スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
介護度見直しの結果
さきほど、介護度の見直し申請の結果が届きました。

『 要介護5 』だそうです。

見直し前は要介護3でしたから、まあ予想通りという感じです。

これですぐに私たちの生活の何かが変わるわけではないですけど、

特養の件にうまくつながってくれるといいかなぁと思っています。


そんなオット母ですが、

今日病院で転倒したそうです。

看護師さんから電話があり、風呂場でこけたとのこと。

オット母は車いすに載せた状態での入浴ですが、

「ほんの一瞬目を離したすきに歩かれて転倒されました」とのことでした。


看護師さんは、本当に申し訳なさそうに

「ほんの一瞬目を離したすきに」という言葉を何度も強調されていましたが、

きっと「そんなはずはないだろう」「目を離すなんて」と言われるご家族が多いのでしょうね。

私はあまりそこにはこだわってなくて、そりゃ目を離さないことなんてありえないし、

あのオット母のことだから動くでしょう( ̄ー ̄)という感じですから、

あんまり強調してくれなくてもいいんですけどね^^;

私としては・・・

電話を「ガチャンッ!」と切られたことのほうが気になるタイプですよ~(`ΦωΦ´)


ちなみにオット母。

骨粗しょう症という話ですが、こけてもこけても骨折はしません。

我が家でも、ショート先でも、何度か「転倒」しましたが、

骨折したことはないんですよね~。

背筋のピンと伸びた義父の方が一回の転倒で即骨折でしたけど・・・

オット母はこけかたがうまいのかな( ̄_ ̄)???





というわけで、

近頃病院から足が遠のいていましたので、明日あたり行きましょう(--*)

さすがにそろそろ行かないと・・・ね^^;



あ、そういえば、オット母が転倒して異常がないか診察してるとき、

義父も付き添ったそうです。

オット母と一緒にいると文句以外の言葉は出てこない義父ですが、

そうやってそばにいられる時間もそう多くは残されていないでしょうから・・・

同じ病院に入っていて本当に良かったなぁと思いました。

(私はその場にいなくて良かった・・・^^;)










ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/05/10 20:07】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<話が違うPart2 | ホーム | なぜか>>
コメント
はじめまして。41歳の女です。
偶然ブログを拝見し、コメントせずにはいられなくなりました。
プッチョリーナさん、自分の正直な気持ちをこんなにしっかり直視できることを尊敬します。
私はいつも、自分の中のずるい部分やダメな部分を見ないようにしたり、理屈をつけて正当化しようとしたりしてしまいます。
プッチョリーナさんの嘘のない言葉に感動しました。
ブログを全部読んだわけではないのですが、気になることをひとつだけ。
「夫の親を介護することは義務」と考えておられるように受け取れる記述がいくつかありましたが、法律的には配偶者の親を扶養する義務はありません(ただし、同居すると扶養の義務が生じてしまう)。また、御夫君にはごきょうだいはおられないのですか?もしもおられるのなら、そのごきょうだいにもご相談なさってはいかがでしょうか?(どこかに「義兄」という言葉が出てきたので、結婚しているお姉さんがおられるのでは?)子どもが親を扶養する義務は、男でも女でも長男でも三女でもすべて均等です。長男に特別な義務などありません。ましてや、長男の妻にはまったくありません。あなたは、自分の親御さんに対してその義務があるのです。
ご承知のことであれば失礼しました。通りすがりで、勝手なことを書いてすみません。
ご自分を大切に、これからもがんばってくださいね!
【2012/05/11 12:27】 URL | 通りすがりのトミー #-[ 編集] | page top↑
>通りすがりのトミー さま

こんばんは!
ご訪問&コメントありがとうございます(^^)ノ(同い年ですね~♪)
温かい応援メッセージもありがとうございます。

>自分の中のずるい部分やダメな部分を見ないようにしたり、理屈をつけて正当化しようとしたりしてしまいます
私だってそうですよ~!このブログに書いてることは私の主観だけなので、かなり正当化されてますよ~^^;
きっと夫や義父母サイドから見れば不満はいっぱいあると思います。

私の場合、なかなかその場で面と向かって思いを伝えることが苦手なタチなので、こうやって文章にして自分の中でも確認しているというか・・・そういう感じでいつも書いています。
でもそんな風におっしゃっていただけて、照れくさいけどうれしいです(*^^*)

>「夫の親を介護することは義務」と考えておられるように受け取れる記述がいくつかありましたが、法律的には配偶者の親を扶養する義務はありません
「義務」というのは、義務感というか・・・この場合は「義理」という言葉が適切なんでしょうか、そういう意味での「義務」です。
私も夫も、そのへんの価値観はよく似ていて、もともと「将来的には同居かな」という感じでこれまで過ごしてきました。でも結婚後十数年の間に、私と義父の間にとてもとても深い溝が出来てしまったんです。
義父母や夫に言わせれば、最初は同居に乗り気だったのにいざとなったらダメだなんて!と思ってると思います。。。

でも、通りすがりのトミーさんのように「義務はない」とおっしゃってくださる方がいると、とても気持ちがラクになります。
何とか、お互いが納得出来るような妥協点を探しながら進んでいきたいと思っています。
コメント、本当にありがとうございました。
【2012/05/11 21:02】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/296-0bda3944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。