スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
不穏
ただいま帰ってまいりました。

なんとか無事、転院終了~~~!です(0_ _)0ドテ




ちなみに、

昨日もそうだったのですが、今日も息子の調子はまだまだ本調子とはいえません。

今朝も、いざ出発しようとしたときに「おなかが痛い・・・・」と涙目。。。

ヒー!(`◇´;)今!?と思ったけど、

そこまで深刻にひどい状態ではなさそうだったので

仕方なく連れて行きました。

頼れる人はいないし、いざとなったらそのまま病院に行けばいいし(TT)


というわけで、

どんよりした息子を乗せて、いざ病院!!




到着するとオット母はリハビリ中でした。

転院(退院)の手続きを済ませ、支払いをし、

リハビリルームに行くと・・・

介護士さんに両脇をかかえられ、

マリオネットのように宙吊りで歩いてくるオット母の姿が。^^;


で、オット母、こちらを見るなり 笑顔全開(*゚▽゚)!

誰だか全然わかってないようでしたが、

あまりの笑顔にスタッフのみなさんもビックリです。


私としては、「ばーちゃん誰と間違えてんの^^;?」な感じでしたが、

笑顔で迎えられれば悪い気はしません。

・・・というかむしろ、

そのまま家に連れて帰ってあげたい衝動にかられつつ(T▽T)

終始ご機嫌で穏やかな笑顔のオット母を乗せて転院先の病院へ向かいました。




転院先では、

主治医の先生の説明やら、

看護師さんやリハビリの方との打ち合わせやら、

相談員の方との今後の話やら・・・

もっっのすごく時間がかかりました。。。(0_ _)0ドテ


息子の方はというと・・・

頭痛や腹痛は治まっていたようですが、なにせ疲れきった顔。

早く連れて帰ってあげたいよー、と思いつつも・・・頑張ってもらうしかありません。

可能な限りテキパキ早口で話して(?)いろいろな人との打ち合わせを済ませました。




さて。





その間。





オット母ですが。










不穏全開!!!!





ワタクシ、正直、うろたえました。

これまでに見たことのないほど動揺したオット母でした。

もちろん、もともと攻撃的な人ではないので、

「不穏」と言っても誰かに害が及ぶようなものではないのですが・・・


眉間にシワがより、怒った顔になってます。

自分の(実家の)家族がいない、と名前を呼んでます。

途中、精神状態を見抜けてない看護師さんが採血にきて、

動いたオット母、流血の惨事に見舞われる始末・・・(--;オイオイ




それに。

何と驚いたことに、ベッドで自力で起き上がってました。

寝ている状態から、しっかり座って、腰を浮かせるまで出来てました@@;

「落ち着かないんやね、ごめんね。だいじょうぶよ、お義母さん。」と、

そのたびに寝かせますが・・・・

寝かせても寝かせても起き上がる起き上がる!!

その姿はまるで おきあがりこぼし!おおげさではなく


さすがに柵を乗り越えることはしません(出来ません)でしたが、

見ていた看護師さんもこれでは目が離せない、ということで

大慌てで2本の柵を4本にし、ベッドを壁際につけて、

センサーやら柵やらを使うための同意書を書かされました(;;)


子どもがいなければ、しばらくそばにいてあげたかったのですが、

お昼を過ぎて、引っ張りまわされ待たされ続けた子どもたちも

そろそろ限界です。

ともかく、いったん家に連れて帰ってゴハンを食べさせてやらなくては、

と帰ってきたというわけです。




息子はお昼を途中まで食べて「頭が痛い」と寝てしまいました。

これほど憔悴した息子をふたたび連れ出すのは気が引けますが、

元の病院に入れ歯を忘れてきてしまったのでこのあと

取りに行かなくてはいけません。






というわけで、

今から息子が寝ている間、再び片付けです(--;

昨日、オットが義姉に「明日は無理、息子の調子が悪いので」とメールしたところ

義姉から「なんなら2日ともホテルとってもいいけど?」と返事がきたそうです。

それでも断れないオット(と私)。。。


まぁ、義姉に会えるのは純粋に楽しみでもあるんですけど。

息子さえ調子が良さそうなら、予定通り明日は泊まりに来てもらうことになりそう。

イヤ、実際調子は良くないんですけど、正直やっぱり断りにくいし、

断るほど「ものすごく悪い」というほどでもないし・・・ってとこです。

というわけで、

片付けは済ませておかないとね。。。( ̄▽ ̄;)

ちゅーか、

みなさんは我が家がまだ片付いてないことに驚かれてるでしょうね^^;




それではみなさん、

良い1日をお過ごしください(*^^*)


ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/03/23 14:32】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<オット、イカる(怒)! | ホーム | 現実逃避>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/23 16:22】 | #[ 編集] | page top↑
>ナイショさま

こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)

そうですね、確かに子どもたちにとっては「可哀そう」な状況かもしれません。
でも、子どもたちにとってはおばあちゃんでありおばさんであり。。。彼らの大好きな「お父ちゃん」の母親であり姉であり、彼ら自身にとっても大好きな人たちなんです。
見解の相違かもしれませんが、私は子どもにとって義父母や義姉のことは「関係のないこと」だとは思っていません。
私、家族のピンチは家族で助け合うことが基本だと思っています。
体調の悪い息子にとっては厳しい1日でしたが、頼る人がいない以上家族の一員として頑張ってもらうしかありませんでした。
体調が悪いときこそ母親がそばに、というのもおっしゃるとおりだと思います。
本来なら今回は夫に守って欲しかったですけど、それが出来ませんでしたので・・・仕方がありません。
引け目に思うとしたら・・・もし私の両親のことなら病院に連絡をして「無理です」と言ったでしょう。義理の関係ということで、夫にも義母にも義父にも気を遣って転院を優先させた、無理だと言えなかった、そこは息子に対して可哀そうに、そして申し訳なく思っています。

おっしゃるように、義姉には2日ともホテルをとってもらうのが子どものためを思えば最善なのかもしれません。
でも、親戚はみんな遠くで暮らす子どもたちにとって、「親戚」という存在の人に会えるチャンスは年に1回あればいいほうなんです。
特に義姉は子どもたちの誕生日やクリスマスには必ずプレゼントやカードを送ってくれる人。会わせてあげたいやさしい人なんです。それを考えたら・・・熱がなければ、そしていくらか調子が良さそうなら来てもらってもいいのかも、というのも正直な気持ちです。一緒にお出かけ、というわけには行きませんが。。。
そこの判断に、今も迷いに迷っています。

ナイショさんのご意見、本当に胸にしみました。
子どもを第一に考えなければいけないこと、何よりも優先すべき、いつもそう思っています。だけど・・・私、出来ていないこともありますよね。
頑張ります。

ご意見いただいて、そして子どもたちのことお気遣いをいただいて本当にありがとうございました。
【2012/03/23 18:53】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/250-ff0e27dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。