スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
成長したい
義父の入院は、結婚してから3度目です。

1度目は前立腺癌を摘出したとき。

2度目と3度目は、前回と今回の「肺炎」です。



前立腺癌のときは、

まだ子どもはおらず、私もその頃は仕事をやめていたので

存分に義父母のために時間を割くことが出来ました。

小1時間かけてオット母を迎えに行き、

さらに小1時間かけて病院に行き、送って、帰って、

往復合計4時間近く運転する毎日が続いていました。


当時男性用の尿取りパッドはあったし、義父は使ってもいたのに、

なぜか毎日おしっこまみれの洗濯物があって、

義父の尿はどうしてこんなにすごい臭いなんだろうと思いながら

必死で洗っていたものです。

糖尿病の患者さんって、尿の臭いが強いそうですね。

その頃はそんなことも全然知らなかったので

年をとった人はみんなあんなニオイになるのかと思ってました^^;

バケツについたニオイも取れなくて、退院後に捨てちゃったっけ。。。


とにかく、

この頃は、まだ結婚してさほど時間が経っていなかったし、

付き合いも浅かったので、私も「いい嫁」になりたくて一生懸命でした( ̄ー ̄)トオイメ・・・


それに引き換え、

2度目の入院中は、何と薄情な嫁だったことか。

もちろんオット母が我が家に転がり込んで来ていましたから

義父を見舞う気持ちの余裕などありませんでしたが。。。

それでも、一度も病院に行かなかったのは・・・やっぱりひどいですよね^^;



そして今回。

オット母もいないし、自由に動きがとれる身です。

でも・・・・やっぱり義父のいる病院に行きたくないんです。。。







以前にも書きましたが、

結婚後長い長い時間をかけて

義父は私の中で最も「関わりたくない人」になってしまいました。

度重なる暴言が原因です。

私に向けられたもの、私の母に向けられたもの、私の娘に向けられたもの、

そして、義父の妻であるオット母に向けられたもの・・・

思えば、

義父の暴言は娘が生まれた頃からひどくなっていったように思います。

子どもが出来たことでようやく私たち夫婦が「一人前」になった、

そう言ってました。

それで、それまでの遠慮が取れたんだと思います。

さらに態度が豹変したのは息子の妊娠がわかったときから。

改めては書きませんが、

一生忘れられないようなことをたくさん言われてきました。

それでも・・・オットとの間に波風は立てたくなかったし、

たまに顔を合わせるだけでいいんだから、と我慢して

これまで過ごしてきましたが・・・

入院で距離が近くなってしまった今、

どうしても・・・どうしても心が乱れてしまうんです。


相手は病気のお年寄り。

これまでのことは水に流して、

サポートしてあげるのがスジだとわかっているけど・・・

やっぱりどうしても、あの言動の数々を忘れることが出来ない。

あの顔、あの目を思い出すだけで背筋がムズムズして、

胸がドキドキして息苦しくなる。。。



それでも。

それでも、あの人の人生は、もう残りわずか。

今サポートしなかったら、自分の中で悔いが残るんじゃないだろうか。

そう自問します。

でも、答えは「それでも許せない」「悔いなんか残らない」。。。



そんな自分が、今とてもイヤなんです。

幼稚でくだらない感情です。

義父の元に通う勇気が欲しい。

笑顔で洗濯物を取りに行き、しばらく話相手をして、

それじゃあまた来ます、と帰って来たい。


でも・・・

どうしてもそんな気になれない。。。。






一昨日オットから「癌の疑い」の話を聞いて、

「支えてあげるべきじゃないか?」気持ちがさらに強くなりました。

その思いがグルグルまわります。


義父は、生い立ちに問題があります。

そのことはいずれ機会があったら書こうと思いますが・・・

義父があんな風なのは義父のせいじゃない、という部分もあるんです。

そして、今は病気であんな身体になってしまった。




成長したいです。

義父のこれまでのことなんて、全部許せる寛容さが欲しい。

あんなことくらい、と思いたい。

だって、義父は今病気でとても苦しんでいる。

妻は認知症を患い、脳出血を起こしてしまった。

もう一緒に暮らすことは出来ない。



・・・と書いて、やっぱりここで「本当に出来ない?」と思ってしまいます。。。



そんなお年寄りに、まだ「許せない」なんて言ってる自分がイヤ・・・



成長したいです。。。




















クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/02/08 08:00】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<うれしい | ホーム | 食道癌の疑い>>
コメント
今日のブログ私の代弁をしてくれてる
みたいでした。

義父のいる老人ホームに行けないんですよね。行きたくないし、義父の帰宅願望の
あれこれなんて聞きたくない。
でも、長男の嫁だし、少しは顔をみせないと、と思うけど体が動かない。
三男のお嫁さんは一度も行ってないのに、
私だけ、変な罪悪感に苛まれてます。

お互い、辛い所ですね。
先日、きんさんぎんさんのぎんさんの方の
お嫁さん時代の記事をみました。それはそれは壮絶な嫁姑戦争でした。
暴言なんて日常茶飯。
でも、それを克服したから戦中、戦後の
混乱も乗り越えることが出来たと言っていました。

反省しきりです。はい。
私も強い精神、持ちたいです。
【2012/02/08 10:57】 URL | かのん #-[ 編集] | page top↑
亡義父の入院の付き添いがなぜできたんだろう?と思い出していました
まぁ過ぎたことなので思い返せるのですがね‥
「あんなに気に入らない嫁だったのに‥この人はどんな気持ちでお世話されているんだろう?」
なんて気の毒に思ったのは確かです
他のベッドは奥さんが甲斐甲斐しく付き切りでお世話しているのに惨めでしたよ
「私で気に入らないならどうぞ叔母たちでも家政婦さんでも呼べばいいわ!」ってくらいのこと考えてお世話してました
とってつけたような「ありがとう」でさえ誰かが居る時にしか言わなかった義父です
臨終間際にのた打ち回って苦しんだ亡義父は、背中をさすってくれ!と私に頼みました
ダンナがさすっても効かなかったのでしょうね?息子の手を払いのけて私にさせました
気に入らなかった嫁に背中をさすられながら天国か地獄かに旅立ちましたよ
あんな義父とは同じ土俵にはのりたくなかった‥正直な気持ちです

一歩引いて‥ 種を蒔きましょう♪
その種は子どもに花を咲かせるんだそうです
私はその言葉を信じていたんだと思います
でも 無理はしないでね!
【2012/02/08 11:08】 URL | i-yon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
わかり」ます。その気持ち。結婚当初は「いい嫁」しなくっちゃって、それに、やっぱり若かったんだと思う。これが嫁の義務、やらなくてはならないことに、昔風に言うと、「仕えること」ができました。幸い、ウチは夫の両親二人とも、丈夫で、まあ2週間ぐらいの入院はありましたが、たいしたことなく、洗濯もまあ、通常の物だし、ご飯がなんとかっていっても、近いところだったので、お見舞いに行くときに「義理で」届けて、帰りに荷物を持ってくるで済みました。でも、今本当に、特に夫の母に嫌悪感があって、たぶん、もし、入院とかってなっても、洗濯とがやりたくないって思う。だって、私が寝込んだ時も洗濯かごをかき回して、私と娘のものだけよけて、洗濯してくれたんですよ。食器も同じです。自分たちのものだけ洗って、私のはよけてあった。それなのに、やらなければならないの?って思っちゃう。
そうなんですよ。大人になって、そんなこと乗り越えてって思うんですけど、いまさらながら、そうしようと思えば思うほど、気持は逆に行ってしまいます。
お義母さんの事もあるので、役割分担って感じでされればいいんじゃないですか?ウチのオット、私の実家の父親の亡くなる前入院した時も、ほんとに一回だけ顔を出しただけ。世話なんかしなかったし、お葬式だって何も手伝ってくれませんでした。だから、同じことをあなたの親にしますよっていってあります。それが通るならね。いいよね、男はそれで通るんですから。嫁はそんなことした日にゃ、追い出されますから。まあ、追い出された方が私は今は楽ですから、はいさよならです。
でも、ご主人はホントに限度に頑張っているんですよね。嫌いなお義父さんとは、思わず、「気の毒な他人」と思えば楽かもしれないですね。正直、そう思えないから困るんですけど。
すみませんm(__)mなんの慰めにもならないですね。でも、気持ちがわかる人が、いっぱいいるって知ってほしいです。
【2012/02/08 16:57】 URL | よしこ #Yw7t2tPM[ 編集] | page top↑
大嫌いな相手が、明らかに自分よりも弱い立場になったとき・・・
手を差し延べない自分に罪悪感が湧きますね。
こちらにもそれ相応の理由があるとしても、です。
プッチョリーナさんの気持ち、痛いほどわかります。

たかが「言葉」と言ってしまえばそれまでですが、人間ですからね。
「言葉」が「心」に大きな影響を与えてしまうのは当然のことかとも思います。
あまり自分を責めないでくださいね。
わたしはそんなとき、(良くも悪くも人間らしい感情だなぁ)と思うようにしています。
なにも解決はしませんが。(--)
【2012/02/08 19:47】 URL | naonya #Fnz/PBGI[ 編集] | page top↑
>かのんさま

こんばんは~!

克服したあとには、きっと大きなものが残るんでしょうね。
何となく、それもわかるだけに自分の根性のなさに泣けてきます~^^;

強い精神を持ちたいですね。
持てるチャンスなんですけど^^;
お互い頑張りましょう。
【2012/02/09 00:16】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

こんばんは~!

同じ土俵にのりたくない、そうですね。。。
何とも思わないフリをしてひとつ上のレベルに。
そしてこの感情を克服することで得られるもの、それは私だけのものではないということですね。

無理せず、頑張っていきたいと思います。
また助けてくださいね(*・・*)
【2012/02/09 00:22】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>よしこさま

こんばんは~!

「嫁」って、明らかに「妻」とは違う響きですよね。
病院でも「お嫁さん」って言われます。
確かにそうなんですけど、言葉の下に何か無言の圧力を感じます^^;
被害妄想ですかね~。

何の慰めにもならないなんて、とんでもないです。よしこさんのコメントにはいつも励ましていただいています!
同じ境遇の人や、気持ちをわかってくれる人がいる、ブログに来てくれてるっていうだけでも本当に救われます。

何とか頑張ってみようと思います!ぼちぼちですけど^^
【2012/02/09 00:31】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>naonyaさま

こんばんは~!ヽ(*^▽^*)ノ
お元気ですか?

ときどき、義父の言葉が「そんなにまでひどい言葉だったのか?」と思うことがあります。
それほどまでに嫌がる自分が器が小さいだけではないのか。
何もかも、自分の根性が足りないだけではないのか??

でも、自分を否定しないようにします。
これまでも、今も、自分のことがどうしても好きになれなくて、うまくいかないことが全部自分のせいのような気がすることがよくあります。
でも、強い母親になりたい。それに、人間らしい感情を否定しちゃダメですよね^^
なるべく無理をせずに一歩ずつ進んでいこうと思いました^^
ありがとうございます。
【2012/02/09 00:38】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
こんにちは
プッチョリーナさん、私には子供がいません
たぶんこれからも

つまり、子供の世話があるからというわけではないのに、義親に対して「つきっきりの介護は無理」って思うのは私のわがままなのかな、って思う時があるんです

結婚したてで、今介護も加わって、主人と2人の時間も制約されてくる
でも、ましてやこれ以上究極には「つきっきりの介護」をしたら、たぶん私は自分の人生を侵されている感覚になってしまい、精神的にもたないと思う
自分たちの老後の資金のことも考えて、これからまた再就職しようとしている私は「鬼嫁」ですかねぇ?(^。^;)

義親も誰が悪くて老いて病気になったわけではないのだけれど
状況を受け入れられずにいる自分を未熟だなぁと感じます
【2012/02/11 08:46】 URL | メイ #-[ 編集] | page top↑
>メイさま

おはようございます!

確かに子どもがいないなら介護「すべき」という風潮というか雰囲気は世の中にありますよね。「わがままなのかな」って思ってしまうメイさんのお気持ちもよくわかります。
でも、私は世の中のそういう考え方は違うと思っています。
その人の人生はその人のもの。子どもがいようがいまいが、それによって何かを強要するのはおかしいですよ。
問題はメイさんがどうしたいか、どうすべきと思うかだと思いますよ^^

結婚後すぐに同居、介護をされてきたメイさん、すごく立派だと思います。
その経験を踏まえて今後の人生をメイさんが選んで進んでいけばいいと思います。
ご自分たちの老後を考えてお仕事をする、というのも立派な人生計画だと思いますよ。
【2012/02/11 10:58】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/212-6f24dce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。