スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
二人の今後
さて。

オット母が特養待ちをするための場所として病院の相談員の方が勧めてくれた

グループホームを、昨日オットが見に行きました。

本来ならとりあえず老健、という選択肢を考えていましたが、

やはり老健は待ちが長いということと、うちが施設探しにそれほど時間を割けないため

すぐに入居OKのグループホームを紹介してくれたのです。


私は用事がたまっていたので今回は一緒には行きませんでしたが、

オットによると高台にあって窓から海が見えるし、菜園などもあって

なかなか良い場所だったそうです。

金額的には老健と比べて2万円ほど割高になりますが、

なんとか年金の範囲内ということで、そこに決めることになりそうです。



年金の範囲内であれば、もうずっとそこでもいいんじゃない?

なんて思っちゃうのですが、そんなわけにもいかないのでしょうか。

そこが看取りをしてくれるかどうかはオットは確認していませんが、

もしそれが出来るのであれば・・・なんて考えてしまいます。



とは言うものの、それでもやっぱり頭は混乱しています。

正直、いろんな問題をどう考えてどう片付ければいいのか、わからなくなっています。








なにしろ、今は義父のこと頭がいっぱいです^^;

今の義父は運動能力的にはオット母と同じ状態。

ということは、介護度も同じくらいになることが予想されます。

でも、オット母と違って義父は判断能力があります。

義父の扱い(という言い方もヘンですが)をどうするかは、

オット母とは比べ物にならないほど大きな問題です(--;

↑オット母を病気のせいで軽視しているわけではありません(念のため)


義父の判断能力がしっかりしている以上は

義父母の年金をどのように使うか、義父がどのような道を選ぶかは、

義父に決定権があります。


その義父は、妻であるオット母については自分が入院後は

「老人ホームに入れよう」と早くから言っていました。

でも、それはオット母が認知症という病気だったからだと思います。


オット母と同居を始めてから、ケアマネさんを筆頭に、

「認知症?それならいずれ施設に」という言葉をたくさんかけられました。

最近では、認知症患者さんは専門の施設で暮らすほうがいい、という

考え方が多いように感じました。(その是非はともかく・・・)


でも認知症じゃなければ?

義父は、基本自宅での生活を望んでおり、

それが無理なら我が家で、と考えているらしいから・・・

私の頭はまっ白になっていく一方です( ̄▽ ̄;)←完全にキャパ超え




そういう話を・・・実際はどうなのかオットに確認してもらわなくてはいけません。



・・・出来るでしょうか、オットに(--;?



ちなみに、

義父の転院はオットが付き添ってくれることになりました。

オット母の件について、義父に了解を得る(報告をする)ためと、

今後の義父の生活についての話をするために、とオットが引き受けてくれました。



一応、義父の意思確認をしてくれる予定のようですが、

多分たいした話は出来ないと思います(--*)

オット母のグループホームの件を話してOKをとるのが精一杯かと。




オットは、4月から担当の仕事が変わりましたが、

責任が重くなった代わりに(?)土日を休めるようになりましたので、

これから先は集中して「義父母問題」に取り組めると思います。

今後のオットに期待です(?)



ちゅーか、私も頑張らねば!!( ̄●● ̄)=3







乱文申し訳ありません。
このところ、毎晩4時間ほどしか寝ておらず、
寝不足のせいでいつもにも増して頭が働きません^^;
イヤ、いつもどおりか??それもわかりませ~ん(><)
みなさまからの応援ポチが励みです!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2012/04/16 09:38】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<幸せ | ホーム | 心配>>
コメント
お義母さまのグループホームですが、看取りは無理です。グループホームとは比較的自立度の高い高齢者が生活する場所ですので、生活すべてに介助が必要になったときは別の場所が必要になってきます。・・・ということはやはり、特養を探していたほうがいいということです。
特養によっては看取りを積極的に行っていないところもありますが、最近は過剰な医療を控える傾向にありますので、看取りを行っている特養は比較的多いと思います。
何かと大変だと思いますが、責任感強く抱え込みすぎると大変になります。「そんなこと言われてもできません!」って振り切るぐらいの姿勢で臨んでください。病院も施設もできないものを押し付けてきたりしませんし、知ーらないと放り出したりもしません。こちらのほうが適当に放り出すくらいの姿勢で臨まないと!「やってくれる」と思うと相手はいくらでも押し付けてきますよ。無理しないで!!!

【2012/04/16 21:13】 URL | 藤田 昭子 #-[ 編集] | page top↑
>藤田 昭子さま

こんばんは!
ご訪問&コメントありがとうございます。

そうなんですか、看取りは無理でしたか。。。
前にチラッと「看取りあり」という話を聞いたような気がして、するところとしないところがあるという意識でいました。。。

>「そんなこと言われてもできません!」って振り切るぐらいの姿勢で臨んでください。
藤田さんのこの言葉、心強いエールのように聞こえて気持ちが前向きになれました。
ブレずに、ポジティブに、いつも顔を上げて頑張れたらいいなぁと思います。

ありがとうございました(^^)
【2012/04/16 22:16】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/272-f583508e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。