スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
長男さんのお宅ということで・・・
昨日、病状説明で病院に行きました。

いつもはナースステーションの後ろの控え室で先生の話を聞くのですが、

昨日は食堂で待つように言われました。

息子は留守番させてるし、娘は帰ってくる時間だし、

なるべく早く済ませたかったのですが・・・


いや~~~・・・待たされました~(><)!

しかも、オット母の病状説明も「ついでに良いですか?」ときたもんだ。

時間に余裕がないことは伝えてあったし、その場でも念を押したのですが・・・

結局「もうすぐですから、もうすぐですから」と待たされ、

オット母の話も聞かされましたよ・・・(-_-)



食堂には、認知症のおばあちゃんがひとりいて、

リハビリですることになっているらしい「宿題」をしていました。

えんぴつを持って何かの紙に書き込みながら

「ゼロになるんじゃろ?これでゼロになるんじゃろ?」と繰り返していました。

この間は「九九」をず~っと言ってるおばあちゃんがいたので

多分「算数系」の問題を解いているのだろうと思いながら聞いていると・・・

「いんすうぶんかいじゃけんの、いんすうぶんかいじゃけんの・・・」

・・・へ?

いんすうぶんかい!?( ̄□ ̄;)

なんと高度な問題をやってらっしゃるのでしょうか。

小学校の算数で理系人生から脱落した私としては、

もう「いんすうぶんかい」なんて、微分積分三角関数(?)並みの異次元の話。

すげー、ばーちゃん!すげーよ!!

と思って手元を見ると・・・

チューリップとおぼしき花に色を塗っているところでした。

(・_・??「いんすうぶんかい」って・・・何を聞き間違えたのでしょうか??








さて。

痛いおなかを抱えて待たされること20分。

義父の主治医の先生がやってきました。

一通り、現在やっているリハビリの内容や、これまでの経過を聞き、

日常生活はほぼ不自由なく自力で出来ること、

歩行などについても、おおよそ問題なく行なえること、

リハビリも順調で、このまま予定通り退院できます、という話を聞かされました。

私にとっても予定通りの話の内容。

はぁ~、こりゃすぐ帰れるな、と思ったそのとき。

先生はペンを置いて私の方を見据えました。

ここで私は、「ばーさまの因数分解」よりも衝撃の一言を聞きます。

「ただし、常に誰かの見守りが必要です、自宅は無理ですね



は?

先生は続けます。

「いろいろなサービスを利用したとしても、ひとりで暮らすことは難しいです、

というよりも無理だと思ってください」

さらに、「えーと、ご長男さんのお宅、ということになるんですかね」

は??






ワタクシ、ちょっと頭がまっ白になってしまいました。

まったく想定外の展開だったからです。

私たち夫婦も義父本人も、自宅に帰る気満々だったし、

それでイケそうだと思ってましたから^^;


なので、「実はそこのところはまだしっかり詰めていません。

皆自宅に帰れるものと思っていましたから・・・」と答えるのがやっとでした。

先生は、連休明けには帰る予定の場所を訪問しなくてはいけないので

早急に話をなさってください、と言って席を立ちました。


「自宅は無理なら、ご長男さんのお宅ですね」ですか(@@?

いきなりうちですか(@@;

そこは「自宅が無理なら、ご長男さんのお宅か、それが無理なら施設か・・・」と

言って欲しかったですだーーー(T▽T)

その後少し話した中でも、基本選択肢は施設には向いていませんでした。

やっぱり世間一般的に、常識的に、それが当たり前なんでしょうか。


まいったぁぁ。。。(0_ _)0ドテ



家に帰ってオットにメールをすると、すぐに電話がかかってきました。

「オレ親父に話をするわ」と言ってましたが、

どんな話をするんだか。

そして、「帰って話をしよう」とも言われましたが、

帰ってきたらゴハンを食べて「今日はメチャクチャ疲れた」と言って

寝てしまいました。


オイッッ("゚Д゚)ノ!!!




というわけで、今日の夜は寝かさずに話さなくては。

この先、いったいどうなっていくんでしょうか?( ̄▽ ̄)


いやぁ~ん、誰か教えてぇ(∥^▽^ノノ












ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
【2012/05/03 07:00】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<自問自答 | ホーム | グチです・・・(--)>>
コメント
えっえっえv-12
話がちょっとよく見えてないんですが、
(最初から読めばいいんですね・・・v-356
退院後は義父さまのご自宅(プッチョリーナさんとは別の家)に帰る予定が、
長男宅であるプッチョリーナさんちに帰るってこと?
いきなりですかぁぁぁ。
そんなにいきなりやってくるんですかぁぁぁ。
それが現実なんですかぁぁぁぁ。
教えてくださいぃぃぃぃ。
(私が焦って、ど~するんでしょうね・・・)
【2012/05/03 08:55】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑
とうとうきましたね・・・
世間や医者から見れば、子供がひきとるのは当たり前・・・という感じなのは、時代が変わっても、受け入れ側の事情があったとしても、やっぱり変わらないものですね・・
特に介護度が低い場合は、施設も考えられないし・・・・
大分にも有料ホームがあれば可能かもしれませんが、本人の納得や毎月も多額の費用がかかりますし、うちの母が最初入居した所みたいに介護が全然ダメの儲け主義が多いので、早々に退去する人が多かったですし・・・

覚悟して、一度は義父さんと同居することが必要なのでしょうか??
誰かの犠牲が無いと、介護は難しいものかもしれません、納得いきませんが・・・。

私も覚悟して実母を引き取りましたが、あまりの認知症に長くは続きませんでした。
だから、在宅で・・という資格もありません。
認知じゃない高齢者は頑固なので、これもまた難渋するみたいですね、
病気だから・・・、かわいそう・・・という気持ちも持てないようだし。

でも、ご自分の実父さんの介護もいずれ・・と思われるなら、今のご主人の気持ちも考えて、よく話し合って、発言も気をつけるほうがいいのかも・・・
それでも、一番たいせつなのは、今の子供達との家庭ですから、病院や世間からのプレッシャーに負けないことも必要ですし・・・あ~どうしたらよいのでしょう?
介護を分担してくれる人がいない場合、本当に大変です、どなたか親戚は無理なんでしょうか・・・

時々、書かれていますが、
主婦だから、食べさせてもらっている・・ひまだ・・という謙遜?は変ですよ、夫婦はそういうことじゃないと思うから。

なんのアドバイスもできません、長々と支離滅裂で・・・ごめんなさい。
とにかく、ご自分の心身を健康に、守ってください^^


【2012/05/03 13:35】 URL | みどり #/.OuxNPQ[ 編集] | page top↑
今の身体の状態からみて断固拒否しましょう 卵巣癌になっちゃうよ!!私達姉妹はストレスから癌になりました(遺伝とか関係ない)最悪な精神状態は 癌細胞を作り出しちゃう!!連休明けに婦人科受診行きなさい!!これは 冗談ではありません 介護の毎日で最後は癌に命を取られ どうしようもなく 悲しく 悔しい私です
【2012/05/03 15:47】 URL | ありゃ #Yn8TEtBk[ 編集] | page top↑
>ゆうさま

こんばんは~!
コメントありがとうございます^^

> 退院後は義父さまのご自宅(プッチョリーナさんとは別の家)に帰る予定が、
> 長男宅であるプッチョリーナさんちに帰るってこと?
ですねぇ^^;
先生はそっちの方向で話をされていました。
でも・・・夫とふたり話して、義父も老健に移ってもらうよう話をするって方向で進めるよう確認しあいました。
夫の本音は違うだろうから。。。心苦しいところではありますが(--;
【2012/05/03 22:37】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>みどりさま

こんばんは!
コメントありがとうございます^^

> 覚悟して、一度は義父さんと同居することが必要なのでしょうか??
難しいところです。私自身の気持ちは「無理」と固まっているのですが、やはり夫婦でいる以上義務はあると思って。

> でも、ご自分の実父さんの介護もいずれ・・と思われるなら、今のご主人の気持ちも考えて、よく話し合って、発言も気をつけるほうがいいのかも・・・
実父をうちに連れてくることは考えていません。車で5分の距離に住んでいるので、ギリギリまで通いで頑張ってその後は兄と相談して考えたいと思っていますが・・・
ただ、みどりさんのおっしゃる意味はよくわかります。

> 介護を分担してくれる人がいない場合、本当に大変です、どなたか親戚は無理なんでしょうか・・・
これが無理なんです^^;
唯一当てに出来るのは夫のみですが、日中は仕事に出ていますし、精神面でのサポートはまるっきり期待できませんので^^;(詳しくは4日の記事で・・・)
子どもを預けたり出来る人もいないので・・・キビしいですね。

> なんのアドバイスもできません、長々と支離滅裂で・・・ごめんなさい。
とんでもないです!
お母さまの介護で大変な目にあわれたことのあるみどりさんだからこそ、のアドバイスです。とても参考になります。ありがとうございました^^
【2012/05/03 22:46】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ありゃさま

こんばんは!
コメントありがとうございます。

確かに、今の身体の状態はとてもよくないです。いろいろな検査も延び延びでしていないし、治療をしている内膜症ですらこの有様なので・・・^^;
でも、夫の両親の今後の生活(人生)がかかっている以上、今の私の「そこそこ動き回れるこの状態」では夫も(おそらく義父も)「調子が悪いから同居は無理」とは思ってくれないようです。私自身も、この程度なら・・・と思ってるのも事実ですし。

ありゃさんも、おつらい中アドバイスをしてくださって、ありがとうございました。
【2012/05/03 22:52】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/289-cc9576c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。