スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オット母の言葉に傷つく
義父が退院した日、

オットや私のいる横でオット母に向かって言ったことがあります。

「こない歩けんようになってしもうて」

「あ~あ~もう、ダメダメやんか」という軽蔑したような、あきれ果てたような、

そんな口調でした。

もちろん、やさしいことは言いたくても言えない(?)義父のこと、

オット母に対して「苦労かけたな」という気持ちも入っていたと思います。


でも・・・被害妄想かもしれないんですけど、

入院しているちょっとの間にこんなに歩けなくなったのはうちにいたから

私にはそう言っているようにも聞こえました。

その後、オットに向かって義父が言った言葉でその印象はさらに濃くなりました。

「お前の家におったらばーさんダメになるだけ」


オット母が我が家に来てから、

私なりに「認知症」という病気について勉強してきたつもりです。

『こんな言葉は言わないようにしましょう』

『こんな行動にはこんな理由があります』

『こんなときはどうか怒らないで』

理解し寄り添う・・・

現実的ではないように思えるアドバイスも、

それでオット母の気持ちがラクになるのならやってみよう、

そう思いながら過ごしてきました。

義父が退院したときに

「お前の家におったおかげでばーさんずいぶん良くなったわ」

と言ってもらえるように頑張ったつもりです。



だから義父の言葉にはとても残念な気持ちになりましたし、

デイケアなんか意味がないという考えにも賛同出来ませんでした。

義父はわかってない、と感じました。

現にオット母は我が家に来て4ヶ月の間に

状態が良くなっていましたから。。。



それでもやってきたことに間違いはない、という確信もありましたので

本心では義父の言葉も気になりませんでしたし、

義父の相手をするつもりもありませんでした。






ところが。

昨日、オット母がこう言ったんです。

「ここにきてからすっかり悪くなってしもうて」

多分、オット母は義父と同様、私やオットを責めるつもりで

こんな言葉を言ったわけではないと思うんです。

単に、「迷惑かけてごめん」「最近調子が悪くてね」

くらいのニュアンスで言ったんでしょう。。。


でも、何だかすごいこたえました。。。



オット母が、義父の元に帰りたがらないのも調子がいいのも

うちにいたからだ、そしてオット母自身もうちにいたいと思っている、

と思っていましたから。。。



義父の言ったことなら、

「どうせ義父の言ったこと」と思えます。

でも当の本人が

「ここにおったらダメになる」と思ってるんだとしたら。

うちにいる意味があるんだろうか?と思いました。


「迷惑ばっかりかけて」

「そろそろ帰ろうかと思う」

「ずっと世話になるわけにもいかない」

いつもオット母が口にするこういう言葉も

「ここにはもういたくない」の裏返しなんだとしたら。。。

さらに昨日は、

「お父さんに電話して迎えに来てもらおうか」とまで言いました。

・・・

。。。(0_ _)0ドテ





どうなんでしょう。

たとえ、認知症の対応マニュアルに沿って

「進行を遅らせる生活」を我が家で送れたとしても、

本人が「ダメになる」「ここにいたくない」と思ってて、

義父(配偶者)も「ダメになる」と思ってる。


「本当はそうじゃないよ、こうすることがいいんだよ」という説得は

出来るでしょうけど、それが果たして義父母のためになるだろうか?

他人の言うことは受け入れない義父、認知症の義母。

たとえ息子であっても「他人」から口出しをされず、

ふたりが思うように暮らす道を選ばせることが

彼らの望むことだとすれば・・・

それが(極端な表現ですが)「死に向かって一直線」の道だとしても

好きにさせてあげる方がいいんじゃないのか??なんて。

口出しされることを望まない人に、たとえそれが正論だとしても、

口出しをすることが必ずしも正しいとは限らないことがあるのではないか。

(ややこしいですね^^;)なんて思ってしまうのです。




そこは、オットと話そうと思っています。

オットが言うように、オット母は義父の元に帰すのが

結局一番いいのかも・・・とも思いました。

本人がそんな気持ちでいるなら早い方がいいのかもしれない・・・。

一方で「そんなはずない」と思う自分もいるんですけどね。。。



どう最期を迎えるか。

健康な人ならある程度の選択が可能です。

でも、認知症の人は必ずしもそうではありません。

ましてや、本音を押し隠して生きてきたオット母の望みは

私には知る由もないし・・・想像すら出来ません。



ここから先は、オットと義父母が決めること・・・なのかな。

でも義父はこれまでオット母に意見や希望を聞いたことがない、

「お前からばーさんに聞いといてくれ」と言ってる。

オットは「あの人たちの考えることはわからん」と言う。



なんだか、やっぱりオット母が気の毒なんですよね。。。




義父と、オットや義姉のために一生懸命生きてきたオット母。

認知症になって、どう過ごしたいか、どう最期を迎えるのか、

何も決めることが出来ず、決めてくれる家族もいない。。。

そんな風に見えてしまいます。







人生をどう過ごしたいか、どう死にたいかなんて、

健康で若いときには考えることではないかもしれません。

今の私のように、日々の生活に追われているときにも

なかなか考えないことです。

現に今、

「あなたはどういう人生を送りたいですか」

「あなたはどういう最期を迎えたいですか」

なんて聞かれても、答えに困ってしまいます。

でも、ときどきでもいいから、

「自分はこの先どう過ごしていきたいと思っているか」

という問いを自分に投げかけて、

今の自分はどんな自分か、これからはどう進んでいきたいか、

自分の中で確認をしておいた方がいいなぁ~って思いました。




がんばって家族のために生きているうちに

ただ何となく時間が過ぎていって、

気付いたら自分の道しるべを失っていた、

オット母を見ていると、

人間として・・・残してきたものさえ失う・・・

あえて言えば、そういう「恐怖」を感じます。


それもまた人生、なんて考えもあるでしょうが。


最後まで自分で選択出来る、そんな人生を送りたいものです。










まぁ、義父母に比べればまだまだヒヨッコのワタクシ。

学ばせてもらいながら暮らしていけること、

幸せに思わなくちゃいけませんかね~(* ̄▽ ̄)










今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました(^^)
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/12/18 11:03】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<つぶやき | ホーム | 雪見>>
コメント
プッチョリーナさんこんにちは~!
いやあ読んでて、我が家の場合とそっくりです(でした?)

父は、母のことお前のところ来て悪くなったって、私にも真顔で言うし、私のいないところで周りに言いふらしてましたから・・・
母は、まだ軽度の時、我が家に何泊かとまりに来ては帰る、という生活をしていたときに「父さんに悪いで帰るわー」って言ったことあります。今でも私も、よく認知症になっても住み慣れた場所で、なんていうフレーズ見たり、母の友達が一人もいないのを考えると、これでよかったのかなって思います。

でも私が中距離介護してたとき(週2ほど日帰りで行っていた)、老夫婦二人暮らしの家はそれはひどいものでした。こまめな男の人ならまだしも、家事が出来なくなった妻を介護しながらの生活の維持なんて出来てなかった・・・ごみ屋敷ならぬくそ屋敷でしたよん。
まあその時私も正義感溢れて若かったので?!強引にうちに連れてきちゃったけど、通い介護でなくなり、介護サービスも思うように使えるようになって、ラクにはなりました。だから母に関しては、まあ今の選択でよかったかなとも思うけど、父に関しては・・・こちらが良かれと思ってやったことが、決して本人の幸せにならなかったし、それこそ野垂れ死んでもよいから実家で暮らす方法を考えればよかったかな、とも今でも思います。本人の人生だもの・・・それはすごく私も思いました。ただ私は自分に降りかかることを考えると、悪化するのは目に見えているし、悪化したときにどうせ連絡来るのはうちだし、またそのときの先を考えるのも手配するのもうちだし・・・中距離介護で通うことになるのも私だし・・・と思うと、父を実家に戻すのは踏み切れなかったですね。
プッチョリーナさんのところは、まだお義父さんもお義母さんもなんとか介護保険をフルで使えば行けそうと思います。そんなにおうちが離れていないのかな?どのくらい手伝うことになるとか、今後のことも含めて、ですよね。きっとプッチョリーナさんのことだから考えていると思うので、じっくり旦那さんと話し合ってみて下さいね。それでは、長文失礼しました~!



【2011/12/18 13:21】 URL | 椛かんな #5X5MRA9A[ 編集] | page top↑
子どもが小さいってだけでも同居は無理です!って理由になると思う
それでもここまで頑張ってきたのがちっとも伝わらないのは脱力ですね‥
プッチョリーナさんがどんだけ頑張ってきたかは、ここでみんなが知っていること!
何にもわからんと勝手なこと抵当に言わんといて(怒!)
って 私なら暴れまくってるかもです

今後どうしていきたいのか‥?
今回のオット父母さんの言葉から推し量っても明らかな気がします
そこまで言われては仕方ないですよ‥
いけるところまで老老介護もありなのかもしれません
そこへ行かないと辿り着けない結論なのかも‥
余計にややこしいことも予想しますが‥案外早い展開が待っているかも?やし
もう その時がきたらその時に考えるしかないやん?

私っていつもそうしてきたんかなぁ‥w
巻き込まれて振り回されて もうクタクタになってた‥
なかなか思うように行かないのが人生だと思うねん
それでも小さな幸せに感謝しながら笑顔を大事に過ごしたいと願っています
【2011/12/18 15:40】 URL | iーyon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
>かんなさま

こんにちは~!
いつもありがとうございます(*^▽^)ノ

かんなさんの体験談、じっくり読ませていただきました。
どういう道を選ぶのがいいか、難しいですね。みんなが納得する答えを見つけるには時間がかかりそうです。。。
ただ、かんなさんのおうちと同じように「結局のところ我が家にまた話が戻ってくる」のは間違いないわけで・・・
私としては今よりひどくなって「やっぱりまたお願い」ってなるくらいなら、なるべく身に降りかかる火の粉は少なくなるように手を打っておきたいわけです。
もちろん夫が「今後はうちでは看ませんよ」と言い切るなら別ですが、それは無理ですもんね^^;
ちなみに我が家から実家への距離は車で片道小一時間くらいです。
だから介護保険の枠で使えるサービスは全部使って、ときどき通い介護という形をとればまぁまぁ(今なら)やっていけるかな。
夫はこの件に関しては「とりあえずリセット」が口癖で、今後のことはあまり口に出しません。私としても、また改めてそのときに考えよう、というよりは「どういう方針か」くらいは決めておきたいんですけどね~^^;

なんとか頑張って話し合っていきたいと思います(`・ω・´;)v
【2011/12/19 12:27】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

こんにちは~!

あたたかい言葉、ありがとうございます(;;)
脱力、そうですね。その感じがピッタリでした。
夫は今回のことを話したとき、「オレらがどんなに頑張って、たとえば5年寿命が延びたとしても、今の状態の生活やったらあの人らは喜ばんやろ。『つまらん』と感じる5年より好きなように1年生きる方が納得やろうよ」と言い放ってました。夫の言葉のなかに「何とか頑張って少しでも寿命を延ばしてあげたい、少しでも長く一緒にいたい」という響きは感じられなかったですね。でも愛情がないというわけではなく、両親のことを多分わかってるからこそ出てくる言葉のように感じました。
義父母の考え(望み)も、夫の言う通りなんでしょう。

『そこへ行かないと辿り着けない結論なのかも‥』多分、そういうことなんだと思います。
ただ、この問題に関しては私と夫の間では「考えてることはわからんわ」っていうのはナシにしておきたいですからね。
「方針」くらいは意思統一しておきたいのです(`ΦωΦ´;)

でも、i-yonさんはい~っぱい頑張ってこられたんですもんね。小さな幸せに感謝したり、笑顔を大事に出来るのは、苦労を知ってる人だからこそなんだと思います。
私もそうなりたい~!と思いながらも、そのためにはやっぱり苦労しないとダメ?と身もだえしております^^;
【2011/12/19 12:40】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
はじめまして・・・
やさしさを感じられるブログです^^

私は、同居している介護度5認知症の実母を毎日イライラして叱り飛ばしては自己嫌悪に落ち、
疲れ果てています。

母とはまだ半年ですが、すでに限界・・
今月になって特養の10施設ほどに申し込みました。
介護保険を満額使って、他に数万円はプラスしてますが、たりません。
週3回の訪問看護師さんの分や、週1の入浴など、けっこうかかります。

認知にとって、デイサービスやショートステイは本人のリズムもなおさら崩れるような気がして
使う気になれません。
でも、長く介護する場合は、介護者のために必要なことかも・・・。

義父母は早くに亡くなり、介護の経験は実母ひとりなのに、自分の持病もあって、本当にだめです・・

皆さんのブログから元気をいただいています。
でも、ストレスは病気をおこすから、くれぐれも気をつけてくださいね~

【2011/12/19 20:43】 URL | みどり #/.OuxNPQ[ 編集] | page top↑
はじめまして。こんにちは。
どうしたら良いのか・・・答えは無いものですもんね。
姑さんのこれからのことを思うと不安ですよね。だからこそ側に置いて面倒見てあげたい そう思って今までやってこられたんですもんね。
きっと自宅に帰れば 進行するでしょうね。その不安もあることでしょう。
本人の意思確認が確かなもので無いことがネックですが、
自宅に戻って 今まで通りの生活を送る方が本人にとって幸せか。。。このままの生活を送り少しでも穏やかな時を過ごさせてあげるかで悩まれて居られるんですね。。。
 
私は進行という犠牲を払って 元ある生活を充実させてあげるほうをとるかな。
義父とは 上手くいってないようで 夫婦ですもの・・・心地好い場所なのかもしれませんよ。

勿論 お母様の状態 お父様の協力度によって 一変するかと思いますが・・・ その時 また引き受けることもありかと思います。

うちは 姑のお世話をしていますが 未亡人でして。いつでも娘さんを追いかけてるのに(徘徊も娘さんに逢いに行くと言うことが前提でしたので) こちらに引き取ったことが辛かったです。娘さんが引き取ってくださるのが一番でしたが 叶わなかったので。
環境の変化に対応出来ないので 本当は避けるべきことでしたが しばらくの間は 娘さんの所に送り出してあげたこともありました。(帰宅後は大変でしたよ)

帰してあげれるのは 今しかないかも・・・・
いづれは それも叶わぬ夢になると思います。

あまりにも姑さん思いで とても悩まれてたので 余計なお世話かと思いましたが 自分の経験も含めて コメントさせて戴きました。
失礼致しました。
【2011/12/19 21:13】 URL | chieno #-[ 編集] | page top↑
>みどりさま

はじめまして!
ご訪問&コメントありがとうございます。

介護度5のお母さまのお世話、きっと大変な毎日をお過ごしのことと思います。

確かに、認知症患者さんは生活のリズムを崩さないことが大事だと聞きます。
うちの場合は、ほぼ毎日通うことで逆にリズムを作ることが出来ましたが、それも介護度が軽く身体が元気だから出来ることだと思います。
数万円もプラスで、しかもデイもショートも利用出来ていないとなると、介護されるみどりさんは心身ともに本当に大変だと思います。。。。
みどりさんはご自分の持病もあるとのこと、どうかご無理をなさらぬよう。
特養の件、うまくいくようにお祈りしてます。
【2011/12/20 10:09】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
>chienoさま

はじめまして!
ご訪問&コメントありがとうございます。

>義父とは 上手くいってないようで 夫婦ですもの・・・心地好い場所なのかもしれませんよ。
きっとそうなんでしょうね。。。だって長い長い間夫婦だったんですもんね。そこは私なんかには考えも及ばない二人の世界があると思います。
それに・・・客観的に考えて、やっぱり私もchienoさんのおっしゃるように「進行という犠牲を払って元の生活に」という形が良いのだろうと思います。
居心地の良い場所、というか、すっぽりおさまる場所がその人にとって一番いい場所なんでしょうね。

帰してあげられるのは今しかないかもしれない・・・chienoさんの経験をふまえたお言葉、とても心に重く響きました。
義母が・・・たとえ病気のためにたくさんのものをなくしてしまったとしても、居場所も、気持ちも、出来る限り「抵抗(摩擦)のない状態」でいられるよう助けてあげられれば・・・と思います。出来ることは限られるかもしれませんし、それほど頑張って尽くすような嫁でもありませんけど・・・(^v^;)(決して「姑思い」なんかではありません^^;)
本当にありがとうございました。

P.S.
chienoさんって、ひよこさんのお世話をされているchienoさんでしょうか。
間違っていたらすみません。
「認知症ひよこさんと子育て奮闘中の嫁」のchienoさんでしたら・・・いつも拝見してます^^
【2011/12/20 10:28】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
プッチョリーナさん こんにちは。
しばらく・・・ご無沙汰していました。

事故・・・かなりショックだったことと思いますが 前向きに頑張っってるお姿、関心しました!

お義母さま 進行されていらっしゃいますね。
今が一番 葛藤の時だと思います。ご本人は。。。 それを汲み取って対応されていて 頭下がる思いでいます。

お子さんのこと・・・ 我が家とは 少し年齢差もあって 感じ方も異なるかと思いますが。
うちは 友達を呼びました。呼んでくれてホッとしました。隠したいかと思っていただけに ビックリしました・・・・
確かに臭いや 行動に こちらがタジタジしてしまうことが多々ありますが 意外と子供たちは受け入れられるモノかも知れません。
自宅に帰って 変なおばあちゃんが居てた!なんて言うかも知れませんが 大人になるほど 気使いや遠慮がでてくるもので こどもは素直で案外 サラっと流すかもしれませんよ。

子供とダンナと義父と義母と・・・・・
常にお気遣いなさってるプッチョリーナさんなので 苦しい思いされていらっしゃるんでは無いかと感じていますが どうか、1人で全てを抱え込まないようにしてくださいね。。。。。
 
偉そうなコメント ごめんなさいね。

追:私、「ひよこさんの嫁」です!
訪問ありがとうございます。
【2012/01/06 11:13】 URL | chieno #-[ 編集] | page top↑
>chienoさま

こんにちは!
ご訪問&コメント、ありがとうございます!

私、chienoさんがコメントに書いてくださった「今しかないかも」という言葉がとても頭の中に残っているんです。

これまで、義母のことは、好きだし同情もするけど、やっぱり赤の他人なんだと思っていました。それは今も変わりません。過ごしてきた時間が短すぎる。だから、どうしたいかなんかわかりっこない、と思うんです。
ぶっちゃけて言えば「どうなっても知らん」という気持ちもあります^^;
でも夫や義姉が口をそろえて「母が認知症になったのは父のせい」と言っているのを聞くと・・・私だけじゃなく、実の子どもですらそう感じているのなら、やっぱり義母にとって義父との生活は良くないのではないかと思ってしまう。
そんなときにchienoさんがおっしゃった「今しかない」という言葉。スーッと自分の中の凝り固まった何かが肩からおりる感じでした。
やっぱり長年の夫婦は、そうは言っても一緒にいるのがいいのかもしれない。
「いるべき場所」がうちじゃないのは確かだと思いました。そういうこと全部がお正月の義母の「やっぱりうちは落ち着くわぁ」という言葉に表れてるような気がします。

chienoさんは私のことを「義母おもいだ」とほめてくださいますが、全然そんなことないんです^^;ただ、女性として義母の人生が「気の毒」に思えてしまって。多分、本当のところはそれは的外れな同情なんだと思います。

偉そうなコメントなんて、とんでもないです!!!
chienoさんのこれまでの生活を思えば、私のやってることなんておままごとだと思います。
chienoさんこそ、本当に大変な思いをされてて・・・頭が下がります。
ちなみに、私chienoさんって年上の方だと思ってたんです。だって、文章も落ち着いてらっしゃるし、手厚い介護を投げ出さずにされている様子が・・・とても私よりお若い方とは思えず。。。そういう考え方も含めて、本当にお恥ずかしい限りです。
chienoさんだからこそ、の言葉をいただけてうれしかったです。これからのいろいろな問題に正面から向かっていけたらいいなぁと思います。
子ども同士の問題も、考えてみたいと思いました。子どもの方が頭が柔らかいのは間違いないですもんね^^

chienoさんこそ、ご無理をなさらぬよう。いつもブログを読ませていただきながら「そんなにしてあげなくてもいいのに~~~」と悶えております。
どうか、ときどきは自分のためだけにゆったりとした時間をお過ごしください。
陰ながら応援しています!
【2012/01/06 16:50】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/162-4cfde409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。