スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
単純
オット母のお向かいのベッドの方は、

とても慕われたおばあちゃんのようで

(写真がたくさん飾ってある話は前に書きましたが)

昨日行くと木の丸椅子が3脚も置いてありました^^;

彼女のベッドの周りは完全な彼女の空間になっています。


写真の他にも

敬老の日に孫たちがくれたかわいい字のメッセージ付きお花のアレンジや

面会に来たおともだちがくれたとおぼしきお花がたくさん飾ってあります。


もちろんオット母は車いすを使うので椅子があると介助の邪魔です。

そして「元気の度合い」が違うんだから比較するのもヘンですが、

あそこまでハッキリ「大事にされてるおばあちゃん」感が出ると

たとえわからなくてもオット母が気の毒になってしまいます^^;

オット母がわからないのがせめてもの・・・という気持ちもします^^;


この間、義父がオット母のおともだちおばあちゃんを

大勢(3人ですけど)連れて面会に行ったようですが、

その痕跡は何にもなく。。。

別に花を持って来いと言ってるわけではないのですが、

義父の「どうせわからん」「ほらな、なんもわからんのや」という

声が聞こえてくるような気がして・・・



オット母のお友だちであるおばあちゃんたちは

自由に移動する手段がありませんので、

きっとあれがオット母への元に来る最初で最後の面会客なんだろう、

という気がしてしまうのでした。


誰かが会いに行こうとしても間に入る義父が

「どうせ行ってもわからんから行かんでええ」と断りますからね。。。

親しいおばあちゃんたちでなければ

「夫(義父)があれだけ断るなら行かない方がいいのかも」と

遠慮するでしょう。

義父は、変わり果てた妻を人目にさらしたくないのでしょうか。





娘である義姉も、誘わない限り会いに行かないですし、

オット母には椅子はあまり必要ないようです。

あー、なんだかオット母がどんどん可哀そうになってきました。



ちなみに、椅子の件ですけど

私、これまで入院中の病室の経験しかないので

椅子は必要なら貸してもらえると思っていました。

(言えば貸してもらえるんでしょうけど・・・)




かくいう私も、オット母があんな状況になってからは

長い時間そばにいて何か話をすることはあまりありません。

なので椅子が欲しいと思ったこともありませんでしたが、

「洗濯物を取りに行ったついで」程度にしか話をしないのは

ちょっとさみしい気がしてきました。


もしもあそこにいるのが自分の母だったら、

たとえ何もわからなくなっていても

今の時間よりは長くいるだろうなぁ、なんて思います。

(もちろんその場になってみないとわかりませんが。。。)

いずれにしても折りたたみ椅子は持っていこう。

1脚だけだけで良さそうですけどね^^;







お向かいのおばあちゃんのおかげで、

「オット母を大事にする」ということを考えさせられます。

(お向かいの)おばあちゃんのような形がすべてではないと思いますが、

それでもやっぱり何かが抜けてた気がします。

知らなかったこともありますけどね。

オットと結婚して以来、「淡白な方が人生ラク」だと思うのが

すっかり身についてしまってましたが ← 人のせいにするヤツ(`ΦωΦ´;)

やっぱりもう少し・・・なんと言うか。。。

やさしさが必要ですね( ̄ω ̄;)





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/09/23 07:00】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<すれ違う | ホーム | おばさんの証明>>
コメント
椅子ですかぁ。
義父のとこの病院は、看護師さんが人数分持ってきてくれます。
常には1つあったっけかなぁ?
その椅子って多分病院のものだと思います。
義母が持ってったんじゃないと思われる椅子です。

プッチョリーナさん、十分お優しいじゃないですか~。
私にできるかしらと自問自答したら答えは
「…」でした。
『できないだろう』じゃなくてまだマシだったかも。
【2012/09/23 15:15】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
私もプッチョリーナさんは優しいと思います。
そうしてお義母さんのことを考えてくれる気持ちが一番大事(#^.^#)

うちも義母が機嫌がいいとあれもこれもと
おせっかいをしてしまうのですが、
私より義姉の味方をされたときの悔しさ、
裏切られた感を時々味わい、躊躇するときもあります。

無理をしない範囲でお世話されるのがいいのですが・・・ね(^_^;)
【2012/09/23 17:52】 URL | おがっち #-[ 編集] | page top↑
優しい気持ちは、きっと子どもたちに伝わりますよ!今の子の方が「認知症」についての理解が深いので(幼稚園から慰問に行った事ありませんか?)恥ずかしくて態度は示せなくても、気持ちは優しい子になりますよ!ありえるのブログにも度々登場しますが・・実の娘は「道路が危険」というだけで、同じ県内なのに来ません・・そう、ここは原発が建てられるほど僻地ですから・・でも実家ですけど・まあ、嫁ぎ先も忙しいんだけど、私から見たら子育て終わってるじゃん”ですが・・すると、義父、もう、実娘の名前が出てこなくなっちゃいました!!私はほぼ毎日顔を合わせてるんで、覚えててくれますよ!ちょっと優越感・・しかし、可哀そうなので今度写真を撮ってあげようと思います・・そう、家族の写真、昔の写真とかあれば、飾ってあげたら?殺風景な場所では益々ボケませんか?勿論、無理ない範囲で!
私も、義母の性格がどんどん悪くなってるので・・でも元々の優しさをキープできるよう、頑張ります!
【2012/09/24 10:56】 URL | 優しさが一番! #-[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんばんは。
いつもありがとうございます。

いえいえ、ワタクシ、何もかもがまだまだですよ~(`ΦωΦ´;)
お向かいさんくらい「コテコテ」にされるとゲンナリしちゃうんですけど、それにしても・・・ねぇ。
まだまだいろんな気配りは足りなくて当たり前とは思っていますが、オット母が気の毒になっちゃいます。
【2012/09/24 22:29】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>おがっちさま

こんばんは。

ホント、難しいですね(--)
やっぱり基本は「無理をしないこと」なんでしょうね。
【2012/09/24 22:32】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ありえるの母さま

こんばんは。

家族間でのいろいろな問題は、本当にやっかいですね。
ただ、うちの場合は義父、義姉、実子ともすべての身内が義母に興味がありませんので・・・
そういった部分では私は楽だと思います。

無理せずやっていけたらいいですね^^
【2012/09/24 22:35】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/419-1fb3bd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。