スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自問自答
昨日。

オットは病院で義父と話をしてきたそうです。

「(ちゃんと)話せた?」と聞くと、

「たいしたことは話してない」と返事がかえってきました。。。(0_ _)0ドテ




その前日。

帰宅後すぐにオットが寝てしまったため、私が聞いた主治医からの話を

ちゃんと伝えることが出来ていなかったせいもあると思うのですが。。。


たいした話はしてないって・・・

あんた何を話してきたのよう。゚(゚´Д`゚) ゜。

まぁ、話しづらいというのもあったでしょうし、そこは想定内でしたが^^;



で、オットとふたり、もう一度今後のことについて話し合いました。

その中で、出来る限り私の正直な気持ちを伝えました。


私の気持ち、とは・・・

義父を我が家に呼ぶのは義務だと思う気持ちはあるが、

どうしても「連れておいで」といえない。

なぜなら、私自身が義父に対して受け入れがたい感情を持っている。

さらに、義父の自己中心的で差別主義に満ち溢れた(?)言動は

子どもにとって悪い影響があるのではないかと思ってしまう。

けど、そうは言っても・・・

それでもやっぱり呼ぶべきではないかと思っている。


ということです。

迷いというか葛藤というか・・・それを伝えました。





実はもうひとつ、オットには言いませんでしたが、

私の中で決定的に「義父を受け入れられない理由」があります。

それは、

『オットの義父に対する態度』です。




オットはこれまで、父親がどんなにひどいことを言っても、

それが母親に向けられたものでも自分や他の人間に向けられたものでも、

それを諌めるようなことはせず、ただ「スルー」してきました。


多分、父親に対するオットのその態度は、

長い時間をかけて作り上げられた関係によるものなんだと思います。

「親父には何を言ってもダメ。どうせ聞きゃしない」

一度、付き合ってる頃に義兄を侮蔑した父親を殴った、という話を聞いたことがありますが

少なくとも私が結婚してからそういうところを見たことはありません。

ただひたすら義父の言うことを聞き流していました。

(たまに反論のようなことはしていても、義父にはまったく通用していませんでしたし^^;)


オットは、幼い頃からずっと父親の暴君的な態度に悩まされながら、

イヤだと思いながら成長してきたようです。

誰がなんと言おうと態度を改めない父親に対して

オットが自分を守るために身につけたもの、

それが「スルーする」ということなんだと思います。


私は、それがとてもイヤなんです。

実際、私や娘がひどいことを言われても、何のリアクションも起こさず

知らん振りをしていました。まるで聞こえていないかのような態度でした。

それがとてもつらかったのです。


それでも「悪い」と思う基準が私とは違うだけだと思ってこれまでは我慢してきましたが。。。

一緒に暮らすとなると話は別です。

私や子どものことを守ってくれる前提でなくては同居はありえません。

だって、そんな中で同居が始まったら、結果は目に見えています。


そして、そうなったときに・・・

私は子どもたちに対して冷静でいられる自信がないんです。

子どもたちにイライラするか、それとも子どもたちに対して

オットや義父への不満を口にしてしまうか、どういう形で表れるかはわかりませんが・・・

抑え込める自信がまったくないんです。


しかも、オットが義父に対してイライラしないか、というと

これがまたとてもイライラするんです。

スルーしながらも怒っているんです。

オット母のときも、オットはまるでダメでした。

認知症の母親の問題行動に対し感情を抑えることが出来ず、

人格崩壊!?と思えるほど荒れ狂ってました^^;


オットはオットでストレスを感じ、

私は私で義父とオット二人に対してストレスに感じ、

そんな姿を私たち夫婦お互いも見たくないし、

親のそんな姿を子どもたちも見たくはないですよね。

見せたくもありません。


たとえ私たち夫婦が義父のことをうまくスルー出来たとして。。。

『 イヤなやつは無視するのよ 』

これは、家族の関係としてあってはならない「ありよう」だと思うんです。

それを結果として子どもたちに教えるような生活は避けたい。



そういうことを考えていると、

私たちふたりのキャパが小さいことがわかっていてなお義父を連れてくるのは

とても無謀なような気がするんです。


「自分も介護を通じて成長するだろう」

「子どもたちも、彼らなりに親の姿を見て何かを学ぶだろう」

そういう考えもあるかもしれません。

でも・・・これから先も義父は今までとまったく変わらない。

そんな中、私ひとりで義父の相手をする生活に耐えられるだろうか。

子どもの時間や、子どもたちとの時間、自分の時間や健康を犠牲にして

その危ない橋をわざわざ渡るほどの価値が・・・あるだろうか。

それほど重大な義務なのか。

それを考えていると・・・

選択肢が他にある以上、義父との生活は選ばない、

それが我が家の家族を守るためには最善な道なのではないか、と思ってしまうのです。













一通り話し合った後、

オットは、義父にはとりあえず「老健行き」を勧める、といいました。

そして、義父が自宅に戻ってひとりで暮らすのが実際問題無理なのか、

主治医と話してみるそうです。

問題の先送りのような気もしますが、

私も今回はこれでひとまずこの問題をまとめられれば、と思ってます。


子どもたちも、新生活が始まって今はまだ全然余裕がありませんし、

正直私も子どもの生活のペース作りをしている今は

義父に入ってきて欲しくありません。

さらに子どもたちを見てもらえるようなサポートがない状態で

義父を受け入れることは・・・今は無理だと思っています。


今後はどうなるか、まだ全然見通しは立ちませんが。。。

今回は「老健行き」という形が取れるといいなぁ。

もんのすごい一時しのぎではありますが^^;













長々と書いてしまった文章・・・
最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。
ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/05/04 07:00】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<オットへの感情 | ホーム | 長男さんのお宅ということで・・・>>
コメント
すごく勉強になりますっ。
私ならこういう場合、自分の感情を抑えて、
何も話し合いせずに受け入れてしまいます。
そして、あとになてグズグズいうタイプ。
とっても大事なことなのにね。
同居しないって選択肢が悪いことのような気がするけど
決してそうではないだ・・・。

なんか、晴れ晴れした気分です。

【2012/05/04 07:08】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
とっても賢明な選択だと思います。
うまくいくといいですね・・・
やはり、ご主人が家族を守れる保証がないと、すぐに破綻して共倒れになります。
介護できる性格と、できない性格、できる健康状態か・・・など、はじめから慎重に・・と私も経験上から思いますよ。

でも、老健は申し込み順とか聞きましたが、すぐに入れる所は無いのでは?
リハビリに熱心な所と、最初だけでほとんどしてくれない所もあるようですが・・
入っても3ヵ月か6ヵ月くらいで退去とか・・・
それに、認知の無い人が我慢できるかどうか・・・

義父さんの家に、介護保険の枠を超えて
自費が相当かかるとしても、ヘルパーさんに毎日きてもらうわけにはいきませんか?

まずは、ご主人に強くなる覚悟してもらって、いくら親でも必要な事をしっかり言ってもらいましょう・・もう体力や気力で負ける年齢では無いので、スルーだけはやめてほしいですね。
【2012/05/04 11:19】 URL | みどり #/.OuxNPQ[ 編集] | page top↑
多分、ご主人はお義父さんにプッチョリーナさんの気持ちを酌んだ行動は出来ないのではないかと思います。ご主人なりの優しさなのかも知れませんし、箍がはずれてしまったら虐待してしまう恐怖を必死に抑えているのかも…。自宅に呼んでしまったら、義父を避けたがる妻と父の板挟みになり、ご主人の心がもたないかもと心配しています。だからといって実家での独居はまたいつ怪我をするか…。ヘルパーさんを頼むとしても24時間見守りして貰えるわけないですしね。
 私だったら、取りあえず実家に帰って貰って、見守りカメラシステム導入。ヘルパーさんとデイをフルに活用。時々夫に泊まり込みしてもらい、自分はあくまで補助的にサポート。何もしないのではうしろめたいですからね。 この際、お弁当の宅配もお願いしちゃいます。         病院側に事情を説明して実家帰宅方向でお願いしましょうよ。これからの長丁場、なるべく頑張らない介護をしないと、皆不幸になってしまいます。 
 
【2012/05/04 12:25】 URL | 蓮 #-[ 編集] | page top↑
「自宅は無理」とはっきり言ってもらって、よいのかも。
うちの義父母も「生活が破たんしてる」と精神科の先生に言ってもらいましたが・・
義母が「まだ自分でできる」とさ。
病院側も無理させて火事でも出されたら責任取れないんで、「どこか、誰かがみてないと」
と言ってくれてるんだと思います。で、
「子どもが小さいから無理です」は理由の一つになると思います。
親を怨む程介護し過ぎてはいけない、です、子どもとの時間を取ってあげてください。
でないと、お義父さんを怨むことになりますよ・・
【2012/05/04 20:41】 URL | ありえるの母 #-[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんばんは!
いつもありがとうございます^^!

私もこれまでは「我慢して受け入れて後でグズグズ言うタイプ」でした。
でも、義母がうちに来たときの夫を見ていて、そしてこれまでの義父と夫との関係を見ていて、もし義父と同居になった場合に犠牲になるのは子どもたちだ、と確信したんです。

私がもし、もっとキャパの大きなしっかり者だったら話は違いますが、どう考えても私ひとりに負担がかかるのは目に見えてる。そして、子どもをフォローしてもらえる人もいない。それがわかってて「義務」だというだけであの義父を我が家に連れて来るのは、どう考えてもやっぱり無謀だと思ったんです。

本当はね、おおらかに「連れておいでよ」と言いたいんです。
そういえれば、どれだけ気がラクかと思います。
でも、現実的に考えれば考えるほど・・・私にはやっぱり無理だと思ってしまうんです。
われながら・・・本当に情けない限りなのですが。
【2012/05/04 21:38】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>みどりさま

こんばんは!いつもありがとうございます^^!

> とっても賢明な選択だと思います。
みどりさんにそういっていただけると気持ちがラクになります。

老健については一応あてがあるのですが、リハビリに関してはおっしゃるようにあまり熱心にしていただけないようです。
そのあたりも含めて、義父がどのように望むかをまずは夫に確認してもらう必要があります。

義父がどうしても老健行きを拒んだり、我が家に来ることを望んだり、ということになった場合は・・・一時的あれば我が家に来ることもやむなし、とは思っています。
ただ、これは病院側が退院期限の延長は絶対無理だ、すぐにどこかに行け、と言った場合のみです。そして「一時的」であることも絶対条件です。
だから・・・我が家での同居がない、となれば、結局は自宅での生活を何とかかなえるための手立てを探すか、どこか安心して暮らすことの出来る場所を探すか、ということになってくると思います。

そこのところを、私と夫、夫と義父の間ですり合わせていかなくてはいけないですね。
【2012/05/04 21:50】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>蓮さま

こんばんは!
いつもありがとうございます^^!

> 私だったら、取りあえず実家に帰って貰って、見守りカメラシステム導入。ヘルパーさんとデイをフルに活用。時々夫に泊まり込みしてもらい、自分はあくまで補助的にサポート。
そうですね、そういう方法もありますね。
私としては、病院側が「自宅での独居は無理」と言った言葉を夫や義父がどう解釈するのか、そこに注目(?)してるんです。
いずれどうするかは別として、とりあえず義父は家に帰りたがると思うので・・・。
老健に入るせよ、自宅に帰るにせよ、義父の状態を考えればそれは一時的なことでしかないことはわかっているので、いろいろ詰めていく必要はありますが。

おっしゃるように夫の精神状態のことは私も心配です。私が「板ばさみ」にしてしまうことがわかっていますので^^;
まずは、夫の話に対して義父がどう答えるか、ですね。そこから先、慎重に夫婦で話をしていきたいと思っています。

ありがとうございました^^
【2012/05/04 21:58】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ありえるの母さま

こんばんは!いつもありがとうございます^^!

> 「自宅は無理」とはっきり言ってもらって、よいのかも。
確かに病院の先生の言葉は「安全策」だろうと思います。
ただ、、、義父の状態、年齢を考えると、今回問題を先延ばしに出来たとしても、またすぐに選択を迫られるのはわかっていますので・・・
家族としての方針は、ここで決めておきたいというのが本音です。
義父に変な期待を持たせるのもイヤですし。。。

とにかく、子どもを優先させたい。
でも、子どもをいいわけにはしたくない。
そこを自分でも見極めて、冷静に答えを出したいです。
【2012/05/04 22:01】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/290-2409937b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。