スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
飲め飲め
みなさんのお宅ではどうかわかりませんが、

プッチョリーナ家では日曜日の夜になるとオットの機嫌が悪くなります。

いろんなものにイライラし始めるし、溜息が出始めるオット。

こちらとしては機嫌を伺うのも腹立たしいし、

あんまり気を遣わずに過ごすのですが

それでも穏やかに過ごしたいと思うのは当たり前のことでして。


そんなとき、私が使うのは

「ビール飲む人ぉ~~~(*゚□゚)ノ!」作戦。

明るく元気な声で「ビール飲む人!」と呼びかけると、

オットは機嫌が悪くても、機嫌が悪いなりに「はーい」とノッてきてくれます。



昨日もそれで呼びかけましたらば、

オットより先に息子が「はぁ~い♪」とノッてきました(*´Д`)カワユス

「あはは~、じゃあついであげる~♪」と

ブンブンに振って泡だらけにした麦茶をついでやりました(^皿^)



と、ここで私、つい意地悪なことを言いました。

「いまだに子どもに面白がってお酒飲ませる親もいるだろうね~」って。

これ、明らかに非難する口調だったし、明らかに義父をイメージして言ったんです。

義父はオットが子どもの頃、酔っ払っては大勢を家に連れてきて

嫌がるオットにお酒やらビールやらを飲ませていたそうです。

最近でこそ「子どもにお酒を飲ませてはいけない」という意識が高くなりましたが

昔は結構そういう大人が多かったですよね。

義父もその中の一人でした。


ちなみに、私も親がおいしそうにビールを飲むのを見て

「飲んでみたい~」と一口二口飲ませてもらったことを覚えていますが

子どもにとってはビールなんておいしいものじゃないですからね^^

多分1、2回しか「飲ませて」と言わなかっただろうし、

親も面白がって飲ませるようなことはしませんでした。



義父がそういうことをした、というのを知ってて

ちょっと意地悪なことを口走ったワタクシ。

すると、オットが

「オレ、お風呂でちょう~~~どそのこと考えとった」と言ったんです。

一人でお風呂に入ったオット、のんびりくつろいでいたのかと思いましたが

義父のことを考えていた模様(`ΦωΦ´;)

多分、同居のこととか考えたんだろうと思います。


普段は、仕事してるか子どもと一緒にいるかで、

家にいてもゆっくり考えるような時間はオットにはありません。

休日はたいていオットが子どもをお風呂に入れてくれるし、

「ひとりで考える」といえばせいぜいトイレの中くらいですけど、

オットは大も小も早い(速い?)ですからね。

頭を空っぽにしたり、何かについてじっくり考えたり、

そんな余裕も時間も、普段のオットにはありません。


それで昨日は「たまには一人で入ったら?」と勧めたのですが、

のんびりするどころか面倒事の核心に迫っていた模様^^;


それで、どこをどう考えてたら

「子どもの頃に無理やり酒を飲まされてた」という回想になったのかわかりませんが^^;

なんにせよ、義父との生活の「困難な部分」を考えてくれてたのかしら(--?と思うと

ちょっと安心してしまった私。


病気で弱った父親を引き取るかどうかを考えていたら、

基本的には「かわいそう」「不憫」「子の務め」という思いが先に立つでしょうから。。。

デメリットもしっかりイメージしてもらわなければ、ね。



などと、影からオットを煽るオニヨメでした(*´Д`)








今日はこれから小学校のPTAに行ってきます。
魔の役員決めがありますよ~(`ΦωΦ´;)
スポンサーサイト
【2013/04/15 11:13】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。