スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
話し合い
オット。

昨日父親の見舞いに行き、そのついでに今後のことについて話をしたそうです。

どう話したと思います?

恐る恐る、でも覚悟を決めて聞いてみました。

そしたら・・・

オットとオット父の描く未来予想図は・・・

●オット・・・「母親は施設に、父親は別棟を建てて同居」

●オット父・・・「退院後実家に身辺整理で戻り、その後夫婦で我が家に同居」

でした。。。(0_ _)0ドテ


やっぱり伝わってなかったかぁ~・・・・





というわけで。


昨日、ついにオットと話し合いをしました。



そして


オット父のことを嫌いだけれど、それでも「同居」というなら

家族4人で暮らすためにそれを受け入れざるを得ないと思っている、ということ。


ただ、「あんた(私)がオット父について嫌いだと感じる部分をオレも子どもの頃から

ずっと我慢をしてきた」というオットの言葉を聞いて

その我慢を自分の幼い子ども二人にさせるつもりなのか?ということ。


それをさせるつもりでいるのなら、私はオットに対して不信感を持ってしまう、ということ。


でも、私が同居を拒否すればオットの中に私への不信感が生まれるだろうし、

それは避けたい、ということ。


じゃあ一緒に暮らすとして、オットが45年間我慢をしてきたような義父のイヤな部分を、

我が家では出させないように「管理」出来るのか?ということ。


そして、何よりも私たちは子どもの人生に責任がある。

今、私たちは二人ともオット母に対して冷静な対処が出来ていない、

そこにさらにオット父が入ってきて、私たちはまともでいられるか?

それが出来ないと仮定して、その混乱した私たちの様子を

子どもたちに見せ続けるつもりか、それで親として平気か、ということ。


だって、この4ヶ月出来なかったことが、今より悪くなった状況下で

いきなり出来るようになるなんて思えませんもんね^^;

(努力しろ、というご意見はこの際無視させてください(ΦωΦ))





ちなみに・・・


これまでオットは、今後義父母を夫婦揃って暮らさせることはしない、

という前提でこれまで話してきました。

その「前提」は今も変わってないそうなんです。

でも、オットが父親の望みを受け入れるつもりでいるなら

二人が我が家に同居ということになる。

・・・そこで「一緒にはいさせられないという前提」に従って考えると

「義母ショートの間に義父同居、義父ショートの間に義母同居」ってことになる。

そんなことを現実にやるつもりか?ということ。


でもココで。

義父に対して「母は施設に」という説得がうまくいきそうだった、

とオットは言うわけです。

二人は無理だと思ってるけど、義父だけなら。。。とオットは言うのです。

でもさ、ちょっと考えてごらんよオット?

現実問題入所がそんなにスムーズに決まるとは思えなくないか?

じゃあ義母入所前提で義父ウェルカムなんて言って、

結果的には二人ともが我が家に居続ける、ということは

容易に想像できるわけです。

しかも高い確率であり得る話なわけで・・・


だって、長男夫婦の家に孫と一緒に同居してる、

そんな人がどうして順番待ちの列に並ぶことが出来ましょうか。

どんだけ並んでても順番なんか回ってこないでしょ?

でもその話をすると、オット想定外だったらしく、絶句。。。ヾ(-_-;) オイオイ




私としては・・・

義父に実家に帰ってもらう。

そこで「老老介護」の状態にして、

義父の持病や義母の認知症の状況から何とか施設に滑り込ませ、

その後に義父の話に移りませんか?と申し出ました。


だって、今の状況ではこれが一番現実的な案だと思うわけです。


もちろん。

それでもこの4ヶ月間の記録が残ってますから、

「息子夫婦のとこに行きなさいよ」と一蹴される可能性も高いわけですが。






そのへんの話を、ぶつけました。

とにかく、思いつく限りの現実的な問題を、

直球勝負でオットにぶつけ続けました。





その結果、オット。

何て言ったと思います?


「じゃあオレおやじに何て言えばいいよ?」だって。












自分で考えろやボケェ("゚Д゚)!?














と思いましたが・・・


義父が同居話を持ち出した当初奇跡的に言ってくれた、

「同居するにしてもプッチョリーナさんの意見も」という言葉を思い出し

「『嫁がいややて言うとる』と言っても構わんよ」

って言っときました。


あと、最後に

「何よりも子どもたちが大事。

そして年をとったあともお父ちゃん(オット)と仲良く暮らしていきたい。

だから今回(義両親)のことでお互いにわだかまりを残さないようにしたい。」とも

キッチリ訴えておきました(`ΦωΦ´)

だって、本心だもの。





さあて。


どうなることやら。。。( ̄ー ̄)















クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2011/10/24 11:33】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<無口 | ホーム | 夫婦の仲>>
コメント
プッチョリーナさんのお考え、全面的に賛成させて頂きます。

女友達と、介護について話すと出てくるのは、とかく、男って介護についての考えが

甘い!  ということです。

女がするものという潜在意識が存在していて、どうにかするやろ~、と他人事のように物を言い、ええかっこするということが数多あるのですよ~
(そうじゃない男性の方、ごめんなさいね、私の主観です。客観性はありません)

女は、問題点を整理し、ここまでならやれるが、これ以上はやれないと、具体的、現実的な考え方をします。そしてまたその方が、ケアマネさんや、ヘルパーさんともやりやすいわけでして。

>「息子夫婦のとこに行きなさいよ」と一蹴される可能性も高いわけですが。

そうなのですか? それもきちっと拒否するくらいの家族の意見も通りますよ?
四ヶ月の記録があるからこそ、もうこれ以上は無理と仰ってもよろしいかと?
少なくとも、私が通い介護をしている間は、「娘さんが引き取られたら?」とは言われませんでした。

我が家の亭主、めんどくさがりですが、おしっこをそこら中でしたり ↓ のようなことを自分の親がしたら、間違いなく施設を必死で探すでしょう。

でも、プッチョリーナさんご夫妻は、たぶん優しいのでしょうね。
親を捨てるような気がして可愛そうという意識があるのでは?

そうでなくて、より、家族でつきあいやすくするための距離感を作るための施設や、義父さんの自宅介護と考える方法もあるのでは?
【2011/10/24 14:17】 URL | アスカ #E0B3CrSw[ 編集] | page top↑
そうですか、これからは子ども達の為に何度も話合いを重ねないとですねv-217

特養(特別養護老人ホーム)に関しては、費用が安いと言う事もあって、順番待ちなんですけど、もし、義父母さんがしっかりと年金をもらっておられるなら、有料老人ホームを考えられても良いと思いますよv-258
うちは、ジジィが共済年金なんで、ケアマネさんはそっちを勧めてくれてていくつか既に聞いてくれてるんです。

ケアマネさんの方が逆に、最後まで自宅で見ようとか、あまり考えない方が良いですよって言って下さってたので気持ちもすごく楽になりましたし。
それにデイのスタッフの方でケアマネされてる方もお迎えに来て下さってた時、同じ事おっしゃってくれてましたし。

ご主人とケアマネさんを交えての話はされた事ありますか?

ケアマネさんにもよりますが、もし、しっかりとした方なら、1度ケアマネさんとご主人も交えて今後の事について話合いされたら良いと思いますよ。
すごく参考になって目からうろこでしたから。
【2011/10/24 16:28】 URL | おかん #KEdE8Ko6[ 編集] | page top↑
私が義両親を引き取らなかった理由!と全く同じですよ
ただただ、娘らを大事に育てたかっただけ‥
うちのダンナも最終的には同意しました

家族を守るか?親の老後を引き受けるか?
それはご主人が自分で選ぶしかないのです
そして自分の親がどんな人間でどんな状態なのかを冷静に見極める責任があります
嫁に聞いてどうすんねん!
って‥ ご主人大丈夫でしょうか‥

今後自分が仕事でやり切れない部分は‥
奥さんにお願いする立場だってことを勘違いしているのかも知れませんね
妻としてはある程度覚悟をして嫁に来ているんです
夫婦がちゃんとしていれば、嫁もそれなりに応えようと考えますよね‥
でも、現実問題 できることとできないことがあります
母親としての責任があります

私は自分の病気のことと、その原因になったこれまでの義両親との確執を、はっきりと説明しました
それでも本当は私さえ頑張れば‥と心が痛みました
エエ格好して引き受けたい自分との戦いでもありました
「私が潰れたとしてもやれるところまでやってみる‥」
そんな会話もしました。
だって、口が裂けても「引き取りたくない!」と嫁が言うてるなんて言って欲しくはなかったから‥
それは嫁に決断させることではないです!
息子であるダンナが決断することなのです!
押したり引いたり‥
夫婦がギクシャクしました。

今は引き取らなくて正解だったと確信しています
引き取らなかったとはいえ、散々足を引っ張り続けてくれた義両親だったので‥
それはダンナも認めざるを得ません
きっと心中は複雑であったに違いありませんが‥
だからこそ、決断してくれたダンナには感謝しています
娘らを守ってくれた父親として立派だったと思っています

方法としては‥
私も、老老介護に戻り破綻しない目的で、専門家に入ってもらうのがベストのように思います
私はどう思われようと、そのスタンスを崩しませんでした
だって‥ 義両親はそのように生きてきたのだから‥
【2011/10/24 22:55】 URL | iーyon #lYpdORLU[ 編集] | page top↑
ブッチョリーナさんの「結果的には二人ともが我が家に居続ける、は高い確率でありうる」は全くその通りだと思います。

一度でも同居してしまうと、施設や行政も「同居可能」とみて来ます。入所しにくくなると思います。

うちは結婚と同時に同居してしまったのでもうどうしようもなくずっと嫌な思いをし続けていますが、同居しなくていいのならどうか頑張って突っぱね続けてください。

うちの旦那(介護士)もそうですが、ほんとに嫁の苦労に無頓着な夫が多いですよね~(´・ω・`)
【2011/10/25 09:38】 URL | NATSU #Va3lQw3I[ 編集] | page top↑
>アスカさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

私いつも思うんです。
人間もやっぱり動物だなぁ~って。
野生動物のオスとメスも、オスは美しい模様と飾り立てた体で女性の気をひく。そりゃ強い子孫のために闘うのはオスの役目ですが、基本「子孫を残すためのお膳立て」で終了なんです。
メスは子どもを産んで育てるわけですよ、我が子を敵から守るために身を挺して。
飾り気は必要ない、オスを見る目と子どもを育てる力のみが試されるというわけで。

結婚して「家族」になったときに、本当の意味で家族の支えになるのは母親であるべきだといつも思っていました。
その考えは変わっていないのですが・・・果たして同居を受け入れるのが「家族を支える」ということなのかどうか。
どうしても迷いがあるんですよねぇ。。。
【2011/10/25 10:09】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>おかんさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ

義父母の年金の額、私は知らないんですよね。
多分、しっかり者だった義母がサイフを握ってたそうですし、義父も大手の製鉄会社に長年勤めてたので年金にも多分不自由はないと思うのですが。

うちのケアマネさんも義母に関しては「ゆくゆくは施設に」とすすめてくれていました。
ただ、とにかく夫に関して、「対私」と「対義父」で方針が違うというか・・・要は父親にいまだに逆らえないんですね。
私の中では義父に嫌われても同居は避けたい、とはっきり伝えてあるにも関わらず、何とか二人(私と義父)両方を納得させられる道を模索中というか。
なので、ケアマネさんにも「嫁がこう言ってる」「でも父はこう言ってる」というブッチャケ話が全然出来ておりません。
まぁ、あまり追い詰めても、とは思ってるんですけど、、、、ねぇ。
【2011/10/25 10:17】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>i-yonさま

いつもご訪問&コメントありがとうございます(^〇^)ノ♪

i-yonさんに夫と話をしてもらいたいくらいです~(><)

夫はいまだに義父の前では「息子」なんです。
それくらい義父の存在は彼の家では「絶対」だったわけですけど・・・でも「今、あんたの家族は、あんたが結婚して作り上げた家族はどこにいるの?」って。。。言いたいんだけど言えない^^;

ただ、私の中で「何を言っても私が同居したくないがために付けた屁理屈」のように聞こえる気がするのも確かです。
i-yonさんがおっしゃるように「私が頑張れば何とかなるんじゃないか」。
これが大きくのしかかってるのも確かなわけで。。。

私は同居しないで済むなら、子どもたちとの生活のためなら、「嫁がいややて言うとる」って言ってもらって構わないんです。
多分、本当のところは夫だって同居は望んでないと思うんですよね。
でも本当にそのセリフを使って同居を回避すれば「私・夫・義父」で出来ている三角形のすべての辺が切れてしまうことになるわけです。

・・・てなこと、わかってくれてるんでしょうかね。

ちなみに、夫には「決定的に足りない!」って私に思わせたこんなエピソードがあります。
私の実母が「もう長くない」って頃に見舞いに行って帰るときのこと。
帰り際、もう話も出来ないし動けもしないけど私たちを目で追うことは出来る状態の母の目に涙が浮かんでいました。
病室を出て車に乗って「お母さん、目に涙がいっぱいやった」って私が言うと、夫は何て言ったと思います?
「え?なんで?」。
本当にキョト~ンとした声で言ったんです。
「本気で言ってる?ホントにわかんない?」って聞き返したら
「わからん・・・」って。
私はその頃は「大丈夫かコイツと一緒にいて」と思うくらいショックでしたが、今はああいう人の心を思いやれない部分は義父のせいだと断言出来ますね。
【2011/10/25 10:33】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
>NATSUさま

ご訪問&コメントありがとうございます~(^〇^)ノ

>一度でも同居してしまうと、施設や行政も「同居可能」とみて来ます
やっぱりそうですよね・・・。

「いやだ」と、こんなにも真剣に発信し続けているのに夫には届かないようです。
旦那さま、介護士さんなのにわかってくれないなんて・・・NATSUさんもお辛いですね。
【2011/10/25 10:39】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
初めまして、プッチョリーナさん。

私、♂夫の立場です。
プッチョリーナさんのお考えに賛同致します。

当時、父母は、我が家から徒歩数分の実家で暮らしていました。

我が家は、私と妻とワン仔達との暮らしでした。
一人娘は父母の介護が始まる前に嫁いでいました。

私、色々考えましたが、父母は施設(老健)にお願い致しました。

お世話になっていた薬剤師さん、精神科医さん、ケアマネさん、
親戚の方々が施設利用を勧めて下さり、私自信も納得の上で施設利
用を致しました。

3ヶ月で退所と言う規則が有る?と聞いておりましたが、問題有りま
せんでした。父母は二人とも2009年に他界致し、介護は終わっています。
【2011/10/25 11:45】 URL | don non(ドン ノン)愛知県豊田市 #uz08oUZ6[ 編集] | page top↑
>don nonさま

ご訪問&コメントありがとうございます!
はじめまして、じゃないんですよね!?
以前にも一度消臭の件でコメントをいただきました。
本当に申し訳ないのですが、勝手に「業者の方の商品紹介コメント」と勘違いしてお返事を書かないままになっておりました。
その節は本当に失礼をしてしまって・・・ご無礼をお許しください!

老健は3ヶ月という制限がある、というのは聞いたことがありましたが、制限なしで大丈夫だったんですね。
周りに施設利用をすすめてくれる方がいるのはうらやましい限りです。
うちは夫と義父がそろって「基本自宅」と考えているので・・・でもこれからケアマネさんとも相談しながら何とか・・・と思っているところです。
私自身がまだまだ勉強不足で、どんな施設があってどういう人が利用出来るなど、料金のことも含めて知らないことばかりです。
老健のことも、調べてみたいと思います。

貴重な「夫(男性)サイド」からのコメントと情報をありがとうございました!
【2011/10/26 10:09】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
消臭剤の投稿、すっかり忘れてました。(^o^;;;
私、痴呆症が始まっているのかも。

ちと、長いのですがご勘弁を。

<3ヶ月の縛り>
 父母が入所していた老健は、他の老健同様、法規?通り基本はやはり3ヶ月。
 入所の方々に対して、施設の方々が、色々と配慮?工夫?努力して下さり、
 3ヶ月期間の問題が何とかとかなっていたのだと思います。ひょっとしたら、
 この事を、ここで書いちゃうと、不味かったかな?

<重複致しますが>
・私たち夫婦は、周りの方々からの言葉掛け、後押しが本当に嬉しかったです。
  「あなた達、夫婦のどちらかが倒れたらが、もうお仕舞いですよ!」
  「そうなったら、直ぐに、あなた達、夫婦、二人とも駄目になっちゃうよ。」
  「そうなったら、お父さん、お母さんの事どうするの。誰が後の面倒見るの。」
  「あなたの弟君は・・・だし、あなた達、夫婦が、まともな内に段取りしといた方が良いよ」
  「そうしないと、茨城へ嫁に行ったあなたの娘さんが大変な事になっちゃうよ」

 私たち夫婦は、私の父、母の世話をしながら考えていました。やはり父(認知症と鬱病ほぼ同時発症)
 は、まず入院し鬱病治療、鬱病完治後に老健に入所。母はなるべく早く父と異なる老健に入所。
 父の入院直前、我が妻は精神的に疲れ切り、マジ危ない状態(気力を全く無くし、鬱みたい)でした。

 父の精神科医院入院中と父、母の老健入所中は、その世話(衣類洗濯と面会)は、全て私が行いました。
 父母に会いたいと言う、父、母の親戚、知人の皆さんをお連れして、何度も面会に行きました。
 有給(全休、半休)も使い果たし、最後は介護フレックス(1時間早出)を申請しての勤務。
 当時、妻は、妻のお母さんが10年近く寝たきり状態なので数日おきに、その介護に行っていました。
 (妻の実家、お兄さん夫婦おみえですが、妻と妻のお父さんの二人で世話してました。)

 妻は、妻のお母さんの介護に備え、介護士免許2級取得し、取得後は、時々頼まれて
 介護施設、障害児施設等で実際、介護をしたりもしていました。妻は、私に「貴方もどう?介護士
 免許に取得してみたら」と言う事が度々ありました、が、私には出来ませんでした。
【2011/10/26 17:25】 URL | don non(ドン ノン)愛知県豊田市 #uz08oUZ6[ 編集] | page top↑
>don nonさま

ご訪問&コメントありがとうございます。
また、詳しいお話も、参考になりました。

奥様とふたり、ずいぶん力を尽くしてこられたんですね。
我が家ではまだまだだなぁ~と思いながら読ませていただきました^^;

自分の家族のことだけを考えて暮らせればいいのになぁ~、そうしてる人もいっぱいいるのになぁ~、といまさら考えてもしょうがないことを考えてみたりしてます。

ケアマネさんとも話しながら、なるべくしこりを残さずに済むような結論を出していきたいです。
ありがとうございました^^
【2011/10/27 08:50】 URL | プッチョリーナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pekosuketeikoku.blog102.fc2.com/tb.php/106-968b9878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。