スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
実父入院
今日、実父に用事があって電話をしたら

入院することになったと聞かされました。


驚いたことに、糖尿だそうです(--;

知っている限りでは父の家系には糖尿の人はいませんし

これまでそんなことを言われたこともない人だったので・・・

「ノドがかわく」と話しているのを聞いたときも

まさか糖尿だとは思わなかったのですが。。。





ちなみに入院ですが来週の火曜日からと言われたそうです。

ただ、飼い犬のペットホテルの都合がつかず

再来週に延ばしてもらったとか。。。


ペットはシーズーの老犬で心臓と肝臓に病気を抱えているので

私がみる(預かる)よりは

いつも利用している犬猫病院のペットホテルを利用した方が

いざというときのことを考えれば安心、と思ったそうです。

もちろん私に負担をかけたくないという思いもあったようですが。




確かに私としても

父が入院している間ずっと実家に泊まりこむのはオットに対して

申し訳なく思う気持ちもあるし、

私がいる間に犬にもしものことがあったら、という不安もあるし・・・

(こういうときのために義父には尽くしておかなくてはいけないんですね(--;)



でも、母が亡くなって5年間ずっと父を支えてきた犬と大事な父のためです。

オットにお願いして泊まり込みをさせてもらおうと思います。

そして万が一私がいる間(父がいない間)に犬の調子が悪くなるようなら

病院のペットホテルに預けましょう、ということを父に話をしました。




具体的には

朝イチで自分ちに帰ってオットの弁当を作って子どもを送り出したら

実家に戻って一日過ごし、夕方犬にエサをやってから家に戻って夕食にして、

子どもが寝る時間になったら実家に泊まる、という形になるかな。

それならオットにかける負担は最低限で済みますもんね。

(こういうとき車で5分の距離というのはものすごく助かります)




それでも父はオットに対する遠慮からか「考えてみる」と言っていましたが

何よりも早く治療を始めて欲しいですからね。

そういう風に決めてもらおうと思います。





それにしても・・・

まさか父が入院することになるなんて思ってもみませんでした。

父自身も驚いて、そして落ち込んでいました。



義父のときは関係ないと思っていた糖尿病の食事管理。

やっぱり勉強しなくてはいけないようです(^^;




頑張ろう。












今日もご訪問いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
【2013/09/13 15:56】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。