スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新しいケアマネさん
昨日カンファレンスに行ったとき、

初めてオット母が入所する特養のケアマネさんに会いました。

今までのおばさんケアマネさんとは違って、

若い、とても低姿勢で感じのめちゃくちゃいい人でした(@@;

今までが今までだっただけに、

嫁としての姿勢を突っ込まれるんじゃないかと内心怯えておりましたが^^;

まったくそういう心配はいりませんでした。



カンファレンスが終わった後、

オット母にみんなで会いに行ったのですが、

そのときのケアマネさんの姿勢が印象的でした。



まるでオット母が認知症ではないお年寄りのように

普通に話しかけ、普通に礼儀正しく接してくれたのです。


これまで私はオット母と一緒に病院に行ったり

デイケアやショートでいくつかの施設と関わってきましたが

どの施設の人も、オット母を「認知症のお年寄り」という目で見て

そういう態度で接していました。


中には「あはは~、わからんわなぁ~」と答えられないオット母を笑い、

名前に返事をしたら「あぁ、名前くらいはわかるんやなぁ~」と言う人もいました。

そうでない人も、

礼儀正しく接したとしても、それはやっぱりあくまでも「認知症相手」の態度でした。

仕事として、規則として、良心から、オット母に対して

「敬う気持ちを持って」接してくれていたんです。


ところがこの新しいケアマネさんは、

オット母をまったく認知症ではない人のように扱ってくれるんです。

特養で働いてる人なんだから

認知症のお年寄りは見慣れてるんじゃないかと思うのですが

はじめ、「認知症の人と関わったことがないの!?」

「オット母が認知症って知らないの!?」と思ったくらいです。



それくらい、初めて会う「病気ではないお年寄り」が相手のような

緊張と尊敬と優しさが合わさった態度でした。



名前のことや、いろいろな質問を答えられないオット母を見て、

私の方が「あー、すみませんもうわからないんです」と言いそうになりました^^;

それを答えられないことでオット母を「値踏み」している様子は微塵もなく、

本当に素直に自己紹介をし、素直にオット母に話しかけ、

返事を待ってくれていました。

返事が返ってこなくても戸惑う様子を見せなかったので、

ああ、この人はいろんなことわかってるんだぁと気付いたんです。



プロなんだなぁと思いました。



というわけで、

いい人がいるところに行ける、と嬉しくなりました。


実を言うと、前回は書きませんでしたが、

ここの特養は電話で資料を送ってもらえるか聞いたとき

電話に出た人がどこよりも一番感じが悪かったんです。

それで除外しようと思ってたくらいですから。

でも、電話に出る人とお世話をしてくれるスタッフさんは別だと教えてもらったり、

オットが施設を見て気に入ったこともあり申し込みをしてたんです。


実際の「中の様子」がどうかは、まだまだわかりませんが、

昨日のケアマネさんの一件でまたまたひと安心できたプッチョリーナでした^^










というわけで、
今日はこれから家族揃って大分トリニータの応援でございます。
先週ホーム最終戦にひさびさ参戦したのですが、本当に最高でした!
今日も大分にはしっかり勝ってもらいましょう。というか勝ち以外ありえません("`ω´)
そして京都には負けていただいて、湘南には引き分けか負けで。
そうすれば大分、晴れてJ1昇格でございます~(* ̄□ ̄*)ノ!
ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/11/11 12:53】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<痛いけど楽しい | ホーム | オット母、特養へ>>
コメント
認知症でも障害でも、その前にひとりの愛されている人間ってのを
つい忘れてしまう人がいるようです。

そのようなちょっと関わるのが難しいかたに
『どうせわからないから』『どうせ喋らないから』
そんなつまんない理由で軽く挨拶するかたは
個人的には信用していません。

いいケアマネさんと巡り合えてよかったですね。
これからが楽しみです。

トリニータ…なんじゃらほい?
あっサッカーでございますね。(最後を読んでわかった♪)
【2012/11/11 14:14】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんにちは~!

でもね、私も胸に手を当てると義母には「んもう~どうせわかんないでしょ!」ってイラついてました。
どんな場合でも、誰が相手でも、いろいろ考えずに真摯に付き合えるようになりたいです。

トリニータ、引き分けでした。
普段はあんまりブログにサッカーネタ書かないので・・・なんじゃらほいでしたね~(^^)ゴメンナサイ
【2012/11/11 15:50】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
こんにちは♪

特養に「満点」を求めて、こういう点が嫌だと列挙して失望していても仕方ないですものね。
大きな安心ポイントが見つかって何よりだと思います。
また次の安心ポイントが見つかると良いですね。

私自身もそのケアマネさんの姿勢に学ぶべきものがあるなーと思いながら読みました。
心のなかで「認知症のお年寄りの相手なら慣れてるわ」と思い、自分では上手に応対しているつもりになっていても、何かを忘れている事があるのかも知れない…と。
実母のグループホームに面会に行って他の利用者さんとお話ししても、返事を待つんじゃなくて代わりに先回って答えを導いたり…ってしょっちゅうです(^_^;)。

10年前の日韓ワールドカップのときに大分の競技場でサッカーを観戦しました。
駐車場から競技場内までボランティアの方々がみなさんすごーく親切で、大分には良い印象だけが残っています。
義母が嫌がらずにショートに行ってくれたら、九重とか別府とかまた行きたいなあ。


【2012/11/11 17:56】 URL | あるぺじお #-[ 編集] | page top↑
カンファレンスどうだったかなぁと思ってました。
ケアマネさんいい方で良かったですね。
私も来月義父の誕生会をやるので、フラを!と施設のケアマネさんから、お話をいただきました、なので、デイケアに行って踊ってこようと思います。多分私だとは分からないと思いますが。
だんだん他の利用者さんと話すようになったみたいですが、まだ慣れないみたいです。まだまだ介護になれない私もいるので、無理しないように自分なりに頑張ります!
                トミエレ
【2012/11/11 20:58】 URL | プッチョリーナさんへ #-[ 編集] | page top↑
>あるぺじおさま
おはようございます^^
いつもありがとうございます!

ケアマネさんの姿勢は「プロらしさ」というよりは、元々そういう人のような印象もありました。
とても優しい雰囲気の方だったので。
いつも人のアラばっかり探して、年齢の割りに全然落ち着きのない私からするとお手本のような人です^^;

>返事を待つんじゃなくて代わりに先回って答えを導いたり…ってしょっちゅうです(^_^;)。
でもそれって会話の基本だったりしますよね^^
うちの義母は我が家にいるとき私が返事を待ってる間に話してたことを忘れたり、待たれると焦ったりしてました。上手に待つのは難しいと思います。
あるぺじおさんがおっしゃるように「大事な何かを忘れずに」ということが大切なんでしょうね。

>10年前の日韓ワールドカップのときに大分の競技場でサッカーを観戦しました。
駐車場から競技場内までボランティアの方々がみなさんすごーく親切で、大分には良い印象だけが残っています。
そうなんですね(*゚o゚)!あのとき大分に来られたんですか~^^
あの頃の大分県民はあの新しいスタジアムに対して、駅から遠いし駐車場からスタジアムも遠いしとにかく不便で、訪れてくれる県外の方に対して「申し訳ない~!」って思ってたんです^^;
だからそんな風に言っていただけてうれしいです。
またぜひ機会があったら来てくださいね(*^^*)
【2012/11/12 10:14】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>トミエレさま

おはようございます^^
いつもありがとうございます!

なんと、トミエレさんフラダンスをされるんですね(*゚o゚)!
人前で発表出来る何かがあるってすごいです。そして施設からそんな風に依頼してもらえるなんて、いい関係でいらっしゃるんですね。
トミエレさんステキです^^

>無理しないように自分なりに頑張ります!
応援してます(*^^*)!
【2012/11/12 10:17】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/461-a4d80154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。