スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
認知症の認知度
我が家にオット母がやってくる前まで

私は認知症という病気を言葉でしか知りませんでした。

どの程度の知識だったかというと、

「自分のことも、家族のことも忘れてしまう病気」という程度です。

いわゆる周辺症状というやつも、

「家に帰れなくなる」というくらいのことしか知りませんでした。


「ボケちゃって」という言葉は昔から普通に使われていて、

知人にそういう人がまるっきりいないわけではなかったのですが

それでも、それがどういうことかは知りませんでした。


その程度の知識しかない中、

オット母がいきなり我が家にやってきて家中あちこちに失禁・・・

本当に衝撃でした。




認知症のコマーシャルや広告は増えて、

「認知症」と言う病気に対する認知度はずいぶん高まったように思いますが、

それが家族や本人にとってどのような影響を及ぼすか、

やっぱりオブラートにくるまれていて、

当事者でなければわからないことがたくさんあるように(あり過ぎるように)思います。

症状も含めてもう少し世の中の人が知るべき、と思うのは間違いでしょうか。


我が家にオット母がいたとき、

オット母が家の近くに座り込んでたり、

家から離れた場所でヘタりこんでいても、

誰も何もアクションを起こしてくれませんでした。

もちろん、

私自身も「義理の母が認知症で我が家にいます」という話はしていなかったし、

サポートを求めていたわけでもありません。

ただ、ものすごく奇異な目で見られていることはひしひしと感じていたし、

ただただ精一杯毎日を送るしか出来なかったときに

その上ご近所にサポートを求めるだけの余裕は

まったくと言っていいほどありませんでした。


もちろん普段からの付き合いというものもあるでしょうが、

せめて座り込んだおばあちゃんがいたときに声くらいはかける、

そういう当たり前に思える行動が、

逆に「認知症」という言葉だけの広がりのせいで

人々に避けれてるような気がしてしまいます。




本人も、家族も、正しい知識がないまま

ただ「認知症」という病気を恐れる今の状況から

もう少し、あと一歩先に進めるといいなぁ・・・

そんな風に感じています。



自分の時間が取れるだけの余裕が出てきた今、

何か私に出来ることはないだろうか。

そんなことを考えながら過ごしています。









ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/06/24 11:37】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<鍵がない | ホーム | 感謝の日>>
コメント
当事者でなければわからないことがたくさんあるように(あり過ぎるように)思います。
症状も含めてもう少し世の中の人が知るべき、と思うのは間違いでしょうか。

その通りだと思います。
認知症なんて、ボケてるだけじゃんって軽いものじゃないですからね。
家庭崩壊だってあるんです。

誰も何もアクションを起こしてくれませんでした。
なかなか今の世の中、難しいんですよ。
声をかけたら、近くにいた家族に怪訝な顔をされたとか、
本人さんに絡まれて大変なことになったとか
実際にあるんですよ。
いやな世の中ですよね。

私もありました。
なので時間があれば、しばらくコッソリ見てて
マジでやばいとなったときに声をかけます。
それ以降は悪いですが。。。
近所付き合いがあまりなくなったせいもあるんでしょうね。
声かけにくいです。
【2012/06/24 16:39】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

おはようございます^^
コメントありがとうございます!

難しいですね。
私も義母が家に来る前だったら声かけることが出来なかった可能性大ですもん。
だからこそ、これから何が出来るかなぁ~って思います。
【2012/06/25 08:30】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
認知症サポーターと云うアクションを起こしていて、講習を受けて認知症自体を詳しく講義を受けて地域で支え合おうという試みが起きてます。
小中学校、散髪屋さん、銀行、商店街や、おまわりさん、求められれば我が施設のサポーター講師が何処にでも講習に出かけます。
しっかりと認知症という病気に地域で立ち向かって行く為、和みの会を催してます。介護者の方々に一時介護から解放して思いを吐露し合うお茶会を設けたり、劇をしたりやってます。
きっと大分でも地域で何らかのアクションが起きてるのではないでしょうか。
【2012/06/26 19:55】 URL | ぽっきー #-[ 編集] | page top↑
>ぽっきーさま

コメントありがとうございます。

そういえば、認知症のサポーターって聞いたことがあります。
調べてみようと思います。
なかなか難しい問題もあるのでしょうが・・・私に出来ることってなんだろう、と思っています。
【2012/06/27 15:13】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/335-d9565ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。