スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
尊厳死
本日、無事オット母を老健に送り届けてきました。

大雨の中、大荷物を持っての移動は肩にこたえましたが^^;

オット母の移動に関してはスタッフの方がほとんどしてくださったので

クリアすることが出来ました(*´Д`)


いろいろな書類にサインしたり、

荷物を全部チェックしてもらって枚数を書き込んだり、

何かと手続きがありましたが、

みなさん病院よりも話しやすいスタッフさんばかりで

ひと安心でした。


病院は常に「忙しい、人手が足りない」という感じでした^^;

それに何よりも利用している人は患者であり、皆「治療が進行中」だからでしょう、

とにかく全体にピリピリした雰囲気でした。


その点、老健は医療行為もなくリハビリ目的の施設ということで

ホールも、食堂も、それぞれに落ち着いた穏やかな空気が流れていました。



さて。

たくさん説明を受けた書類の中でひとつだけ、

モヤモヤッとすることがりました。

それは、延命に関する質問。

以前どなたかのブログで拝見したことがありましたが・・・

「救命救急処置へのご家族のご意向」という項目です。

いざとなった場合、

気管内挿管、AED、心マッサージをするかどうか。

それぞれの項目に「する」「しない」を記入しなくてはいけませんでした。


以前一度、他の方のブログで拝見したときに

オットとこのことについて話したことがあります。

オットは

「そりゃするでしょ!」と言っていました。

なので、今日はすべての項目に「する」と書き込んできました。



でも・・・

本当にココだけの話ですが、

私がもしオット母の立場なら、しないで欲しいと思ったんです。

オットにも、いつか自分に何かあった場合の延命措置については

話をしようと思っています。

私が認知症で、もはや自力で食事も排泄も出来ない状態なら・・・

生命にかかわるような症状に突然襲われて、

その状態を脱したとしても元の元気な(というと語弊がありますが)生活が出来ないのなら、

延命処置はしないで欲しい。


人の寿命は誰が決めるんでしょう。

そのときに、何かしら打つ手があれば打つべきなんだろうと思います。

尊厳死、という問題があります。

認知症であろうと、どんな病気であろうと、

人間としての尊厳を保って死に臨むことだといいます。

日本のある哲学者が、尊厳死を望む根底に

「生産性のある人間のみが生きるに値する」という価値観がある、と言ったそうです。


どんな人間でも、生まれた以上は「生」を全うしなくてはいけないのかもしれません。

だけど、もし自分がオット母のようになってしまったとしたら・・・

それでも生き続けたいと思うはずがない、と思ってしまう。

それはひどい考えでしょうか?

間違ってるでしょうか。




もし、この選択がオット母ではなくオットに対するものだったら・・・

私の実父だったら・・・

考えてみましたが・・・もちろんその場にならないとわからないと思うけど。。。

私なら、選択を迫られている患者が私なら、

私は望まない、と思ってしまいました。



本当に難しい問題だし、

そうは言ってもやっぱり今の私にとっては「他人事」なんだと思います。

だから、今私がここで書いてることは、

今私が感じていることでしかないのですが。。。。


そんな風に思いながら、、、帰ってきました。











さて話は変わって・・・

オット母のコーディネートですが、

荷物に詰める前にちょっぴり(?)写真に撮ってみました^^

明日はその写真を載せてみようと思います。

本当はオット母が着てるところを撮りたかったですけどね^^






ではみなさん、

良い週末になりますように。。。





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/06/15 19:09】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<センスとお金が欲しい | ホーム | 五十肩>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/15 19:56】 | #[ 編集] | page top↑
以前、義父が入院し、もう長くはないと診断され、延命治療について病院から説明を受けた時、義妹、夫とも延命措置はしないという結論で一致しました。医師からは気管内挿管は患者にとって苦痛なので、若い患者なら回復力に期待出来るが高齢者には苦しいだけ。1度付けたら家族から外してと要望があっても外せない決まりなので勧められないとの事でしたよ。私も自分なら無駄な延命はしないで欲しいと思います。治療費もかかるしね…。遺された家族の生活が一番大事だと思うんですよね。冷たいかなぁ…?
【2012/06/15 21:47】 URL | 蓮 #-[ 編集] | page top↑
難しい問題ですね。

入院中の義父のことは、全て義母な任せています。
しないと義母が決めたら
私たち長男夫婦は「はい」と。
次に癌が見つかっても手術しないと義母が決めたら
私たち長男夫婦は「はい」と。

本当に難しい問題だし、
そうは言ってもやっぱり今の私にとっては「他人事」なんだと思います。
だから、今私がここで書いてることは、
今私が感じていることでしかないのですが。。。。

今、感じられていることでいいんじゃないでしょうか?
昔は臓器提供カード全て「はい」でした。
けど大事な人を失ったという経験をした今、
「はい」から「いいえ」に変わりました。
それぞれ考え方も違うし、置かれた環境も違います。
延命治療を望む人はそれでいい。
臓器提供をしない人はそれでいい。
悪いことではありません。
ただ、残された人に「しようか」「しないでおこうか」
そんなことを考えさせることが、気の毒かなと。
【2012/06/15 22:20】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。
延命処置は本当に悩みます。

うちの母の老健では簡単な確認だけでした。
『人工呼吸器等の延命処置を希望されますか』にハイかイイエにチェックのみでした。

プッチョリーナさんのお義母様の老健は詳細に確認されるんですね。

私はハイにチェックしましたが、老健の方がその時々で変わるとは思いますが一応確認でとの事でした。
なので必要ない状態と思えば変えられると。

でもそんな事も考えないといけないんだな~と改めて思わせる文章でした。
【2012/06/15 23:49】 URL | azukiママ #-[ 編集] | page top↑
>ナイショさま

こんにちは(^^)

今回の選択ですが、最初は「持って帰って相談させてください」と言ったのですが・・・ただ、夫が以前「するでしょ」と言ってたし、正直「そこを迷うのは薄情なこと」のような気がする・・・という気持ちが出てしまって「する」と記入して帰ってきました。「嫁」という立場もありましたし。。。
よくよく考えたらやっぱり持って帰って相談すべきだったと今は思ってます。
義父の気持ちも確認すべきだったですしね。

ブログ、今度お邪魔します~(*^^*)
【2012/06/16 14:43】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>蓮さま

こんにちは!いつもありがとうございます(^^)

> 医師からは気管内挿管は患者にとって苦痛なので、若い患者なら回復力に期待出来るが高齢者には苦しいだけ。1度付けたら家族から外してと要望があっても外せない決まりなので勧められないとの事
そうなんですね(゚o゚)
そういうこと、前もって知っていたらまた違った結論だったかもしれません。
いろいろ確認せずに私の判断で書いてきちゃったけど、やっぱり持って帰って相談させてもらえばよかったって今は思ってます。
今後のことについても、いろいろなことをしっかり話し合っておかなくてはいけませんね。
【2012/06/16 14:47】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんにちは!
いつもありがとうございます(^^)

> ただ、残された人に「しようか」「しないでおこうか」
> そんなことを考えさせることが、気の毒かなと。
それはすごく感じます。
特に義母が認知症という病気になって、そういうことを痛切に感じます。

今は義父が生きてるので、本来なら義父に決定権を委ねるべきだったのでしょうが・・・全然頭に浮かんできませんでした^^;
義母のことだけでなく、義父のことも、自分のことも・・・みんなで意思の確認はしておかなくてはですね。
【2012/06/16 14:51】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>azukiママさま

こんにちは!
お体の調子はいかがですか??
コメントありがとうございます(^^)

>『人工呼吸器等の延命処置を希望されますか』にハイかイイエにチェックのみでした
施設によっていろいろ違うんですね。
うちは「緊急の救命処置」ということですが・・・
私は「気管内挿管」「AED」「心マッサージ」と聞いて受けた印象は、本当に一時的な「緊急時の救命」というものでした。人工呼吸器や胃ろうなど、それを外してしまうと生きながらえることは出来ない、という長期的な措置とは別だったんです。
前者と後者では答えが違ってくると思うし・・・そこは明確にしてほしいですよね。。。

うちの場合、「一応確認」という感じではなく「これは大変重要な書類ですので原本を持って帰っていただくわけにはいきません」と言われたので・・・多分「変更」は出来ないか、出来るとしても大事になるような気がします^^;
だからこそ、やっぱり一度夫や義父に確認すべきだった~と今はちょっと思ってます^^;

今後のこと、本当にいろいろ考えさせられますよね。
去年の今頃に義母が我が家にやってきたのですが、それ以前と比べると本当にいろいろなことを考えさせられました^^;
以前は、ほんとにノンキに暮らしてたなぁ~( ̄▽ ̄;)と思っちゃいます^^
【2012/06/16 15:03】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
以前、研修で自然死と云う事を勉強しました。内科のDr.が講師で、とても深いお話を聞きました。最期を迎える時に、どう云う形が良いのか、延命をするのか否か何処までするか、また最期を迎える場所は何処にするのか、実際の検討例で、人間は死を迎える時に、口から物を食べれなくなる、呼吸が出来なくなる、死の準備を始めようと身体がしているのに、挿管して、胃瘻して無理に生かすことが果たして良いのか、自然死を穏やかに自分の会いたい人たちに見送られるほうが幸せでないか、施設入所前に家族さんの意見をしっかり伺うことだと話されてました。自宅に戻られたい方はDr.にも相談して対処が出来る様体制も整えるべきと言われてました。私も自分じしんに置き換え、生かされてる今を感じながら介護の仕事につかせて頂いてます。
【2012/06/17 16:57】 URL | ポッキー #9ddgPdqs[ 編集] | page top↑
>ポッキーさま

おはようございます!
コメントありがとうございます。

「死の準備」については聞いたことがあります。
治療によってまたもとの元気な生活を取り戻せるなら、どんな治療も受ける道を選ぶのでしょうが・・・死に向かって準備をしている体を「無理やりに生かす」のは自然ではありませんよね。
家族の心の準備、本人の気持ちのこと、いろいろ考えながら・・・ですが、きちんと「死」のことについて話し合う時期にきていると思います。
【2012/06/19 10:11】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/326-ff2829dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。