう思ったとしか思えない・・・。


実際のところはわかりませんけど、

「子が親の面倒を看るのは当たり前」と常々言ってきた義父の面子があるでしょう。



実は、義父は父親の顔を知りません。

義父いわく「不倫の子」なんだそうです。

それが理由で不自由な思いをしてきたようです。

いじめられても「負けるもんか」と踏ん張って生きてきた。

力でねじ伏せて自分よりも大きい、強い立場の者も従わせてきた。

そうやって強く生き抜いてきたんだ、という自負があるようです。

義父に「弱者への思いやり」が決定的に欠けてるのは、

「自分は逆境に負けなかった、弱者にならなかった、

なぜお前も頑張らない?」という気持ちのせいじゃないかと思います。


私が妊娠したとき義父が異様に「男子」を望んだのも、

ルーツを持てない自分の「証」のようなものを欲しがったせいだろう、と

オットは言っていました。

(もちろん私もそんなこたわかってましたけど、そんなん知らんわ)


そんな義父ですから、

自分の思い描く「自分は自分の教えに忠実な家族の元で老い、最期を迎える」

という老後を実現させたいんだと思います。

多分、義父を見放した過去の親族に対しても「見せたい」んだろうと。



もちろん、リーダー的な立場で「世話してやった」ご近所の人の手前も、

まさか施設入所なんてことは出来ないんでしょう。

こうして長男夫婦が同じ市内に住んでるんですからね^^;








正直、

義父と同居も仕方ないと思っています。

でも、こんなやり方は嫌です。

まず義父がオットにきちんと

「お前に世話になりたい。」と頭を下げるべきです。

だってここはオットの家なんですから。

自分の子どもだと言っても今は別の家庭を持った大人。

世帯の主人はオットなんだもの。

それが当たり前っていうのはおかしいでしょうか?


オットが私と義父の間で困るのはわかります。

でも、オットも一家の主なら

同居するにせよしないにせよ決断をすべきです。


以前この話が出たとき「あんたは嫌なんやろ」と言いました。

そりゃイヤですよ。

でもオットでありこの家の主人であるあなたが

「オレのオヤジや、頼む」というなら従いますよ。



そうそう、子どもたちの教育資金もそういうつもりのものなんだったら

そんなもの突っ返してやります。

私は「お義父さんのために使って」と何度も言いましたからね。





そして。

義父が「畑とウッドデッキつぶして」と言った場所は、

敷地内で一番条件のいい場所です(`ΦωΦ´)

私たちのリビング横のスペースになります。

ここに部屋を作れば、私たちのリビングの窓もつぶれてしまいます。

東と南側に大きく開いた窓と広いウッドデッキ。

これをつぶしてわしの部屋を作ろうと思う、だそうです。

畑には現在子どもたちの大好きなスナップ(ク?)えんどうや

レタス、ほうれんそうやラディッシュが植わっています。

ウッドデッキはもちろん、この間リフォームしたウッドデッキです。

リフォーム以来、子どもたちのお気に入りの場所になっています。

そんなことも、義父には関係ないでしょうとも。




なんだかもう、何もかもひっくるめて

腹が立って仕方がない( ̄^ ̄)!!






あぁ、こんなに長くなっちゃいました(--;
ひねくれててわかりにくい文章、すみません。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト
【2013/03/26 11:28】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<一世一代の大作戦だわ(--; | ホーム | 同居依頼>>
コメント
プッチョリーナさんっモヤモヤしてる暇はありませんっ。
とりあえず、早く施設見学に行きましょう。
いろいろタイプがあります。
そなのPCで検索してちょっと知識を入れといて
あとは見学に行きましょう。
万が一「施設でもいい」って言われた時、サッと決めなきゃ。

実は施設見学行ってきたんですよ。
私が入りたいくらいの素敵さでした。
これなら入ってもいいって思える場所でした。
(いざ入るときの身体の状態は別として)


プッチョリーナさん、お疲れが出ないように…。
励ますことしかできませんが。
【2013/03/26 16:52】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
お久しぶりです。と言っても、ブログの方はずっと拝見していましたよ。
ウチもめでたく?ダブルで介護となりました。やっと、今日夫の父親の方の認定が無事おりまして、皆さんの仲間入りです。
さて、同居の件ですが、と~~~~っても腹が立って仕方ないと思いますが、まあ、一年先ですからね。したとしても。なかなかそうは思えないと思いますが、ここは、一つ、言葉は悪いですが、出してくれるって言うお金は頂いちゃっていいと思います。まあ、3等親に子どもの扶養義務があるし、逆に孫にも祖父母の面倒を見る義務があるんですよ。だから、同居とは別に、おじいちゃんの扶養義務を果たしてもらうって事でそれはそれで、受け取っていいと思います。子どもさんの為にもあって邪魔になるものではないのでね。子どもさんの為に、ここは同居とは切り離して(それこそ、そこはドライに割り切った方がいいです)受け取ったらいいと思いますよ。
おばあちゃんの面倒も見てこられて、その費用もかなりご負担されていたんですしね、それこそ、能面のような顔で受けっとったらよろしいかと。
お義父さまは、かなり面倒な正確な方ですから、まっすぐにお願いしますとは言えないでしょうね。たぶん、これから先も。でも、今までの事を思うと、本人の中では最大限の「お願いします」なんですよ。こっちの気持ちを逆なでするようなやり方ではあるんですが、自分なりにそれなりに、息子夫婦に少しでも負担にならないようにと考えた末なんでしょう。
あとは、ご主人がお義父さまとどうしていくかですね。
せっかくお庭のお手入れを楽しく始めたばかりだったのにね。やっとやっとね。
全然わかりにくい文章ではありませんよ。私なら何日も書くこと自身が出来ないと思いますよ。今でもほんの些細な腹立たしい事も、その時には支離滅裂で全く文章になりません。それなのに、昨日からの記事でとっても内容もお気持ちも伝わってきました。
今は腹が立つ気持ちを必要以上に押さえることはないと思います。腹が立つ、それが正常ですから。全然捻くれてなんかもいませんから。
陰ながら応援していますよ。とりあえずお庭の手入れを鬼のようにやってしまいますかあ?
【2013/03/26 17:09】 URL | よしこ #ob6y6PHM[ 編集] | page top↑
やれやれ…

同居依頼ですか。

お金はもらっといていいですよ。
能面顔で頂きましょう。どんだけかかるか、分からないのですから。

施設入所になっても、それなりにお金はかかりますよ。衣類とか、細かい面でね。
それこそ入院になれば、誰が払う?

同居した所で、プッチョリーナさんが心身ともに壊れると思うなら、ご主人にきちんと言いましょうね。
ご自分の気持ちに正直にね。
カッコつけても長続きしませんって。

世話される方も、ため息つかれながらやられて嬉しいかってね。
【2013/03/26 22:38】 URL | アスカ #E0B3CrSw[ 編集] | page top↑
今日の記事を読んでから半日、自分だったらどうするだろうか…と考え続けてました。

なるほどねー。

お義父さまの打ってきた様々な「布石」。

人によってはそれを「感謝の気持ち」だとか「思いやり」「遠慮の裏返し」と受け止めるかも知れない。

でも、私にもやっぱり「保身」「作戦」と思えてしまって。

何故って、もし感謝や思いやりを感じさせるような温かいお人柄の方だったなら、もっと頻繁にお義母さまの様子を施設まで見に行かれるはずだから。

他所のお義父さまをこんな風に言ってしまう失礼を許してね。

自己チュー。

畑やウッドデッキを平気で「つぶし」ちゃうんだものね。

おっと、自分だったらどうするか…じゃなくて、悪口で終わってしまいました。

深夜のコメントはキケンですね。

また明るい時間にちゃんと書きますね。




【2013/03/27 00:28】 URL | あるぺじお #-[ 編集] | page top↑
>ゆうさん
おはようございます~(*^^)ノ
いつもお気遣いありがとうございます!

施設ねぇ・・・それが一番みんなのためとは思うけど。
義父から話があった日に夫に伝えましたらば「ちょっと考えさせて」と言ってました。
とりあえず今は時間を与えてあげなくては、と思ってます。
だって今仕事があまりに忙しくて、義母が転がり込んで来た頃と同じくらいキリキリしてますもん。
これで「どうすんのよ?」と迫ったら漫画みたいにボ~ンと脳が破裂しそうですよ^^;
【2013/03/27 07:30】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>よしこさん
おはようございます^^お久しぶりです!
お気遣い、本当にありがとうございます。

そうですね、義父の精一杯というのはよく伝わってきました。
私が「姑息」と感じる部分も、私の思い過ごしかもしれないと思うようにしています。
義父は哀れだと思うことで気持ちをなだめたりもしています。

ただ単に、私は義父とは合わないんです。問題はそこだけなんでしょうね。
1年先がすぐなのは、1年前を思えばわかります。
とにもかくにも、夫の話を待とうと思います。。。


文章のこと、ありがとうございます。どうしても思いが先に立ってしまって・・・しかも書きたいことが出てくればそれは「悪口」・・・^^;
何とかオブラートにくるもうとしているうちに迷走してしまうんです。
でも「伝わる」と言っていただいて安心しました。
ありがとうございました。
【2013/03/27 07:36】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>アスカさん
おはようございます^^
お気遣いありがとうございます。

>世話される方も、ため息つかれながらやられて嬉しいかってね。
まったくその通りですよね。
私もそこが知りたいです。
私が義父を嫌っているのは義父は知ってるでしょうから。
「動けなくなった年寄りは子(嫁)が看て当然だから、嫌ってても何でもそれが当たり前。」
義父の声が聞こえるようです。
【2013/03/27 07:39】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>あるぺじおさん
おはようございます^^
お気遣いありがとうございます。

義父のしてきたことは、間違いなく「準備」だったと思っています。
あるぺじおさんのおっしゃるように、昨年の贈り物攻撃(?)は言ってみれば「急変」だったんです。
夫は「どうしたんだろうね、なんでだろうね」と困ってましたが、私には何となく伝わってきていました。
ただ、思い過ごしであったり、他の可能性(ちょっと認知症気味になったとか)を考えて、あまり深くは考えないようにしていました。

義父が義母のことを気にしていない、ということがよくおわかりですね^^;
私としては仏壇に義母の写真を飾っていないのが不思議なくらいです。
いくら体調が悪くても、話題にもしない、話題をふってもスルーする、まさに義父の中からは「淘汰」されてしまった義母です。
一度だけ夫が「たまには会いに行こう」と連れて行ったときも、5分もたなかったそうです。
「どうせわからんのやからおってもしゃーないわ」と先に立って帰り自分の用事をすませたがる、それが義父です。

まぁ、夫にとっては父親ですから。。。そんな義父でも夫が引き取るというなら仕方ないんですけどね~。
【2013/03/27 07:49】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
私は結婚当初から同居
最悪の時期は要介護5と3の義両親を在宅介護しました
ダブルでしかも二人とも排泄に関しては私が世話をしました
認知状態は悪く無かったのですが
幻視があり怖い怖いという義母を宥めるのは大変でした、その経験から言わせて頂きます

同居が嫌ならハッキリと義父さんに言っても良いと思います
介護は嫁一人の仕事ではありません
私もそれを旦那に理解して貰うまで時間が掛かりました
介護を受けてる義父自身は未だそこのところが理解出来ていません
綺麗事でなくジワジワと心を病みます
でも子どもには家族とは助け合う物と伝えたくてがんばりました
もし同居を選ぶのであれば
旦那さんと意思の確認をしてください
義父さんにも嫁は家政婦ではないこと
立場は同等であること
子どもの行事等は優先すること
金銭面は毎月生活費として頂き病院や施設利用の費用は実費計算して頂く
余分のお金を貰うと
俺が出してやったと上に立とうとします
また介護は余裕がないと続きません
自分の時間家族の時間を持つために
デイやショートの利用はして貰うこと

おそらくこれぐらい決めても色々な軋轢が出てきます

私自W介護で身体を壊しました
義父がそれを労る事はありません
今は入院中ですが来月中には退院して我が家もまた在宅介護の日が戻ります
嫁ばかり悩まないで旦那さんに悩みを伝えて話し合って下さい
介護離婚って結構多いです
それで苦しむのは子どもです
介護したないと決断したら早めに施設申請しないと春からはなかなか入所難しいです
支離滅裂になりましが旦那さんとよく相談されてお互い後悔無いようにしてください
【2013/03/27 08:42】 URL | ツンデレ #-[ 編集] | page top↑
>ツンデレさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
経験をまじえてとても詳しく書いてくださって、すごく参考になります。

私が実は一番心配しているのは夫のことです。
義母との同居は夫のキャパを超えていました。
認知症ではない義父は義母よりは楽だろうと思ってるフシもあります。
朝早く家を出て夜遅くにしか帰って来ない夫が、どれだけ負担してくれるか、
何よりも精神的にフォローするだけの余裕があるか。
おおいに不安が残ります。

子どもに「家族とは助け合うもの」ということを教えたい、その気持ちは私にもありますが
あの義父を子どもには近づけたくない、という気持ちもあります。
ツンデレさんの書いてくださったことなども含めて、いろいろ考えて
正直に話し合っていきたいと思います。

ありがとうございました。
【2013/03/27 08:55】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
スミマセン…いろんな方のコメントを私も読ませていただき、納得することが多々ありました。ほんと、綺麗事いっていられないです。教育も大事ですが、一番負担しないとならないのは、お嫁さんです。以前トミエレの家のことも少しお話したかもしれませんが、お世話になっているという謙虚な気持ちがないまま同居したら、好き放題になるのは目に見えています。だけど、記事だけを読んで、私が悪く言うのも気分が悪いのも確かです。何はともあれ、プッチョリーナさんが、気持ち的に楽な方法を旦那さんと見つけてくださいね!

                     トミエレ
【2013/03/27 20:58】 URL | プッチョリーナさんへ #-[ 編集] | page top↑
>トミエレさん
コメントありがとうございます!

>記事だけを読んで、私が悪く言うのも気分が悪いのも確かです
もちろんです、気分の悪いことは避けてくださって結構です!
私、普段義父のことを愚痴る相手がいないのでココで好き放題書かせてもらってますが、それは別に義父をジャッジして欲しいからではないんです。
だから読んでくださった方が、思ったことを思ったようにコメントしてくだされば、それが義父を擁護するものであっても、私の立場に立ってくださってるものであっても、どちらでも関係ないんですよ^^
むしろ、いろんな意見をいろんな方に書いていただけた方がいいんだと思っています。
もちろん、「お義父さん、ひどーい!」と私の気持ちになって書いていただければ、友達に「そうだよね~」と話を聞いてもらえたみたいで気持ちがラクになりますけど^^
でも同調してよ~(´Д`)と思ってるわけではないので。
これからも気楽に思ったことそのままをコメントしてくださるとありがたいです^^
【2013/03/28 17:56】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/541-0d0bf087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。