スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
強くなりたい
今日、義父が退院しました。

予定通り、我が家に寄ることなく、そのまま実家へ直行です。

オットは、1泊だけして明日帰ってくるそうです。

相談員さんは「ご主人にはまたしばらく一緒に暮らしていただいて」と言ってたので

相談員さんも(おそらく義父も)そのつもりでいたのだと思いますが、

今夜1泊したら明日は朝から仕事に出て、そのままうちに帰るらしいです。


オットには、今日のお昼と夜食べられるようにおかずを4品持っていってもらいました。

私がしたのはそれだけ。

たったそれだけです。。。






何か特別のとき以外は、最低限(最小限)の手伝いしかしない。

そう決めました。

義父が弱って、あの「常にケンカ腰」のおしゃべりが出来なくなるまでは。

私自身が「何かしてあげたい」という気持ちになるまでは。

もう、無理に頑張ろうとは思わずにいよう。

そのかわり、オット母の相手だけはしっかりしよう。


そう思っているのですが、

40才を過ぎてなお、「やりたくないことはしない」という自分の

この情けない姿勢に、やっぱり猛烈な自己嫌悪を感じています。

もういろいろなしがらみは取っ払って、

あんな人でもオットの父親なんだから、と頑張って向き合うべきなのに。

イイ年した大人が、義理の父親が退院するというのに、

おかず4品だけ渡して「ハイそれじゃ」っていうのは・・・

あまりに情けなさ過ぎです。。。(--;


この先、少しずつ時間をかけて強くならなくてはいけませんね。

義父のような人でも、年寄りで病気なんだ、と

これまでのことは脇に置くことが出来るようならなくては。

本当の優しさは強さから生まれる、

優しくなければ強くなれない。

今はどっちも無理なこの私ですが、

自分で自分を嫌いにならないよう、前向きになりたいです。





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/05/26 12:38】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<言わなきゃわからない | ホーム | 義父、明日退院>>
コメント
プッチョリーナさん、こんにちは。
私も同じでした。 義母のことをどうしても受け入れられなくて・・・ 
そんな自分が情けなくて、自己嫌悪に陥っていました。
でも、いつかきっと、受け入れることが出来るようになると思います。
あまりご自分をお責めにならないでくださいね。
介護する側の心の健康を維持することが、介護をしていく上で、
とても大切だと思わされています。 
きついときは、少し離れてリフレッシュする時間を持たれると良いかもしれませんね。
【2012/05/26 14:16】 URL | petero k #-[ 編集] | page top↑
あまり自分を責めないほうがよいです、
ストレスで腸の具合が悪くなリますよ。
食事つくって渡すのだって大変なんですから・・・

そのうち、いやでも嫌いでも避けられない時が来るでしょうから、その時までに自分の体調を万全にしておきましょう~
何かから逃げても、別の何かが追いかけてくるのが人生のような気がします。

お義父さんは、一人で暮らせるとも思えないので、ご自分の力で有料ホームなど柔軟に考えてくれるといいですね・・・
ご自分の限界を知れば、そうなるのでは・・?
お義母さんも、認知症に理解ある施設に入所できることを祈っています。
【2012/05/26 14:16】 URL | みどり #/.OuxNPQ[ 編集] | page top↑
ブッチョリーナさん、それでいいと思います。

日本人の気質なのか、責任感が強すぎて両親や義両親の介護をあまりにも生真面目にしようとする方が多い気がします。

私は嫁や娘・息子が、自分や自分の人生をもっと大切にしていいと思うんです。

諸外国のように、介護専門施設や介護プロの方が高齢者を介護するのが一般的な世の中に、日本もなればいいのにと思います。
【2012/05/26 16:51】 URL | まる #EeNzqvKc[ 編集] | page top↑
うちは、義父が施設、義母は元気(来月1週間だけ入院しますが)。
もしこれが反対の状況なら、義父の面倒は
長男であり、県外といえども義実家と一番近い
私たちがみなきゃならないでしょう。
そうなれば、きっと私は気が狂います。
なぜなら義父は頑固で何をしでかすかわからないから。

プッチョリーナさん、おかずを持たせるだけでも
ホントすごいですよ。
私なら旦那に現金渡して「何か買って食べて」と言うか
現金すらもたせないかも~。

優しくなくてもいいんですよ、
強くなくてもいいんですよ、
プッチョリーナさんのように、いつも相手のことを考えてあげていれば。

義母の入院は1週間ですが、
旦那には2回行かせて、うち1回は私も行こうと思ってます。
なにせ我が家には要介助者がいるもんで
身動きとれにゃゃゃぁい。
【2012/05/26 19:49】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
手作りのおかずを4品も持たせるなんて、できたお嫁さんですよ
うちの兄嫁に聞かせたいですわ‥

まだまだ小さいお子さんがいらしてお世話がかかるのに‥
私は出来なくて当然だと思います

ココだけの話し‥
私は兄嫁には兄と仲良く夫婦でいてくれて
母のお葬式の時に親族席に座っておじぎしてくれたら上等だと思うようにしています

それでもどうしてもお義父さんが気になるようでしたら‥
義姉さんに帰って来ていただいても何の不思議もないと思いますよ
実の娘でさえしていないのに‥
実の息子でさえ一晩で帰ってくるのに‥
そんなに自分を責めないでくださいね!

どこかで誰かにだけ無理な負担がかからないように進めて行くのは賢い考えだと思います
でききらないことは介護サービスの中で手助けを借りる!
お義父様にとってもそれが最善だと思いますよ

本当の内助の功は自分の家族を大事にすることなんだよ
どうか帰ってきた旦那さまをねぎらってあげてください
子どもたちの元気な笑顔は一番の癒しです
ママも笑顔で元気でいなくっちゃね♪
【2012/05/26 21:55】 URL | i-yon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
いつもぷっちょりーなさん、いろんなこと考えて頑張ってらっしゃると思います!

私もそう考えちゃうんですよね…

でも、自分を大切に思えてこそ、まわりも大切にできると思います
以前の私は、自分を犠牲にして義両親のことだけでなく、いろんなことをしていました
世間的に常識的にこうじゃないといけないんだろうなぁって感覚がいつも染み付いていて
そうすると「やってあげてる」って気持ちが大きくなっちゃうんです、私の場合ですが(>_<)。
それがいろんな衝突を生んだりしてましたf^_^;

今は「いずれ否が応でも手を貸さなければいけない時がくるのだから」と思って、今はできる範囲内で動けば上等!って自分を誉めるようにしています
逆に今その心持ちでいる時の方が、私自身義両親のこと思いやれている気がします
自分が「してあげたい」って気持ちがくるまで、そうします。(来ないかもしれないけど…(笑))
【2012/05/27 08:58】 URL | メイ #-[ 編集] | page top↑
>petero k さま

こんにちは!コメントありがとうございます(^^)

こんな状態で受け入れられる日がくるでしょうか。
自分の小ささのせいで、本当に情けない気持ちです。

ところで、petero kさんが25日の記事で呼び方ひとつで心持が変わる、ということを書かれていましたが・・・何だかわかる気がします。
義父とは無理でも、義母のことはそういう呼び方をした方が楽に感じる部分が出てくるような気がします。

私がもし義父を「おじいちゃん」と呼べるくらいになったらたいしたものなんだけど、と一人で苦笑いしています^^
ありがとうございました。
【2012/05/27 17:14】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
> みどりさま

こんにちは!コメントありがとうございます^^

> そのうち、いやでも嫌いでも避けられない時が来るでしょうから、
> 何かから逃げても、別の何かが追いかけてくるのが人生のような気がします。
あぁー・・・やっぱりそうなんでしょうか(--)
頑張らなくては、ですね。

> お義父さんは、一人で暮らせるとも思えないので、ご自分の力で有料ホームなど柔軟に考えてくれるといいですね・・・
> ご自分の限界を知れば、そうなるのでは・・?
一人で暮らせない、とは今はこれっぽっちも思ってないようです。
入院は、長男に「一緒に暮らそう」ということを言い出すいい機会だと思っていたようですが、それが今は無理なら自分ひとりで、と考えているようです。
実際どうかはわかりませんが、オットも一晩で帰って来ても「大丈夫」という程度には回復しているようです。
それが長く続くとは思えないですけど、どういう道をとるにしても、義父自身が「無理」と言い出すまでは待つ、というのが私たち夫婦の共通認識です。
体調を整えつつ今後に備えようと思います。
ありがとうございました。
【2012/05/27 17:22】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>まるさま

こんにちは!コメントありがとうございます(^^)

義父母は「年をとった親の面倒は子がみるのが当然」と信じて疑わない人です。
今はどのように考えているのか、私は聞く機会を持っていないのでわかりませんが・・・
もし今でも「いずれは息子夫婦がみてくれる」と思っているのだとしたら、それはそれで残酷なことだと思います。
夫に先頭に立ってどうするかを皆が納得しながら進めていくのが理想ですが・・・
難しいですね。
【2012/05/27 17:27】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんにちは!コメントありがとうございます(^^)

>優しくなくてもいいんですよ、
>強くなくてもいいんですよ、
>プッチョリーナさんのように、いつも相手のことを考えてあげていれば。
温かいコメント、本当にありがとうございます(*;;)

いっそ「一緒に暮らそう」と言えればどんなにラクか、と思ってしまいます。
もちろん、その後のことは抜きに、ですが^^;

ゆうさんは、お義父さん、お義母さんではなくおうちに介助の必要な方がいらっしゃるんですよね。
ゆうさんよりもお若い方、と前に書かれていましたが、とても大変な状況だとお察しします。
そのような中では義両親のことはなかなか思うように関われなくて当然だと思います。

ゆうさんはいつも私にとても温かいコメントをくださいますが、ゆうさんもどうかご無理をなさらぬように。。。
私も、いつまでも義父ごときでこんなにウロウロした気持ちにならなくて済むよう、頑張ってらっしゃるゆうさんに恥ずかしくないようになりたいです。
【2012/05/27 17:37】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

こんにちは!コメントありがとうございます(^^)

「出来たお嫁さん」なんて甘やかさないでください~(*;;)でも気持ちがとてもラクになります、ありがとうございます。

実家のご近所さんや義姉など、「どうしてお嫁さんは何もしないの?」と思ってるだろうと思うと、気が重いです^^;
実のところ夫も私には本音を隠してる部分もあるような気がしてしまうのですが・・・何とか夫婦として乗り越えていきたいです。
子どものかわいい笑顔、私のイライラでふっ飛ばさないように心して頑張ります(`・ω・´)!
【2012/05/27 17:47】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>メイさま

こんにちは!コメントありがとうございます(^^)

>以前の私は、自分を犠牲にして義両親のことだけでなく、いろんなことをしていました
世間的に常識的にこうじゃないといけないんだろうなぁって感覚がいつも染み付いていて
そうすると「やってあげてる」って気持ちが大きくなっちゃうんです、私の場合ですが(>_<)。
それがいろんな衝突を生んだりしてましたf^_^;

↑すごくよくわかる気がします!!
私も、以前はそうでした。多分、いい嫁と思われたいがために頑張ってたんだと思います。自分と夫のためだった気がします。
でも、あれをまたやるのは、もう無理です( ̄▽ ̄;)

「いずれ否が応でも手を貸さなければいけない時」、出来ればずっと後にきてほしいです(*--)
【2012/05/27 17:50】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/310-076d8cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。