スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
忘れた人のことは忘れる
オットの両親に対する関わり方。

こんな風に書くとオットの気持ちを無視していると思いますが・・・

両親の問題については出来るだけ関わりたくない、

でもそばで暮らす長男だから仕方なく頑張っている・・・

そんな風な関わり方だと思います。


もちろん、毎日必死で仕事をしている一家の主としては

それ以上頑張ることは何かを犠牲にすることになってしまう。

子どもであったり、健康であったり。

だから、私は今のオットは、

誰に対しても、仕事に関しても、

最大限支障がないように、どこかひとつだけ頑張るのではなく

全体にそれぞれ頑張ってくれている、と思っています。


妻としてオットには何の不満もありません。

一生懸命頑張っているオットをすごいとも思います。



ただ、そんなオットですが(そんな状態だからこそ)

ことオット母に関しては、

優先順位が下がってしまってるように感じます。


私も、です。


病院よりも、安定して生活を見てもらえる老健という施設に入ったことで

安心してしまったというか。。。

本来であれば、まだまだ先は長いのですから

もう少しオット母のために割かなくてはいけない時間があると思うのです。


でも、私も、オットも、

オット母のことについては「後回し」になっちゃっています。





そんな中。

義姉も、同じでした。

父危篤、母危篤にも動じなかった義姉。

関東で暮らし、自分の生活がある義姉にとっては

父親や母親は「いつ亡くなっても仕方ない」存在なんだろうと思います。


義姉の心の中はわかりようがありませんが・・・

今回、同窓会のために帰省した義姉、

母親には会わずにむこうに帰るつもりだったようです。。。


義父も、自分の妻には会う気はないようです。




義父は、自分の病院へは車を運転していくと言って聞きません。

義姉が帰るときも、迎えに行ったり送って行ったり、

「運転出来るでぇ」と車を動かします。

でも、義姉を母親のところに連れて行く気はさらさらありません。



オットに

「お義姉さん、お義母さんに会いに行くようなら乗せて行ってあげたら?」と

電話をかけてみてもらったら、

義姉は「会いたいとは思ってたんだけどね~」と言ったそうです。

何なら明日、義姉が向こうに帰る前に、

みんなでオット母のところに行って、お昼を一緒に食べるようにする?と

聞いてみましたが、それは却下だったそうです。



結局、飛行機の時間に合わせて少しだけ早めに家を出て、

オットの車でオット母のところに行くそうです。




夏祭りも、オットは行かないと言ったし、

実家にいる間、義父はオット母の話なんてカケラもしませんでしたし

気にしている様子すらありませんでした。

義姉は、ほんの少し足をのばせば行ける場所にいる母親に

「足」がなければ会いに行こうともしません。


私は、体調が悪いのを理由に、

たまに洗濯をするだけで後は放ったらかしです。



認知症になる前は、

あんなに家族のために忙しく働き続けたオット母。

身体は小さいけど、存在はとても大きかったはず。

それをアピールすることがなく、

義父がことごとくその存在を踏みつけてきたせいで

その「存在の大きさ」は子どもたちに伝わらないままだったように思います。



オットはオット母に会いに行くことについて

「正直疲れるだけ」と言います。

義姉は、会いに行こうともしません。

遠くから帰って来て、

義父の世話で手一杯なのかもしれないですが。

義父もまた、妻のことには頭が回らないのでしょう。

でも、いまだに認知症をバカにし、

自分は検査したけど大丈夫だったことを自慢し、

デイケアに来ている年寄りをコケにし、

自分だけは違うと威張り散らし、

娘を母親に会わそうともしない。




・・・何だかオット母が哀れでなりません。


義父のことを思いやってあげない私もまた、

義父と同類なのかもしれませんが。










ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2012/08/14 11:26】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<次に会うときは死んだとき | ホーム | いいわけない!>>
コメント
車の免許については我が家でももんちゃくがありました。
故義父はマイナス思考の人でした。
田舎だと車がないと生活できないし、免許を取り上げることで自信を失うこともあって免許だけは更新しましたが、実際には運転しませんでした。

実子たちの対応についてはそりゃいろいろ思いましたが、しょせん嫁があがいたところで長年の考え方は変わりませんでした。
義両親もその親たちに対して誠意をもったお世話をしてこなかったんだろーと思うし、子供が面倒見てくれなくても嫁が思うほどの寂しさはないのかもしれません。
自分の思い通りにならないときや、諸々不便な時は『なんにもしてくれない』と理不尽なことは言うんですけどね。

プッチョさんがお義父さんと同類なんてとんでもない!
プッチョさんの優しさや思いが伝わるご家族ではないのが残念ね。
【2012/08/14 17:06】 URL | kage #xYl2iXZk[ 編集] | page top↑
お義姉さんとオット母さんの関係って不思議ですね‥
そんなもんなんでしょうかね?
でも母と娘って、いろいろあるみたいですよ
ベッタリだったり、アッサリだったり‥

ただよく分かるのは‥
お義姉さんは自分の都合の方を優先できる人!ってことですよね
親を喜ばせようとかとても気になるとかがなさそうというか?
でもほんとうはとても我慢して、そんな気持ちを押し込めているということも考えられます
プッチョさんからはとても素敵なお義姉さんだと聞いていますしね‥

自分がやらないのにプッチョさんに注文を付けてくるとかはないのなら‥
実の娘でもそうなんだから‥と考えるのもアリなんではないですか?
ダメかしら?

小さい子どもも居ながら、洗濯もしてくれ面会もしてくれるだけで上等ですよ!
実娘ですらやらないことをしてくれているんですもん!
もっと大きな顔をしてもいいですよ!
自分を責めることなんてないですぞ!
【2012/08/14 20:54】 URL | i-yon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
ご主人は「一人っ子」だと思っていました~
遠くでもお姉さんがおられたんですね、実の娘でもそんなにあっさり思える人もいるのですね・・、
私もそう思えたらラクだったのに。
1200キロを介護で往復し、やはり娘だから・・と母を引き取ってきましたが・・。
世の中、一人ひとり違うのが当たり前かも・・

免許は、やはり実子がきちんと管理すべき、何かあれば責任も問われるでしょう・・
ご主人も大変ですが、もう少しなんとかしてもらえるといいですね・・
【2012/08/14 21:20】 URL | みどり #/.OuxNPQ[ 編集] | page top↑
>kageさま

こんばんは!
コメントありがとうございます!

確かに、うちの義父も車がなければ不便な場所に住んでいます。
車の運転が自信につながってる、というのもあるようです。
kageさんのお義父さまは更新しただけで運転はされなかったんですね。
うちもそうなれば良いのですが・・・何と言うか・・・やる気満々です^^;

嫁があがいたところで、というのもわかる気がします。
ただ、うちの場合は(もしかすると迷惑に思われてるのかもしれませんが、それでも)今は私の口出しに合わせてくれているのでありがたいです。

家族が違うと過ごしてきた時間も環境も考え方も全部違いますよね。
そのことを知ってるつもりではいましたが・・・家族のあり方の「理想」はわりと全世界共通(?)と思っていたので、今少し立ち止まってキョロキョロ見回しているところです^^;

kageさん、いつも温かい励ましの言葉をかけてくださってありがとうございます。
自分のペースをうまく作りながら、自分の良いと思うことをやっていけたらいいなあと思います。頑張ります^^
【2012/08/15 00:23】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>i-yonさん

いつも温かい励ましの言葉、本当にありがとうございます(*・・*)!

義姉の考え方、親との関わり方って、やっぱり(当然?)夫と基本的には同じです。
とにかく、私の中では考えられないほど親との関係が希薄です。
ただ、浅いように見えて深い部分もあるんです。
夫と義姉もそう。
私が「当然深いだろう」と思っている部分は浅くて、「当然浅いでしょ」と思ってる部分が深かったりすることがあります。だからとてもわかりにくいというか、、、たまに驚かされるんです。

確かに義姉はi-yonさんのおっしゃるとおり、自分の都合を優先出来る人です。
そして親よりも、私や夫を優先してくれる人です。
でも・・・i-yonさんのコメントで「それに甘えてしまっているかもしれない」と気付きました。

義姉に対しても、義父に対しても、そして夫に対しても、自分の思い込みで判断しないよう気をつけないといけませんね。
ありがとうございました(*^^*)頑張ります!
【2012/08/15 00:25】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>みどりさま

こんばんは!
コメントありがとうございます!

そうなんです~、夫には7才上のお姉さんがいるんですよ。
さすがに危篤に動じなかったときには驚きましたが、結果的には元気になったので義姉の動き(読み)は「確か」なのかもしれません(?)

>世の中、一人ひとり違うのが当たり前かも・・
そうですね。
私が「こう考えて当然」と思うことを押し付けてしまうことがないよう気をつけないと・・・^^;といいつつ、やっぱり夫には「こうした方がいいんじゃない?」ってすぐ言っちゃうんです^^;
気をつけなくては。。。

免許の件ですが、みなさんからのコメントを拝見していて「やっぱりもう少ししつこく働きかけよう」と思いました。
ありがとうございました^^
【2012/08/15 00:26】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/380-d333e661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。