スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オット母が望む場所
オットのいない我が家でオット母の世話をするのは、

意外なことにオットがいるときよりもラクです。


オットのイライラを見なくていいですからね。


オットが母親にイラついたり、怒鳴ったりしていることが

思った以上にストレスになってるんだ、ということがわかりました。


昨日は熱が出てしまって身体がダルかったので、

「じーさんより嫁さん助けに帰ってこ~い」な感じでしたが、

そんな状態でも、不思議とオット母にイライラすることはありませんでした。


問題といえば、ただひとつ。

私のオムツのセッティングがまずかったのか、

ここのところ連発で寝具一式お洗濯コースになっちゃってることです^^;

夜中にちゃんと起きて交換してるのに~(TT)なぜだ~。



でも。

それでも腹がたたないから不思議です。

やっぱり基本、オットに対しては甘えがあるんでしょうね。

甘えてるから腹がたつんでしょう。。。

複雑なオトメ心。。。( ̄ー ̄)






さて、オット母ですが。

ショートから帰って来てからは、元の状態に戻っています。

元の状態、というのは、

「24時間のうち正味1時間分くらいが認知症の、ほぼまともなオット母」です。

義父退院の翌朝の豹変ぶりは何だったの!?というくらい、

すっかり頭がサッパリしています。



実を言うと、

今回義父が退院することを、知らせないでいた方が良かったかな?

会わせない方が良かったのかな?と思う部分もあったんです。

だって。

ショートから帰って来たら、退院したはずの義父がいない。

それでまた混乱するかもしれない。

また、義父だけが実家に戻ってることがわかったとしても、

なぜそうするか理由を理解出来るだろうか?

わかったとしても不満に思うかもしれない、

早く一緒に暮らしたい、と言い始めるかもしれない。

それならいっそ、まだ入院してることにすればよかったかな~って、

ちょっと思ってたんです。



でも。

そんな私の心配は杞憂に終わりました。

オット母は、義父だけ実家に帰ってることを覚えていたし、

理由もだいたいわかっていたし、

ヘルパーさんが手伝いに来てくれる、という話までちゃんと覚えていましたが、

「お父さんのところに帰るわ」とは一言も言いませんでした。


お茶を飲みながらの世間話で、

「お父さんの手伝いには大勢が来てくれるんか?」なんて聞いてくるんですよ。

あまりにも普通の会話で驚きます^^;

でも、そこから話が発展することはありませんでした。


うーん。

なんでしょう、この落ち着きぶりは。



そういえば、

生まれ故郷に帰りたい、という話題にはなりました。

トイレで思うように足が動かず、

オムツを交換するのに私が少し手間取っていると、

「ほんまにこんなことになってしもうて、

〇〇(生まれ故郷)に帰れたらいいとも思うんやけど、

もうあっちもどうなっとるかわからんし。。。」と言う話。



考えてみたら、オット母の口から、

今義父と暮らしてる大分の家(オットの実家)に帰りたい、という言葉は

一度も聞いたことがありません。

今回、義父が退院して、実家にもういることがわかってもなお、

その家が話題に出ることはないんです。

事情がわかってるのか、空気をよんでるのか・・・

それとも未練はないのか。。。謎です。



オット母は、本当のところはどうしたいんだろう?

これが今の一番の私の疑問です。

オット母は、義父のことをどう思ってるんだろう?

「夫婦だから」という理屈は抜きに、

やっぱり一緒にまた暮らしたいんだろうか。




オットと私の間で話した予定では、来年の2月か3月頃までは

うちでオット母の面倒をみよう、ということになっています。

その後、義父の様子を見ながらまら義父母二人で実家で暮らしてもらい、

オット母の施設を探そう、義父のことはいずれまた考えよう、

というのが、おおよその流れ(予定)です。


まずは義父にペースを取り戻してもらうこと。

それから、週に1回くらい義父が我が家に来て(泊まって)二人の様子を見て

3月が近付いてくる頃から、今度はオット母を実家に帰して

二人だけで過ごす時間を増やしていく・・・

そんな感じで「リハビリ」を考えているのですが。。。


一番気をつけて見ていきたいのは、

義父と過ごすことで、どんな変化がオット母に起こるか。

ちなみに今回は、義父と過ごした後は最悪でしたが^^;

明らかに具合が悪くなるようなら、

義父母のみの生活は、やっぱり考えた方がいいのかもしれない。。。


前にも書きましたが、

その見極めや判断は、オットにかかっています。


オット母がどうしたいか。

我が家の子どもと私たちの気持ちの次に考えたいのは、

オット母の気持ちです・・・



「あんたたちと一緒に暮らしたい!」と言われたら

それはそれで返事に困るものがありますが。。。


これからは、これまで以上に

いろいろ考えていかなくてはいけませんね。



オット母が望む場所はどこなのか。

オット母にとって一番いい場所はどこなのか。



とても難しい問題です・・・
















最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
【2011/11/30 09:08】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<認知症が治った? | ホーム | どうなるかわからない>>
コメント
無事義父様も帰られて、義母様も元に戻られてホッとしますねe-454

ただ、責任者はオット様ではなく配偶者である義父様なんですよね…

うちも結局のところそう言う事なんですよ…

3年間努力して病状の進行を抑えてきましたけど、この2カ月で全て水の泡e-262

11年同居してましたと言っても、最終的に責任者は配偶者であるジジィなんで、私たちがいくら頑張ったとしても、配偶者が入院や判断できない状況になって無い限り、ひっくり返されてしまうと言う事もあるので、オット様と義父様がそれまでに色々と話合いをして、義父様がオット様に任すと言ってくれたら良いんですけどね…
それでもやっぱり最終的には配偶者が返事しないと行けなくなってくるので…

介護って特に両親健在の場合難しいと思います…



【2011/11/30 10:16】 URL | おかん #KEdE8Ko6[ 編集] | page top↑
>おかんさま

こんにちは~!

基本的には、義母のことは義父が判断する、責任者は義父というのはもちろん「当然のこと」だと思います。
義父がくだした判断について口出しをするつもりもありません。
極端な話、義父のせいで義母が犠牲になったとしても(すでに十分犠牲になってますけど)それは義母の選んだ人生、とも思っています。
でも、義父のように『自分のかかった病気以外の病人は「気合が足りないだけ」』と思うような人には、聞く耳がなくても言っておかなくてはいけないことがあると思うんです。
下した判断には口出し出来なくても、下す前なら出来るはずです。
そこを息子である夫にして欲しい、というのが私の気持ちです。
これまでは誰もしてこなかったことですからね。。。
義母のために、というわけではありませんが「発言権」は認めてもらわないと。
【2011/11/30 10:40】 URL | プッチョリーナ #X7ABRAOI[ 編集] | page top↑
予定を進めていく上で‥
お義母さんの便尿失禁にお義父さんが対応できるか?があると思います
実は‥
亡父が老老介護していた時にそう覚悟していたんです
母の失禁パンツの後始末は、父には無理!その時が老老介護の終わりになる‥と踏んでいました
それでなくても暴言暴力があったので、いくら母の介護は夫婦の問題!と割り切ろうとしても‥
無理なもんは無理!

それでも母が望めば続けるしかなかったかも知れません
今朝も母の汚した下着を洗いながら‥
父が死んでよかった‥としみじみ思っていました
【2011/11/30 14:06】 URL | iーyon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
本当に帰りたいのは生家なんでしょうね、かなわぬことですけど・・・。
【2011/12/01 03:41】 URL | こらいおん #4Ohw2Pm6[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

こんにちは~!

便尿失禁に対応出来るか、ですが。。。
尿失禁に関しては対応出来ていたようです。なぜかと言うと・・・尿失禁が始まってから、むしろ失禁が始まる前よりも家の中のニオイが減っていたからです。(以前は公衆トイレみたいなニオイがしてましたから^^;)
でも、老老介護の終わりのめやすにする何かは考えておいた方がいいかもしれないですね。

>それでも母が望めば続けるしかなかったかも知れません
それが問題です。本音を押し殺して生きてきた人ですから、、、義母の本音は息子である夫にもわからないようです^^;
義母がどう望んでいるか、それを聞いたからと言ってかなえてあげられない(もしくは「施設に入れるつもり」)なら聞いても意味のないことなのかもしれないんですけど。。。
【2011/12/01 11:18】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>こらいおんさま

こんにちは!

それは間違いないようですね。
守られているころに戻りたいという気持ち、何となくわかります。
【2011/12/01 11:19】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/144-13f1fddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。