スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カウンセリング
最近、本気で悩んでることがあります。

それは、

子どもに、とてもきつい言い方をしてしまうこと。

自分で「イヤだ」「やめたい」と思っても、

同じ失敗を繰り返してしまいます(--∥)


きつい言い方がクセになってるような気がします。

こういうのを解消する何かいい方法はないでしょうか。

毎日、夜寝る前に「明日こそは優しく("゚Д゚)!」と思うのですが、

次の日の夜やっぱり同じことを思いながら眠りにつきます。。。(0_ _)0



「カウンセリング」って、どうなんでしょうか。

自分の中で、他のどんな問題に直面しても「ありえない」と思ってた解決方法が

カウンセリングです。

でも、今回は本気で考えてしまいます。



ていうか、カウンセリングって心療内科に行くんですかね?

料金とかどうなんでしょう??

子どもに対するしゃべり方とか、相談内容に含まれるんでしょうか?



そんなことを考えながら、

用意だけして出来上がってなかった息子のための

枕カバーとポシェットを昨日の夜作り上げました^^;

ガンバライドポシェット
↑自分じゃ絶対選ばない生地( ̄▽ ̄;)でもこれがいいんだそうです^^;
中に入ってるものを両手で取りやすいように、フタ(?)はつけませんでした^^
枕カバー1
枕カバー2
↑オモテと裏で別の柄です^^
下のは前仮面ライダーの生地ですだ( ̄ω ̄)残ってたので・・・



こういうものを作りながら

埋め合わせをしてしまうのもどうかと思うのですが。。。(--;)



もう少し気晴らしの時間を作って、

自分をコントロール出来るようにならないといけないですね。

・・・しかし40過ぎて自分のコントロールが出来ないっつのも

まったくもって・・・

なさけな~い!!。゚(゚´Д`゚) ゜。






四十過ぎて惑いまくりのプッチョリーナにポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/02/11 15:40】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<宇宙 | ホーム | 2週間>>
コメント
無理にやさしくしようなんて思わなくってもいいんじゃない?もちろん、感情に任せてどなり散らすっていうのはよくないけど。よくないってわかっていれば大丈夫だと思うよ。それに、ちゃんと愛情は伝わっているものよ。実は私の母もたとえば文章にすればひどい母親の部分もありました。今なら虐待って言われかねないところもあったし、何日も口をきいてくれない時もありました。月の3分の1はどこが悪いのか寝ていたし、それこそ、自分ではなんで怒られるのかわからず、持ち上げてはドスンとおとされるなんてこともあったんです。その時は正直恐怖しかなかったんですよ。ピアノがうまくひけないと叩かれるのは当たり前でした。そのことで父親と口論になって、夜トイレに行けなくなったこともありました。でも、具合のいい時は本当に良い母親で、何でも手作りしてくれたし、女の子は厳しくしつけないとと思っていたようなんです。今でも孫にもヒマゴにもたとえばコップをひっくり返したりするとたたこうとするんですよ。自分がそうするのが正しいと思っているんですね。でも、愛してくれているのは、充分伝わっていました。感情に任せて叱られるのも、必要かもしれません。子どもは今日は逆らわない方がいいななんて思って、うまく立ち回ります。社会に出てからはとっても対人関係でうまくいくようになるかもですよ。
相談するのは地域に子育ての相談とか女性相談なんかやってませんか?電話でもサポートしれくれるところがあるはずです。私もそういうのやった事ありますよ。広報なんかに載っているかもです。
【2012/02/11 18:54】 URL | よしこ #Yw7t2tPM[ 編集] | page top↑
>よしこさま

こんばんは~!
コメントありがとうございます。ご自身の体験も、聞かせてくださってありがとうございます。

よしこさんに励ましていただいて何だか少し安心しました。
「悪かった」と思ったことは、なるべく早く、思った時点で子どもに謝るようにしてるんです。イライラしてしまったりきつい言い方をしてしまったときも、謝って必要があれば説明もするように心がけてはいるんですけど・・・
それでも普段の生活の中で、子どもの感性というか感受性がとても繊細だなぁと感じることがあるたびに、自分の言葉のキツさを反省してしまいます(--;絶対いい影響があるはずがないと思って。。。

子育てサポートや女性相談、チェックしてみようと思います。
ありがとうございました(*^^*)
【2012/02/12 00:22】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/02/12 02:24】 | #[ 編集] | page top↑
ぷっちょりーなさん、こんにちは。

お子さんに、手作りのものを色々作ってあげてみえて、私からしたら、とっても愛情深いお母さんです。
私、手芸とか家庭的なこと苦手で、かろうじて子どものために、料理だけは何とかあんまり手抜きをしないでやっている次第です。

私も、上の子が3,4歳のころまでは、いうこと聞かないでイライラするし、3番目の子が生まれたときも、真ん中のお兄ちゃんが超荒れ狂って、大変でした。
いろんな人に相談したり、元気だった母に愚痴ったり預けてほっと一息したりしました。

でも、一番自分が変わることが出来てイライラが減り、子どもも変わったなーって思うのが、この「抱っこ法」っていうホームページと、それらについて書かれた本を何冊か読んで、実践してみたときです。
納得できたり、目からうろこのことも多くて、私には救いでした。まあ人それぞれあるかとも思うけど・・・よかったら参考にしてみて下さい。カウンセリングもやってますよ。変な宗教じゃないしね!

http://www.geocities.jp/holding86/index.html

ところで話は変わって、今は私よりも、プッチョリーナさんのほうがグランパスに近いところにおりますがね~、うらやましーですよん~、私も別府温泉に浸かりたーーい!!
【2012/02/13 00:34】 URL | 椛かんな #5X5MRA9A[ 編集] | page top↑
>ナイショさま

コメントありがとうございます^^
「10秒こらえてみる」、やってみました!
確かにいったんこらえることで落ち着く自分がいました。
続けていけば「見守る」ことも出来るようになりそうな気がします。
がんばってみますね!ありがとうございました(^^)
【2012/02/13 13:28】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>かんなさま

やっほ~(*^▽^)ノかんなさ~~ん♪
コメントありがとうございます!
私はかんなさんと逆で、料理ちょっと手抜きしてます~( ̄▽ ̄*)エヘヘ

「抱っこ法」のページ見てみました。
すごくわかりやすいし、読んでみただけで心が穏やかになる感じがしました。
検索してみても、いろんなページがありますね!

なんか私、いつも難しく考えすぎていたような気がします。
もう少し肩の力が抜けるといいなぁって思ったよ。
ありがとう、かんなさん(*^^*)

グランパスのみなさん、ホテルにこもりっきりのわけはないので、やっぱりどこかに出没してるんでしょうねぇ(^^)この距離、わりと同じ空気を吸ってるって感じですかね。(ん?・・・これもあぶないヤツっぽい・・・??( ̄▽ ̄;)!?)
かんなさんも、いつかおいで~ヽ(*^▽^)ノ別府の温泉、あつあつでお湯たっぷりで気持ちいいよ~~~♪
【2012/02/13 13:44】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
こんにちは(#^.^#)
忙しい中、小さい子供は思うようには動いてくれないから大変ですよね(~_~;)
わたしは娘が小さいときは、自分が消えました。イラっと来た時に一息飲み込んで娘から見えない階段の影とかに隠れました。それで自分の気持ちが落ち着くのを待ちましたね。とはいえ、そううまくコントロールできない方が多いですけどね(>_<)

ところで、義母のことでテンパって精神状態が悪いときには娘にまで影響していたと思います。上手く寝つけなかったようです。親のイライラって伝染するのかと思います。
その時には娘の前でだけでも元気なフリをし続けてました。そして義母の事でついつい後回しにしていたので、娘の話は手を止めて聞く努力をしています。

もしかしてプッチョリーナさんのお子さんも、お母さんが疲れてるのに影響受けてたりしてないでしょうか?プッチョリーナさんは持病もお有りだったように思うので、無理に元気なフリはきついでしょうが、お子さんに心配をかけずにいれるといいですね。
【2012/02/15 13:43】 URL | niko #-[ 編集] | page top↑
>nikoさま

こんばんは~!
なるほど、いったんその場から離れるんですね。
いいかもしれません。
一応私の中ではそこに至るまでにかなり我慢してるつもりなんです。我慢して、でも言うこと聞かないから「いい加減にしなさいっ!」ってなっちゃうんです。子どもにしてみたら、急に怒り出したように感じてると思います(--;
でも、いったんその場を離れて違う空気をすえば、こちらにも余裕が生まれるかもしれないですね(・v・)
nikoさん、いいお母さんなんでしょうね(*・・*)
何だか伝わってきます。
またお話聞かせてくださいね。
【2012/02/15 22:24】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/02/16 15:25】 | #[ 編集] | page top↑
>ナイショさま
コメントありがとうございます。
ご自身やお子さんの体験談、とても参考になりました。

親の辛さが子どもの行動につながる、という部分も、何だかすごく納得です。
子どもの優しさというか、純粋さというか、子どもだからこそそういう形で表れるのかもしれないですね。
おおらかな気持ちになれるよう、心がけていきたいです。

とても気持ちがラクになりました。
本当にありがとうございました。
【2012/02/17 10:35】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/215-9874888f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。