スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
命を握る
子どもが出来てすぐはよく「この子の命は私が握っている」と感じたものです。

最近は大きくなり、たくましくもなり、その意識は薄れていましたが、

やはりそうなんだなぁと感じるのは、子どもが泣いたときです。


オットなり私なりが、子どもを本気で叱ると子どもは泣きます。

大きな声を出して叱ることもあるし、淡々と叱るときもありますが、

まだ7才と5才のほんの子ども、叱られるとやっぱり泣いちゃいます。

その泣き顔を見ていると、やっぱりまだまだ幼くて、

「この子の命=人生を握ってる」と感じます。


どんなものを食べさせてどんなことを教えるか、だけでなく

子どもをどこの幼稚園に通わせるか、習い事はどうするか、など、

おりおりに同じようなことを考えます。


オット母が我が家にいる頃、食事をとったかどうかもわからなくなったとき

同じようなことを感じたことがあります。

この人、食べたかどうかわかんないんだなぁ、

食べさせなかったら死んじゃうんだなぁと思ったものです。

老健や特養探しをしているときも、オット母の残りの人生は

私たちの選択にかかってるという気持ちになります。

(ただし、子どものように「私が守ってあげなくては」という思いは沸きませんが^^;)



誰かの人生(命)を左右するかもしれないって、

とっても責任が重いことです。

でも、それをいつも頭において選択や努力を続けていけば

実るものもあるんだろうなぁと感じます。




昨日、息子の運動会でした。

私はPTA競技、オットは親子競技、娘は卒園児で綱引きにそれぞれ参加。

息子もとってもいろんなことを上手にやっていて、

なんだかすごく楽しめたし、いい運動会でした。


約束を破ったり、片づけがなかなか出来なかったり、

叱られると泣いちゃう子どもたちだけど、

ああやってみるとしっかり大きくなってるし、

頑張る力も身についていると感じました。



いつもはどちらかというと、ほめるより叱るほうが多い気がするけど、

しっかりほめて育てていきたい、とすごく感じました。

そして、そういう「選択」がまた、この子たちの心や人生を作っていくんだなぁ~って。



なんだかそういうことをつくづく思った1日でした^^





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/10/08 22:32】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ここにきて挫折 | ホーム | クリスマス>>
コメント
しみじみです…私の場合、娘一人なので何でも手探りです、中2の今でも…自分の頃と照らし合わせてみてもやはり、薄い記憶で…
介護も手探りです、今まで人生頑張ってきたんだから、今は、ゴロゴロして好きに過ごさせてあげたいと言う旦那に、そんな事言っていたら、半年後には、寝たきりになると言う私。しぶしぶ、週2回にデイケアを増やしましたが、逆に寿命が、縮むんじゃないかと旦那は…私は、自分の親が、そうなったらと考えては見るけど、実家の親は、自分たちがそうなったらどうするかをきちんと考えているので
全く不安は無いですが、義父母は、昔ながらの考えが抜けないので、頑固で、口は達者…嫁は、1歩も2歩も下がって、旦那に全部決めさせようと思うのでした。朝から愚痴ってスミマセンです。

             トミエレ
【2012/10/09 08:59】 URL | プッチョリーナさまへ #-[ 編集] | page top↑
>トミエレさま

こんにちは^^

それぞれの親のことではなかなか本音で話せませんよね。
(本音で話せば衝突するのは何となく察しがついちゃいますもんね^^;)
でもトミエレさんのご夫婦はきちんとそれぞれの気持ちを言えてるのですごいと思います。
うちは・・・何となく「わかってくれよ」とか「あんたがイヤなんでしょ」みたいな・・・お互い妙に遠慮しちゃって逆にうまくいっていませんもの。
でも、こと介護になってくるとやはりお嫁さんの負担は大きいですからね。なるべく同じ方向を向いていきたいものです。
【2012/10/09 16:19】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
子育てでしつけで叱れる時期は小学校まで。
中学校からは自立できるように見守り体制に入ります。
高校になったら独立できるように仕上げます。
でないと親ばなれ子ばなれできなくなっちゃう(^_^;)・・・と思っています。

さみしい限りですが手をかけられるのは小学校までですよ。
ぜひ楽しんでください(*^。^*)

あーでも親の介護に仕上げ時期はないですね・・・(^_^;)どんどん頼られるぅ・・・。
【2012/10/09 19:34】 URL | おがっち #-[ 編集] | page top↑
>おがっちさま

おはようございます^^

そうですね、いまはこの状態を楽しみたいと思います。
【2012/10/10 09:31】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/432-89a7ed32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。