スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
諭吉の里なのに・・・
世の中には「たくさんあるのに手に入らないもの」というのがあります。


先日、神様のアドバイスで「水はけは盛り土で解決」することがわかりましたが、

盛り土をするための「土」が手に入らずこの何日間か苦労しておりました。

土なんて、そんじょそこらに山ほどあるし(田舎ですからね^^)

みんなお金を払って いらない土を捨ててるっていうのに

いざ「欲しい」となると適当なものは見つからないものなんですねー(--;


そんなわけで砂利を扱ってる会社や残土処分をしている業者にあたったり、

造園関係に電話をかけたりして土の購入先を探しまくっておりました。

どこも「1万円」「1万5千円」などと ふっかけてきましたが

何とか「2tトラック1台分2,000円」という会社を探し当てひと安心(*´Д`)ホッ


そんな中たまたま(ご近所情報で)建売だった我が家の庭を施工した会社がわかり、

そこにも見積もりをかねて話を聞けることになりました。

うちの庭をしたところなら庭造りのアドバイスがもらいやすいし、

盛り土をした後に入れる砂利の必要な量や値段も聞けるし、

ついでに玄関脇のでっかい樫の木も抜いてもらえるかもしれないもんね。




ところが見積もりに来てくださった方が・・・

「盛り土、意味ないんじゃね?」と言い出したではないですか。

盛り土をするよりは砂利を厚めに入れる方が現実的ではないか、と。

水の流れる道を盛り土で作るより、水自体は自然に吸い込むのに任せて、

それ以外の快適さを追求した方がいいと言うのです。

意味ないとまでは言いませんでしたが、

盛り土で解決するのは難しいとおっしゃるのです(--。



いきなり出鼻をくじかれてしまいました~^^;

んもう~!

人によって言うことが違うと素人はどうしていいかわかんないよ~(TT)



というわけで、どうするかは後で考えるとして

一応見積もりだけ出してもらいました。

盛り土用の土はなし。

砂利2tトラックで搬入し均すところまでで「2万5千円」。

樫の木を抜くのに「1万5千円」。



・・・





というわけで、

とりあえず樫の木を抜くのはもう少し待つことにしました(--)

砂利も、ボーナスが出てからにすっかな。

とりあえず2000円の土を入れてもらって、

アプローチのめどをつけて、最後に砂利を入れてもらおう。


うん、それでいい。





・・・

ちゅーか、土もそうですが、
お金もね。
あるところには山ほどあるのにねー(`ΦωΦ´)
うちには縁がありませんわ。。。
スポンサーサイト
【2013/04/17 11:37】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。