スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お寺との関係
昨日の話の続きです。


私も、私の実家も、特に信心深いわけではありません。

よそのことはよくわかりませんが、私の実家は

どちらかと言えば宗教的なことにはあまり頓着しない方だと思います。

お盆などの節目には両親の実家の墓参りには行っていましたが、

それも大きくなると同時に足が遠のいていき、

私も父も最近は母の墓参りにしか行っていません。


もちろん、母が亡くなったときはお寺のお墓に納骨したし、

そのお寺の住職がお経をあげに来てくれたりしますが・・・

その住職も私の小学校時代の校長先生だったりして、

どうも全体的にアバウトにしか関わっていない生活(^^;)です。




このブログを読みに来てくださっている方の中には、

ご自分の宗旨に対してしっかりした考えをお持ちの方も

当然たくさんいらっしゃるでしょうから、何とも恥ずかしいのですが、、、

私はハッキリ言ってまったくの「無知」です。



自分の実家の宗旨も知りませんし、

オットの実家の宗旨も即答出来ません^^;

その宗教の中身も知りませんし、

誰がその中で一番えらいかも知りません。



そんな私のくせに!

実は結婚式はお寺であげたんです^^;

当時は義父母との関係も良好でしたし、

お寺で式を、という義父母の申し出を断る理由もありませんでしたから、

じゃあそうしましょう、ということで。


クリスチャンじゃない人が教会で結婚式をあげるのと同じように、

私たちも何度かお寺に通い、式のときの言葉を教わったりしつつ、

付け焼刃の「檀家さん」(?)になって式をあげてもらいました。



その後しばらくはお付き合いが続いていて、

何かの折にはお寺の行事などにも顔を出していたのですが、

私の妊娠を期にその関係は途絶えました。



というのも・・・

そのお寺のお経では拍子木を打ち鳴らします。

(ちなみに天理教も拍子木を使うようですが、それとは別です)

小さな木をふたつ持ち、それを互いに打ち鳴らして音を出すのですが、

そこにいる全員が一斉にその拍子木を打つと甲高いキンキンというすごい音が・・・

それはそれはもう、耳の鼓膜が持たないくらいのすごい音がするんです。

実際、法会があった日はしばらく耳が痛くて、完全に難聴になっていました。



その「騒音」(と私が感じるもの)の中に

生まれて間もない娘を連れていくのは絶対にイヤでしたし、

娘の聴力にも絶対に悪影響だと思いましたので、

子どもが出来てからは法会と言われるものには一切参加しなくなったんです。

(実際、オット母の耳が悪かったのはお寺のせいだ、と

オットは断言していましたし、私もそうだと思います。。。)



ちなみに、住職も尊厳の感じられない方でした。

女性問題があり、贅沢三昧に好きなものを好きなだけ食べて

その好き放題の生活の結果糖尿病が悪化し失明した人だったんです。

お話(説法)も、無知な私にさえわかるくらいおそまつなものでしたし、

お寺との関係を義父母との関係をよくするためだけに続けるのは

私にはありえなかったです・・・。




以前少しだけ書いたことがありますが、

オット母も決して信心深かったわけではないのですが、

お姑さんに言われるがままお寺との付き合いを深くしていったとのこと。

そのオット母の気持ちを思うと、

私も嫁として頑張りたい部分もあったのですが・・・

それでもあの場には娘を連れて行きたくはありませんでした。

その気持ちを伝えたとき、オットも賛同してくれたので、

お寺との関係はすっかり途絶えていたのですが・・・



それなのに("゚Д゚)!


なぜかここにきて「我が家に仏壇が越してくる」という話。

まだオットには

なぜそんな話が進んでいたのかしっかり確認してませんが、

なんとな~くイヤな感じがしますよね^^;


義父はそんなつもりなくても、

オットもそんなつもりなくても、

義父を取り巻く人はみんな「ご長男さんと同居されるんでしょ?」と

話しているんだろうということがうかがえますよね^^;


そういうことが義父の周りで出たときも、

義父はハッキリ否定しないでしょうし。。。





というわけで、

夏の暑さも吹飛ぶ怖ろしいお話でした。






・・・ん?私だけか(・_・?












ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/07/15 09:00】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<急襲 | ホーム | お寺から>>
コメント
やっと雨から曇りになって、助かりました~

お寺、どんどん檀家が減るので、どこでも囲い込みに必死みたいです。
私の知っている僧侶さん達・・、
とてもお説教ききたいとは思えない人格ばかり・・?

どんな天災があっても、ホームレスや自殺防止にしても、キリスト教会は活動しているようですが、お寺は??

最近、友人が法事で電話したら、10万円出すなら行く・・と言われたので、お断りして、お経のCDで静かに過ごしたそうで、ずっとよかったと言ってました。(相場なのかもしれませんが)

私も宗教には抵抗があるので(特にお寺に)
もし母が亡くなっても無宗教、お花と音楽とCDのお経(もう買ってあります)で静かに家族葬、お骨は樹木葬と海に・・・。
自由に考えられる時代になったと思いますよそれができない田舎や家もあるでしょうけれど・・・。

信仰は自由だし、素晴らしいお寺もあるのでしょうから、簡単に否定はできません・・・
お金が少額でも嫌な顔をしなければ・・・です。

どちらにせよ、お義父さんのお金で気の済むようにさせてあげるしかないのかな・・・?
難しいところですね・・・
【2012/07/15 12:28】 URL | みどり #/.OuxNPQ[ 編集] | page top↑
恐ろしい~ 
ちょっとぉ お義父さん同居する気満々ですやん!
って考えてしまうやないの‥
いや そう考える方が自然なのでは?

普通じゃ考えられないくらい父親に逆らえないオットさんですからね‥
なし崩しにならないことを祈るわ

ほんとに鳥肌ものです‥ コワイヨ
【2012/07/16 00:17】 URL | i-yon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
お久しぶりです。
九州大変な大雨でしたね。ぷっちょリーなさんはご無事?のようで何よりです。

なしくずし....は納得いきませんなっ(ーー;)
私もなしくずし的に義父の介護に参加せざるをえず....夫が仕事で行けない時は私が行くしかなく....一度意地悪ですが、行かないでみようかな、なんて思ってしまっている私ですっ。あてにしてんじゃねぇって。←これ本音。

でもこのくらいのスタンスでいないとたぶん私、自分自身がもたない。・°°・(>_<)・°°・。

ぷっちょリーなさんも自分とお子さんをまず第一に、ね。
【2012/07/16 06:24】 URL | メイ #-[ 編集] | page top↑
>みどりさま

こんにちは!
お寺のあり方って、もう今の時代には通用しなくなってきてるんでしょうね。
大変なのはわかりますが・・・

お経のCDや静かな音楽で、というのはとてもいいと思いました。
私が死んだら、やっぱりお墓には入りたくないし、お葬式なんか必要ないし。。。静かな音楽ときれいなお花を飾ってもらうくらいで十分です。
ま、よく「お葬式は死んだ人のためではない」と言いますけど^^でもその分のお金でおいしいものでも食べて元気出してほしいなぁ。

義父の件ですが、今のところは静観するしかなさそうです。
あちらから何か言われたわけでもないので・・・先にいろいろ言うわけにもいかないし。
ただ、お寺とのつきあいは私は遠慮したいなぁと思ってるし、その点では夫と一致してるのでとりあえずは安心です。
【2012/07/16 10:58】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

こんにちは!

そうなんですよね、自然な流れだと思います。
病気で一人暮らしの老人。妻は認知症で、一緒に暮らすのはもう無理。
となれば、当然長男のところに同居、というのが普通ですよね^^;

夫に「お布団をどけるお経に立ち会った」話をしたら、「それは親父に逆らえないからではなく、親父に何かを頼まれたら俺は聞くしかない」と言ってました。(このふたつ、微妙にニュアンスが違うのか!?用事程度ならいいのか!?)
そんな夫ですから、同居をにおわす義父を受け入れないでいてくれるのは、私のために相当無理してくれてるということだと思うのですが・・・

なし崩しは絶対に許しませ~ん!
どんな形になるにせよ、夫と義父と、私との話し合いで決めたいです(`・ω・´)!
【2012/07/16 11:02】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>メイさま

こんにちは!お久しぶりです^^

ですね、なし崩しはイヤです。
同居を「何が何でも絶対に、絶対にイヤ!!」だとは思っていませんが、同居するならちゃんと納得してからにしたいです。

少なくとも、今の状態では受け入れは出来ないですね・・・
【2012/07/16 11:05】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/356-09ea1507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。