スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
どうなるかわからない
前にも書いたことがありますが、

オットは義父にそっくりです。

でも、オット母ともそっくりです^^;

つまり、オット母と義父は似ているということです。


実家の仏壇に飾られたおばあちゃんの写真、

てっきり義父の母親だと思ってたのですが(顔がそっくりなので)、

実はオット母の母親なんだそうです。


ちなみに義姉も、父親と母親の両方に良く似ています。

というわけで、オットの実家は、

基本みんな同じ顔、ということになりますね(∥`ω´)ギョエー



子どもが出来ると、その顔がどちらに似てるかで盛り上がりますよね。

年頃になってくると、親に顔が似てるとイヤだったりして。

でも、子どもが親に似てるのは基本的には「幸せの証」だと私は思います。

そっくりな親子を見ると、幸せな気持ちになりますもん。


でも。。。

今のオットにとっては、実はそれが一番ストレスのようです。

認知症になった母親、

自己中心的で周りを不快にさせても気にせず、

あげくたくさんの持病に苦しみながら入退院を繰り返す父親・・・

その二人を自分の中に見るんだそうです。

「いずれオレもああなるんや・・・」ととても憂鬱な顔をして言います。


私も、その気持ちはよくわかります。

母が肝硬変になり苦しみながら死んでいった後しばらくの間は

鏡を見て、その中(自分)に母親の姿を見ていました。

夜中トイレに起きて手を洗いに行ったとき、

ふと見ると青ざめた顔の私がそこにいます・・・

その顔、その姿は母親そのもの。

母親に良く似た目を見ると、鏡から目が離せませんでした。



もちろん、親のような道をたどるとは限りません。

体質的なものは似ていても、さまざまな生活環境は違います。

健康に気をつけて早めに検査をしたりすることで

様々な病気は防ぐことだって出来るでしょう。


でも、オットの気持ちは良~くわかります。

すごくしんどいだろうなぁと思います。



昨日、オットと10月の行事について話をしました。

そして、ふたり一緒に・・・

「10月かぁ~、どうなってるんだろうね」と言いました^^;


今までの私たちは、先のことは楽しみでしかありませんでした。

今年のGWはどうしようか、

夏休みにはあそこに行ってみようか、

子どもが〇才くらいになったらどこそこに旅行に行ってみたいね、とか。

あれを見に行ってみたい、これをしてみたい、

先のことはいつでも楽しみな話ばかりでした。


でも、去年、

「オヤジが倒れた、母親を連れて行く」という電話がかかってきたあの日から

私たちの生活は変わってしまいました。

とりあえず家族4人だけでこの家で暮らせるようになった今も、

オットの両親のことでいつも頭がいっぱいです。


10月にどうなってるかなんて、

全然想像もつかないし、わかりようもない。

人生なんて一寸先は闇、なんて言うけど。。。

本当にわからないものだと、この10ヶ月で痛感しました。


楽しいことが想像出来なくなって予定を立てられない生活・・・

でも、それも当たり前と言えば当たり前のことなんですね。

親が年をとると・・・そして近くに住んでいると、

自分たちの生活だけを考えることは出来なくなるものなんでしょう。


なんて考えてると、親の介護には無縁の私の兄や兄嫁、

義姉のことがちょっぴりうらやましくなったりします(--*)

でも、そこは・・・うらやましがっても仕方のないこと。

むしろ、親のことを近くで見守り、お世話をして恩返しが出来ることを

ありがたく思わなくてはいけないんだろうなぁ~と自分に言い聞かせたりして。。。


なんとな~く、アンニュイな気分のプッチョリーナでした(--*)







ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/03/26 10:35】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<そんなもん!? | ホーム | 義姉との食事>>
コメント
プッチョリーナさん、こんにちは!!

確かに先のことなんて、どうなっているかわかりませんよね。私も最初はそうで、遊びに行く予定立てませんでしたが、去年は結構予定を立てましたよ。楽しいこと考えるだけで、元気も出てくるし、そこを目指して頑張ろうと思えるし。
もちろん、何かあれば急遽キャンセルは覚悟の上で・・・。
キャンプ2回、サッカー観戦3回ぐらいあきらめましたけどね。
お世話や介護をほったらかして遊びまわっているわけではないので、そういう家族の楽しみも大切にして、全然いいんだと思います。

まだごたごたしているから、それどころではないとは思うけど・・・
少しずつでも、計画立ててみてください!想像して楽しい気分を思い出してみてくださいね!

ところで・・・
グランパス金崎夢生が、復活してくれましたよーん!私も元気が出てきましたよーi-237
【2012/03/26 11:26】 URL | 椛かんな #5X5MRA9A[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/26 22:56】 | #[ 編集] | page top↑
>かんなさま

かんなさぁぁぁぁん、
いつもありがとうございます~(*゚□゚*)ノ

そっか、キャンセル覚悟でも予定を立ててれば気持ちは前向きになれますよね。
そうやって考えたら、急に電話があっても大丈夫な場所や、半日でも楽しめるような場所が頭に浮かんできました。
何となくどんよりしちゃってて、そういうことも考えられなくなってました(><)
キャンセルになっても大丈夫そうな大掛かりな予定じゃなければいいんだし、基本うちはそういうおでかけの方が多いもんなぁ(´・ω・`)
なんか元気出てきましたよーーー!

かんなさん、いつも励ましてくれてありがとう(*^^*)

P.S.
夢生くん、やっと盛り上がってきましたかぁ~。
今年こそは全部出て、しっかり活躍して欲しいです~!
この間もうちの試合見てて「ここぞ」というときのあまりにヘタッピーなクロスに「あ゙ー!夢生ぐん゙~(TT)」と夫婦で夢生くんを懐かしんでブッ倒れました。
トリサポにはいまだに忘れられない選手です。(ていうかやっぱりJ2はどちらのチームも甘甘です^^;)
【2012/03/27 09:25】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>ナイショさま

おはようございます^^

相続のことは基本的には考えたことはないですね。
というより、正直言うと相続するような財産はないだろうし^^;
ただ、「財産」という意味で言えば、施設入所をする方向で考えてるので「どのくらいあるのか(`ΦωΦ´;)」というのは気になってはいます。

前に義父が「子どもたちを大学に行かせるくらいの金はとってある!」なんて言ってましたがかなり怪しいし今回これだけふたりが入院して、しかも今後のことを考えれば、亡くなったときに残るお金なんかないと思います~^^;というより、残して在宅、ということになるくらいなら全部使ってでも入所してほしい、というのが正直な気持ちです。義父は「お金は残すから世話してくれ」という気持ちのようですが。
もし相続するような財産があったとしても、義姉とオット二人の姉弟だし、義姉はああいう人なので(無頓着だし子どもも成人してるし)それほどもめるようなことにはならないと思います。

第一、うち「介護」と呼べるようなことはまだ何もしていないですからね^^;
在宅での介護生活が何年も続いたときは、もしそういう揉め事が起きた場合は「平等はおかしい!」って言うと思いますけど、今の状態や今後も在宅で介護という形にならなければ、「平等」でOKだし今のところはそれが当たり前だと思います(^^)
【2012/03/27 09:31】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/253-0f826023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。