スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
感謝の日
今日は娘の誕生日です。


結婚して7年間、私たちは子どもが出来ませんでした。

いや、最初は「まだいらない」と思ってたんです。

でも、しばらくして「欲しい」と思ってからも授からず、

授かったと思っても流産ばかり続きました。



不妊治療に苦しんでる人はたくさんいます。

そしてその人たちの中では私の治療は治療と呼ぶほどのものではない、

そう思ってます。

それでも、薬を飲んだり、注射を打ったり、

他人(医師)から「今晩やってください」なんて言われて

(もちろん厳密にはもう少し配慮のある表現ですが)

夫婦関係を持たなくてはならない、そういう生活でした。


7年前の今日、娘が生まれた日、

世界で一番幸せなのは私だったと断言出来ます。




そして、

今日は娘の誕生日であると同時に、

私が母親になった日、

オットとの間に家族を持つことが出来た記念の日、

それを心から感謝する日でもあります。







ただひとつだけ、

今年は、去年の「今日」とは違う感覚が私の中にあります。

それは、家族としてこの先どうやって過ごしていくか、ということ。

家族であることを何よりも優先させたい。

子どもを何よりも優先させたい。

そのために、私とオットがもっと結束しなくてはいけない、と感じています。


オットは優しくていい人です。

子どものことも本当に大事にしてくれるし、

家族との時間を優先してくれるいいお父さんです。


でも、義父母の問題で混乱し続けたこの1年間で、

オットと義父の関係が浮き彫りになったと思います。


オットは義父の言動について

「耳にフタをしてやり過ごすしかない」と言いました。

いまだに、義父には逆らえないし、

逆らうということすら考えない、

あの人の言いたいように、したいようにさせる、

周りの者はただそれを見てみぬふり、聞き流していれば

波風はたたずに平和に過ごせる。

そう思っているのです。


たとえ、妻である私や娘や、

自分の母親であるオット母が義父の暴言にさらされても

その姿勢を崩さなかったオット。

それくらい義父の呪縛が強いこと。

私はそれをずっと見てきて、

(私の中では)普通ではないその状況に、

とても驚いたし嫌悪感を持ってしまいました。


その嫌悪感は、私がオットと夫婦を続けていく上で

とても大きな影響を及ぼしてしまうと思っています。




でも。。。

何よりも、どんなものよりも大事な宝物である娘と息子を守るため、

義父なんかのことで私たち家族が揺らがないように、

ブレずに、気持ちを強く持っていきたいです。




この先、義父のことを無視して過ごすことは出来ません。

何よりも、大事なオットの父親です。

可能な限りサポートしていけるよう、努力をしたいと思っています。

「ひどいヤツだから」「嫌いだから」と適当に付き合っていれば、

それは子どもたちにも悪い影響を与えてしまうと思います。


娘の誕生日である今日は、母親になった記念の日。

自分が「こうありたい」と思う良い母親になるための努力をしよう、

そういう決意を固める日でもあります^^



そして、

生まれてきてくれたことだけでなく、

そういう気持ちを与えてくれることにも感謝、です(*^^*)



娘、いつもありがとう。

そして、

お母ちゃんとお父ちゃんの元に来てくれてありがとう。










ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/06/23 11:07】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<認知症の認知度 | ホーム | 坊主憎けりゃ・・・>>
コメント
お嬢ちゃまのお誕生日おめでとうございます!!
これからも続く介護の日々・・・お父さんとお母さんの一生懸命な姿を見て育つ子供さんはいい子に成長しますよ~
「この家に生まれてきて良かった!」「母さんから生まれて良かった!」
「生んでくれてありがとう!」
いつか、こんな言葉に埋もれますよ~

今日のプッチョリーナさんの感謝の気持ちが将来、娘さん息子さんからも素敵な母に向けて聞かれる事と思います!!

記念日、幸せな時間を楽しんでね!!

【2012/06/23 15:03】 URL | myu*myu* #-[ 編集] | page top↑
>myu*myu* さま

こんにちは!
メッセージありがとうございます(*・・*)
とてもうれしかったです。

昨日娘と去年の今頃のことについて話しました。
おばあちゃんがいて家の中がめちゃくちゃだったことのこと、どんな風に感じてるだろう?と思って少しそんな話を出してみたら、「おばあちゃんがいたときは、みんながちょっとずつ忙しかったねぇ」と笑顔で言ってました。
フワフワした優しい感じが、いかにも娘らしくて・・・当時目を吊り上げて泣き叫んでた自分を恥じてしまいました(--;

これから先まだまだ義父母のことがありますが、娘のような優しい感覚で乗り切りたいものだなぁ、と思う出来事でした^^
【2012/06/24 11:43】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
お誕生日おめでとうございます!偶然ですね、私の娘も最近でしたよ!12歳です、認知症の義父母あの近くに住み始めたのが8歳になる前、学校でも施設に慰問に行くからか、認知症の事をよく理解しています。親より友達と出かける方が良くなってきます・・今は子供優先でいきましょ!
【2012/06/25 11:49】 URL | ありえるの母 #-[ 編集] | page top↑
>ありえるの母さま

こんばんは!
コメント&お祝いメッセージありがとうございます~(^^)

12歳ですかぁ!
もうすっかりお姉ちゃんの年齢ですね(*^^*)
「ついこの間生まれたと思ったのに@@」と感じたから、12年目もあっという間でしょうね。

病気のこと、私よりも大きな心でとらえていてくれたようです。
子どもの心は親が思うよりも柔軟で、純粋で優しいものなのかもしれません。

でも・・・出来れば・・・と考えてしまうんですよね。
やっぱり今は子ども優先でいきたいです!

ありがとうございました^^
【2012/06/25 22:19】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/334-c722bb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。