スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ケアマネさんが頼れなくなった!?
さてさて。

介護が必要な人が身内にいると、

同じく必要になってくるのがケアマネさん。

世の中の多くの人は、「介護」のことなんて知識ゼロの状態から

お世話を始めなくてはいけないことがほとんどだと思うので、

ケアマネさんの存在は大きいですよね。


うちのケアマネさんですが、

他のケアマネさんのことは知りませんが、

まあ頼りになる方だと思います。


50才くらいかな~???

見た目は、小柄で細い人で美人さんです。

いつもこざっぱりした格好ですが、

服装や持ち物などの身だしなみには細かいところまで

ちゃんと気遣っている様子が伺えます。

何ヶ月も美容院に行ってない私と違って^^;

髪型もお化粧も、いつもきれいにしている人です。


話すときは、

落ち着いてゆっくり、というタイプではなく、

テンションが上がって、わりとあれこれしゃべる人です。

早口ではないのですが、ハスキーな声で、

一度にたくさんのことを話します。


話すスピードや量や内容は、

相手が「頭のはっきりした若い人」か

「頭のはっきりしないお年寄り」か、

彼女によって分類されて、それによって違ってきます。

誰かれ構わずテンション上げ上げってわけではありません。

私は前者と判断されてるようで、

いろんな話をたくさんしてもらえるのですが、

実は私は、彼女の分類にはない「頭がはっきりしない若い(?)人」なので

ときどき話に付いていけないことがあります^^;



ただ。

やさしくて頭が良さそうな感じですごくいい人だと思うのですが、

それだけに相手に気を遣いすぎるところがあるような気がします。

なので、少し奥歯にものの挟まったような言い方をしたり、

どれもこれも否定しないまま話をしたりするので

「結局どうなの?」とわかりづらいことがあります。




それでも我が家の状況をすごく心配してくれてて

とにかく「負担のないように」ということで

いろんなことを教えてくれた人なので、

今後もお願いしていきたいなぁ~と思ってるのですが。。。



先日、このケアマネさんが、

義父の逆鱗に触れたそうなのです。。。(0_ _)0ドテ

私は怯えた(?)ケアマネさんとオットが電話で話した後、

一方的な話を聞いただけなので、ことの詳細はハッキリしないのですが、

オットによれば、

ケアマネさんと義父の間で日程に関する話のいき違いがあったと。

義父が病院にリハビリをしに行ったのに、

担当の先生が休みでリハビリが出来なかったらしいのです。

結果、義父が激昂したそうで。


オットに言わせると「どっちもどっち」という感じのようです。

義父は「自分が出来る」と思ってるから人の話を聞かないし、

ケアマネさんの方も、あれこれ気を遣ってハッキリしゃべらないし。

義父みたいなタイプには必要なことだけを言っておけばいいのですが、

そこがうまくいかなかったようです。

どうやら、

威張って人に気を遣せるタイプには、ケアマネさん弱い様子。。。



さらに、

「年末年始にショートを入れてる件」について、

どうやら義父がケアマネさんにクレームを付けたようなんです。

ケアマネさんが「それが息子さんの希望ですよ」と言えばいいものを、

嫁である私が日程希望を出してるせいで「お嫁さんが・・・」とは言えず、

気を遣ってクレームを黙って受けてたらしいんです^^;




で、そんなこんながあったせいで(だと思うのですが)

ケアマネさんの様子がおかしいのです^^;

ハッキリ言ってしまえば、

「何言ってるかわからない仕事の出来ない人」になってしまったんです。

日程の変更の件で連絡があったときも、

間違った日付で話を進めてたりするし、

決まってた日を「変更したあとで決まった日」と勘違いするし。。。




唯一頼れる存在だったはずのケアマネさんと

どうも関係がギクシャクしてしまって、

ちょっと心細い今日この頃。



だって、今後何かにつけ義父を納得させるために、

専門家としてケアマネさんに助けてもらうつもりでしたから^^;

でも、義父の中でケアマネさんの評価がゼロ以下になってしまった今、

効果的に説得に参戦してもらうのは厳しくなっちゃいました。

相手が悪かったというか、、、

ケアマネさんにはちょっと申し訳ないことをしてしまいました。











みなさんのブログを見ていても、

ケアマネさんにはいろいろな方がいらっしゃるようですね。

なるためには厳しい道のりのようですが、

厳しい道のりを経てその職に就いたからと言って、

必ずしも「出来る人」になるとは限らないですもんね。


基本、介護度に合わせてサービスを組むことが出来れば、

それでOKなのかな。

それでもやっぱりいろいろな家族の都合に直接関わらなくてはいけないし、

・・・きっと大変なんでしょうねぇ。。。






いずれにしても、

ケアマネさんとのやりとりにも神経をとがらせる必要が出てきました^^;

いや~ん、頼りにしてるのに~(><)









クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
【2011/12/10 09:30】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お正月にショートは悪!? | ホーム | 大爆笑に大激怒>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/154-a5ddb4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。