スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こたつ一時撤去( ̄▽ ̄;)
オット母ですが。

こたつがあると動かなくなります。

普段は20分おきに行くトイレにすら、一度も行きません^^;

デイケアから帰ってくるとしばらく自室で過ごしますが、

その後「はぁ~あ♪」とやってきてこたつに入り、

ご飯が終わっても寝る時間になっても出ません。


こたつにまっすぐ座るわけではなく、

横座りやら寝転んだりやらしますので、

私としてはオムツからおしーこが漏れるのが心配。

座布団置いてますけどちゃんと座ってないですからねぇ。。。


で、何が困るって、

オット母がリビングに居座ると、

パソコンに触れないのが困ります^^;

だってパソコンを始めると

「なんや忙しそうやなぁ~」

「一生懸命働いて」

この二つのセリフを1分ごとに繰り返されるからです^^;



というわけで、昨日は

こたつ強制撤去!!

だって、お仕事があったんだも~ん。

ベランダに干してテーブルだけの状態にして、

部屋もオット母の和室の方をガンガンに暖めて

リビングはほんのり暖かい程度にしておきました。



まぁ、オット母をリビングから遠ざける作戦なのは明白ですし、

本人も何となく察したかしら?(^_^;)こたつがセットされるまでは

自室で過ごしてましたので、場合によってはこれも

「虐待」なのかもしれませんが・・・^^;





いや~、しかし、こたつは罪ですなぁ。

本当は夕ご飯のあと長時間居座られるのは

私的には結構ストレスです。

出来るだけ早く寝て欲しいなぁ~と祈るのですが、

こたつがあると離れません。

眠くて目が閉じて床スレスレまで倒れてても、

「そろそろ休まれたらどうですか?」と言う誘いには

絶対乗りません^^;

こたつの暖かさと、家族の団欒がオット母をそうさせるんでしょうけど、

私だって家族の団欒、少しの時間でもいいから欲しいよ~。




こたつ、あったかいけど、エコだけど、

オット母がいるときはネックですわ( ̄ー ̄;)









というわけで、

今日はクリスマス関係の買い物や銀行の振込みなどなどに走り回りました。

今から子ども二人連れて、下の子のクラスの食事会です。

そういえば幼稚園も学校も、終業式ですね。

少しだけ長めの冬休みです。

お母さん方、子どもの散らかし作戦にめげずに、

頑張ってお片づけをしましょう~~~(*`ω´)ノ!!




では、行ってきまーす!




クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2011/12/22 12:42】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<落ち込んだ・・・ | ホーム | オバハンというだけで>>
コメント
すごくわかります‥
そこに居るだけで雰囲気がね‥(汗)
我が家であって我が家でなくなるんですよね‥

以前にブログに書きましたが、うちの母にはコタツで寝ることを禁止しました
寝転ぶのならベッドに寝てね!と宣言しました
テレビを見るのなら座ってみてね!です
実家では日がな一日コタツで寝転んでいたので、あれを我が家でやられるのがイヤだったんですw

コタツ撤収作戦!を続けられてはどうですか?
寝転ぶなら自室で!
言葉では通じない分 実力行使もやむなし!だと思います
【2011/12/25 19:06】 URL | iーyon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

おはようございます~!
わかっていただけますか??
よかったー、非情な嫁と思われるかと思いました~^^;
いつもいつも視界に入る位置にいられると、やっぱり心が休まらないと言いますか・・・^^;
出来ればオット母の部屋にもこたつを置いてあげたいですけど、それはそれでちょっとイメージ悪い気もして。。。ネックになってます。

こたつ撤去作戦、続けたいのは山々ですが、こたつ・・・捨てがたいぬくもりです(*--)
【2011/12/26 10:07】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/166-c1482301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。