スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
老獪
昨夜。

オット母をショート先に迎えに行きました。

最初スタッフに連れられて出てきたとき、

超怪訝な表情丸出しで私の顔を凝視し続けるオット母。


あっちゃー、ショート前の感情がやっぱり残ってる?

うまくいってなかったもんなぁ~。


それでも何とかその場を取り繕って車に乗せましたが、

今度はひとっっっっことも口をききません^^;

「寒くなりましたね」と言っても

「・・・・」

咳をしたので

「大丈夫ですか?」と言っても

「・・・・」





ひたすら「・・・・(無言)」


ノ~リアクショ~~ン(ノ゚∀゚)ノ





でも私。

今回迎えに行くときに

「今期(?)は何とか笑って過ごすぞ」と

ちょっとだけ心に決めたんです。

ちょっとだけなので明日にはどうなってるかわかりません。


でも、一応

笑おう、と思ってたので

がんばって話し続けました。


その甲斐あってか?

家に着くまではずーっと無口で、

ノーリアクションだったオット母も、

家に上がりこんでからは何とか表情も柔らかくなり、

少しずつ口数も増えていってくれました。




ふぅ。

まったく。。。世話焼かせやがるぜ( ̄_ ̄;)



で、何とかその後寝かしつけたわけですが・・・







今朝になって事件発生です!!



オット母。

なんと!

夜中、オムツを自分で・・・・









完璧に交換できているではないですか!!


ひょえ~~~~ヾ(゚ロ゚ *)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ



これにはオットも私もビックリ仰天です。


いつもなら、

明け方ビショ濡れでガサゴソするか、

朝まで寝ているかどちらかなんです。


だから、夜中に起きること自体珍しいのですが、

何の失敗も事故もなく一人で交換なんて・・・

それもですよ、

いつもならパッド併用のときは

パッドだけ外してタンスに隠すとか、

ハンガーにかけて干してみるとか、

いっこもわからんことを何かやってくれるのですが・・・

今回はパッドをオムツと一緒にキレイに脱いで、

それをトイレの使用済みオムツ入れの中に

完璧に片付けてくれているではないですか。



しかも、その一連のことをオットにも私にも気付かれないくらい

静かにやってのけるとは。。。






もしや・・・( ̄_ ̄;)

天変地異の前触れ!?





しかも、ですよ。


近頃朝のあいさつもなかったオット母が、


「おはようさん」と自分から言っただけでなく、


「本当に優しくしてもろうて・・・優しい言葉で・・・・」


「本当になぁ・・・ありがとう」



だって・・・( ̄□ ̄;)!







ひー。

なんで?

何なの??

これって・・・


何が起きてるのーーーー(@@;!?







ただですね、

オット母がそういう作戦(?)でくると、

私としてはもう「受け入れられない」と思う自分を

恥じるしかないのです。。。(0_ _)0



もうあんた、


えっらいアメとムチの使いよう・・・





ワタクシ、

撃沈あるのみです。。。(0_ _)0ドテ







やっぱり「合わせ鏡」ってヤツなんすかね。


私さえ頑張れば、オット母は状態が良くなって、

関係もうまくいくわけ・・・・?



ひー。

逃げ場、なし!



まあしばらくはこれでいくしかないんでしょうね・・・^^;

認知症とはいえ、さすが年の功にはかないません。

オババに操られまくりのプッチョリーナでした。。。















クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/10/27 10:58】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<続かない・・・ | ホーム | 憂鬱>>
コメント
まともなときと、おかしいときと
混在するから認知症はややこしいのですよね。
記憶障害はあっても感情障害はないと聞いていますが
まさしく、そうですね。

昨日のヤギさん事件を拝読、おそらくはこのパターンを予想していた私…
プッチョリーナさん、優しいのですよ。

でもね、義父さんはだめですよ。

永遠に続く幸せはないけど

朝の来ない夜はない。

いつまでも続く苦しみもない。

そう思って、介護続けていました。
その延長で施設通い、続けてます。
【2011/10/27 12:55】 URL | アスカ #E0B3CrSw[ 編集] | page top↑
>アスカさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> 昨日のヤギさん事件を拝読、おそらくはこのパターンを予想していた私…
ははは、予想されてましたかぁ~(^^;
優しいってことはないんですよ。
何せ、私がいくら「イヤだ!」といっても夫は義母を家に置き続けるわけで。。。
そうすると、義母に対しても夫に対しても、何というか「無力」なのを痛感するんです。
ここは私の家なのに、私は居候の義母よりも無力だ~って。

それに、口もきかずに目も見ないでいるのに、同じ家に(しかもふすま隔てただけの隣の部屋に)義母がいるというプレッシャーが邪魔臭いんですよねぇ。
どうせ無力ならとりあえず笑っておいた方が消耗しなくて済むか?と考えた結果です。

どちらにせよ、面倒なだけなんですよ^^;
最近優しくするのは子どもに対してだけにしようって決めてます(*`ΦωΦ´*)
【2011/10/27 14:25】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
合わせ鏡。本当ですね。
こっちの気持ちを本当によく感じ取っている。きっと今日は笑顔でいようとの努力がちゃんと相手には伝わっていたんですね。
私もオットの叔母には素直にやさしくできるんです。でもオット母の手は握れない。オットの叔母の手はしっかり握って親子みたいににこにこして連れて歩けるのに叔母さんもしっかりしがみついてくるのに、オット母の手を取ろう(今のところは必要ないですが)なんて思いもしないんですよね。叔母さんの手を引きながら、これがオット母になった時、出来るだろうか…。できないなあ~って思いました。
不思議にすがりついてくる叔母さんは愛おしいんです。でも、オット母には冷たい目しか向けられないんですよね。なんででしょうね。
きっとその、目の冷たさは敏感に相手は感じでいるんでしょうね。とわかっていても、「やさしく」出来ないです。相手が挨拶しなかったら、かちっと来て意地になって言うか、無視するかになってしまいます。
気持ちは、やっぱり、やさしくした時の方がこちらもささくれないんですけど、難しいですね。「にんげんですもの」ね(^_^;)
【2011/10/27 16:54】 URL | よしこ #-[ 編集] | page top↑
うーむ・・・確かにマズイ展開になってきたかんじが。
おそらくプッチョリーナさんの一番苦手な攻撃でしょうね、素直に感謝されるって。
恨ませてくれたら、潔く斬れるのに・・・って。(^^;

でも、それとこれとは別ですよー。
今日はオムツも成功したかもしれないけど、たまたまかもしれないですよ。
素直なモードだって、一時的なものかもしれないし。
まだまだ先は長いですから、受け入れられないと思う自分を恥じることなんてないと思います。
情に流されまくっちゃ後悔しますよー。(あー、自分に言ってるようだー。(^^;)
冷静に。冷静に。
【2011/10/27 19:30】 URL | naonya #Fnz/PBGI[ 編集] | page top↑
義母様一人だけなら、これから先、忘れて行くので、プッチョリーナさんなら、上手くコントロールできると思うんですe-351

ただやっぱり義父様も一緒となるとすごくややこしくなるんで(経験上…e-263)絶対に2人一緒はダメですv-364v-363v-363
うちも、ボンクラが入ってこなければ、ほんとに認知症v-361v-363って思うくらい普通に過ごせてたんです…

ただババアは我が子も犠牲にして、ジジィに依存して言うなりになって生きてきたんで、いっも私に泣いて“私の事、あんたしかいてないねんe-263ほんまに頼むわ”って言ってても、放置されてるにも関わらず、ジジィが私に文句を言いたい時は、コロッとジジィにべったりですからe-281

まあそのおかげで、たった3週間でバリバリ認知症患者に見えるようになりましたけど…v-359

やっぱりどれだけ一生懸命頑張ったとしても、連れ合いとは一緒に居る年数が倍以上違いますから年数には勝てないです…

ご主人に、この際、介護ブログでこれはと思う物をプリントアウトするなり、画面でなく紙の資料にして見せるとか…e-92
【2011/10/27 19:53】 URL | おかん #KEdE8Ko6[ 編集] | page top↑
頑張ってらっしゃるんだなぁって、まだまだ私は甘いのかなぁって感じます。
義父はパーキンソン病からくる脳梗塞で半身麻痺、歩行器時々車椅子使用中です。
物理的な介護は仕方ない、ってまだ割り切ろうと思えるかもしれない。でも、自分の思いが通らないとすぐ怒る、癇癪起こす。この部分が受け入れられない。
それに付き合っている義母と旦那さん。新婚なのに…2人の時間がないなぁって思う私がいけないのかな…って悩んでしまいました。
こういう愚痴を旦那さんにしても、彼にとっては実の親なんですよね。やはり感覚、感じ方がちがう。
なんだかいつも愚痴ですいません。でもいつも気持ちをはっきり書いてらっしゃって、私も励みにさせてもらってます。
またのぞきに来ます。
【2011/10/27 22:09】 URL | メイ #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!

確かに合わせ鏡だと思うことも多いですねえ。でも、ただでさえ他人である義母の、それも認知症持ちを、受け入れられないの、当たり前ですよ!とくにしゃべれる、動けるときなんて・・・

うちの母の行くデイの主任さんなんて、「捨てる介護」進めてきますよ。衣食住のお世話するのみ!
笑顔を引き出そうとしたり、相手を尊重したり、なんて家族じゃ無理無理、そういうのはデイでやるから、職員が仕事としてやるからって。

それに、どんなに頑張っても合わせ鏡じゃないときもあるし、進行もします。すると今度は、自分の対応がまずかったんだろうかって、悩んじゃいます。私これで負のループに陥っていました。

割り切って、自分の出来る範囲で出来ることのみでよいんじゃないかなあ?

ところで、お義父さんとの同居の件、本当に避けたいですねえ。身体的な介護より、精神的なものの方が絶対疲れちゃう!!

旦那さんがそういうところを分かってくれると本当によいのになあって思います。

って言う私も、以前は旦那さんの立場でした。
この父と同居そして介護って、客観的に見たら絶対大変だし、旦那にも子どもにも迷惑かけるなあって思いながらも、父は頭しっかりしてるし、親子だから、父が望むなら・・・とか思っちゃって、一旦は受け入れました。
なんか、受け入れないと親不孝な冷たい娘と、父からも周りからも思われるのが嫌で・・・

旦那さんも、そういう気持ちがあるのかなあって思いますが、結論を言えば、やっぱ無理だった!!
プッチョリーナさんも、お子さんも小さいし、お義母さんの介護もあるし、この上お義父さんを引き取れないっていうのは、心ある相談員さんとかなら分かってくれると思うんですけど。

私、絶対無理です、自分が壊れますって泣いて訴えたらやっとわかってくれましたよ。(泣くまでは分かってくれんかったけど)

どうか、プッチョリーナさんが壊れませんように、同居の話が進みませんように・・・
【2011/10/28 02:26】 URL | 椛かんな #-[ 編集] | page top↑
>よしこさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

叔母さまには出来るけど義母には難しい、それすごくよくわかります。
そんなつもりがなくても相手の出方によって腹が立ったり優しくなれたり。。。
それはお互い様なのはわかっているのですが、やっぱり「相性」のようなものはありますよね。

わかっていても・・・義母との暮らしはその連続です^^;
【2011/10/28 09:51】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>naonyaさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

> おそらくプッチョリーナさんの一番苦手な攻撃でしょうね、
そうなんですよ~。
でも、結果それで丸くおさまれば、一緒に暮らしていくのもアリなんです。
naonyaさんのおっしゃるように、良い日もあれば悪い日もあるのが認知症で。
悪い日の「被害」は大きいですからね、冷静さは一瞬でブッ飛んでしまうのが弱いところです。

naonyaさん、もともと穏やかな方なんですね、きっと(*・・)
見習いたいです。
私なんかが「ムッキーッ」ってなってるところ、見たら引かれちゃうだろうなぁ(TT)
【2011/10/28 09:58】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>おかんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

「二人は無理だ」というのは私たち夫婦の一致した意見のハズなんですけど。。。
どうもハッキリしないところが今最大のストレスなんです^^;

義父母はそれこそ結婚して50年以上(?)だから、虐げられていたとはいえ絆は強いと思います。
だからこそ「巻き込まれる」確率が高いですもんね。

夫にはねぇ。。。みなさんのブログで仕入れた知識をたくさん話してはあるんです。
ただ、今はむこうにも余裕はないですからね。。。^^;
【2011/10/28 10:03】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>メイさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

全っ然、頑張ってるうちには入りません!
そりゃメイさんの方がよっぽど苦労されてると思いますよ(><)

義理の両親のことって、やっぱり「愚痴る相手がいない」というのが一番つらいですよね。
だって、それ以外のことなら全部そういう話は夫とするんですもんね。

「彼にとっては実の親、感覚・感じ方が違う」という部分、まったく同じです。
はじめは「同居は彼にとってもストレス」と思っていましたが、最近では「やっぱり違う」と思います。
私の感じてることは彼には通じてない可能性が高いですねぇ。

>いつも愚痴ですいません
そんなこと!私の愚痴も聞いてくださってるんですもん、メイさんも気にしないでどんどんグチりに来てください。
正直な気持ちを誰かに伝えるだけでもラクになりますもんね^^
【2011/10/28 10:11】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>かんなさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ♪

「捨てる介護」かぁ~、初めて聞きました。
デイの方の言葉、救いになりますよね。

私自身は、今は「介護」というよりはただの「世話係」という意識なんです。
その「まだまだがんばってない」という感覚が、「イヤだと思うのはただのわがままじゃないか」という・・・今は義母との関係というよりは自分の中でのそういう負のループに陥っているんですよね。
それが多分進行してくることにより義母との絡みに発展していくでしょうからねぇ^^;
私には荷が重くて無理です~( ̄ー ̄;)


実子ならではのお話は、すごくすごく参考になります。
多分、夫もかんなさんのおっしゃるような状態なんじゃないかなぁと思います。
だって、私が逆の立場だったら、やっぱり「入院後は自分の元に連れてきたい」と思うし、世話もしてやりたい、と思いますもん。
ただどうしても・・・やっぱり・・・義父は子どもたちのそばに置きたくない。
私と義父の確執は抜きに、情操教育上(←えらそうですけど)良くないって思うんですよねぇ。
だって、この間サッカー観戦の帰りにそのままの格好で病院に寄ったら開口一番「そんな弱いチームの服着て」って言われたんだそうですよー。
子どもはあんなにワクワクして「トリニータやぁ~♪」って喜んでたのに。。。
ひとつひとつ、どれをとっても人の気持ちを逆撫でする人なんです。そういうことしか言えない。そんな人のそばにいたら・・・って夫には言うんですけど、そこはやっぱり「選べない」ってことなんでしょうねぇ。。。

でも、かんなさんのお話、すごく参考になったし勇気付けられました!
ありがとうございました!
【2011/10/28 10:27】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
早速またまた愚痴ですいません。
今、針のむしろで…
義母の前で彼と大ケンカ。義父の洗面(彼が体を支えなければなりません)の時間をこちらの都合にも合わせてもらえないかな、と彼に相談したんですが…
なんか彼に言わせると私が自分の都合のいいように人を動かそうとしているだけらしく
私はただ、新婚なんだし2人の時間をも少し欲しいなって感じたからなんだけどな
そんなにワガママなことかなぁって泣いてケンカしてしまいました
義母にはケンカの深い内容まで伝わってはいないし、彼は介護を手伝ってくれる人だし、手放したくないだろうから、彼の肩を持ちますねぇ。
私が悪い、ような雰囲気になって、マンションの部屋から出にくく、今、トイレ我慢しています(笑)。彼はわざといつもより早く仕事に行っちゃうし。
妥協点を話し合いたかったんだけど、きちんと向き合ってくれないのならこの家でようかなって今ぼーっと考えてました。かといって実家にも頼れないんだけど。住み込みの仕事しようかな。
(^。^;)
読んでいただいてありがとうございました。
【2011/10/28 11:22】 URL | メイ #-[ 編集] | page top↑
>メイさま

うわわ~、大丈夫???
うちが近かったらおいで、って言ってあげたい!

「自分の都合のいいように人を動かす」って言っても、都合のいいように時間の変更とかを望むのは一緒に暮らしている以上当然の権利じゃないでしょうか?
お互いが協力して「妥協点」を見つけていかないと続かないですよね。
ただのお手伝いさんではなく妻であり嫁であり一人の人間ですからね。立場が弱いなんておかしいと思います。
ダンナさまとしても「苦労をかけてる」という意識があるからこそケンカになっちゃうのかもしれませんが・・・

とにかく・・・泣かないで。
元気を出して良い方法を考えましょう(`・ω・´)!
【2011/10/28 11:32】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/111-a4fa609a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。