スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
思い出の写真
この間オット母のところへ行ったとき、

向かいのベッドの方が変わっていました。

と言っても、お会いしたわけではないのですが・・・



オット母のいる老健は、

基本的に「在宅復帰」を目指された方が多いこと、

さらに施設の方針として、利用者は体調に問題がない限りは

日中はベッドには横にならないで過ごすことが目標になっているため、

私が面会に行く時間帯にお部屋で誰かにお会いすることはありません。

部屋は4人部屋ですが、他の方のベッドはいつも空です。

同室でお会いしたことがあるのは廊下側のお一人だけ。

というわけで、

オット母の同室の方の顔ぶれは実は私存じ上げないんです。



にも関わらず、なぜ私がお向かいの方が変わったことに気付いたか。

それは、ベッド周りの様子がガラリと変わっていたからです。


これまでの方たちは、ほとんど最小限の荷物しか置いておらず、

しかも収納の中にキレイにしまわれているので、

目に見えるものは時計やカレンダーなど、ほんの限られたものばかりでした。

でも、今回新しく入られた方はものすご~く物の多い方で。。。

特に写真がたくさんあって。

ベッド周りには、それはもうたくさんの写真が飾られていました。



お孫さん(ひ孫さん?)の七五三やお宮参りのときの写真、

お子さん(お孫さん?)の結婚式の写真や、そのほかたくさんの家族写真・・・

きれいな写真がきれいな額縁に入れられて、

所狭しと飾られています。


きっと、ご本人やご家族が「さみしくないように」と持ってこられたんでしょうね。


それに対してうちのオット母のベッド周りは・・・

殺風景そのもの・・・(--;


時間も読めなくなっているので時計は置いていません。

カレンダーも、そのほかすべての生活雑貨も、

今のオット母には必要ないので何も置いてありません。


というか・・・

必要ないと判断したのは私です。

オット母の入所に関する荷物はすべて私がそろえましたし、

入院中のものもほとんど必要ないといわれて持ち帰りました。


わからないから必要ない。。。

確かにそれはそうなんですけど、

あまりに味気なかったなぁ・・・と、初めて思ったんです。

というか、これまでそんなことを思わなかったことに自分でもちょっと・・・

ドライ過ぎる、と思いました。。。



そこで、

明日は、写真を持って行くことにしました。

別に対抗してるわけではないのですが^^;

孫たちと撮った家族写真(スナップですけど)があるので

それを持っていって貼っておいてあげようかなぁと思います。


オット母は脳出血の影響で左サイドにあまり目がいかないし、

正直目も悪くなってますので飾ったところで見えるかどうかもわかりませんが・・・

それに、何となく私が思ったことですが、

元気だった頃のオット母の顔をスタッフの方にも見てもらいたい、という気持ちもあります。


本当は、オット母のふるさとの写真や家族の写真の方が喜ぶかもしれませんが・・・。

あとは何かお裁縫で作る季節の飾りのようなものもいいかも、と思ったりしています。



入所されてる方のご家族は、どんなものをお部屋に置かれてますか?

思い出のものや、好きだったもの、何か飾ったりしていますか??



あまり荷物を増やすのも、と思いますが、

何か少し彩りというか潤いのようなものも・・・欲しいですよね。




ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2012/09/16 23:23】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<認知症のはじまり | ホーム | じいちゃんや>>
コメント
写真置くの、ステキだと思いますよ。
まぁあまり置きすぎるのもナンなので、
季節ごとや行事ごとに入れ替えしたらいかがかしら?

「わからないから」ってのは介護者の判断で
本人や関わる人(自分以外の施設の職員さん等)ではありません。
うちの場合は、わからなくても持たせています。
そうすることによって、支援者さんとの会話が弾んだりします。
(本人対支援者・家族対支援者)
(正確には会話は成立しないので、話しかけかな~)

で、義父の病室には何も置かれていません。
日用品ばかり。
タオルとか体温計とか脱脂綿とか。
義母が毎日行ってるからかなぁぁぁ。
私たちは年に数回しか行かないので、口出しできませんの。
見えなくても写真置いてあげたらいいのになぁ。
【2012/09/17 08:03】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
プッチョリーナさんのこの記事を見て。。。
そういえば…うちの母のベットサイドにも何も置いていませんでした。
入院中の今も時計もありません。病院だと必要最低限でいいかとも思うので。
老健では壁に貼ったりは良いようですが、写真立てや時計とかは危ないのでダメたったかと(壊した時に)
確かに殺風景でしたね。ネコの写真でも拡大して貼りますかね。
【2012/09/17 15:52】 URL | azukiママ #-[ 編集] | page top↑
写真は、良いと思います。
亡くなられたご主人の遺影を持ってきた方もいらしゃいましたよ。

働く側の気持ちを思い出しました。
家族構成や、どんな暮らしをしてきたのか
詳しくわからない新米の頃から
写真があれば、写真をネタに話しかけていました。
最初は、話してもわからないと思えた方でも
話しかけて、ちょっとコッチを見た気がするって発見で、喜んでました。
【2012/09/17 16:47】 URL | 妹 #-[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんばんは~!

そうなんですね、写真を置くなんて思いも寄らなかったです(--;
季節ごとに、というのもイイですね^^
これからいろいろ考えていこうと思います。
【2012/09/17 23:01】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>azukiママさま

こんばんは!
azukiママさんも、いつもお疲れ様です!体調はどうですか(´・ω・`)?

確かに写真たてって、場合によっては危ないですね。考えてもみませんでした!
明日スタッフの方に確認してみようと思います。
ネコの写真、私だったらうれしいなぁ(*^^*)
【2012/09/17 23:05】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>妹さま

こんばんは!

働く側の気持ち、、、妹さんのお人柄の温かさが伝わってきます。
私、お向かいさんの写真を見るまで「写真を置く」なんて思いも付かなかったんです。
認知症という病気のことをつい考えちゃって「どうせわからないかな」って判断してしまってることに気付かされました。もう少し義母を思いやってあげなくてはいけませんね^^
【2012/09/17 23:10】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/413-717529df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。