スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
同居依頼
ワタクシ、今かなり腹を立てております。

1日に2度更新するのは初めてかもしれません。

タイトルの通りです。

義父に、同居を切り出されました。



午前中、ブログをアップした後いろいろ用事を済ませ、

義父に持って行くためのおかず5品と、

100グラムずつに小分けしてすぐに冷凍できる状態にした炊き立てご飯を作って

1時くらいに実家へいきました。

娘が帰って来る時間もあったので長居をするつもりはありませんでした。

どうせ片付けは口実、それほど用事があるとも思えませんでしたしね。


車を運転して義父の元へ向かう道すがら、

「近所への体裁が悪い」という義父の言葉を思い出していました。

それは、義父自身の体裁というよりは(ご近所の手前)

多分私の嫁としての面子を保つ手伝いをしてくれたんだと思おう、

と思っていたんです。オットの長男としての面子もです。

「こっちが声をかけてもらって感謝しなきゃいけないんだ」とも思いました。


で、到着してすぐに

お世話になったご近所さんにあいさつ回りをしました。

「このために片づけを口実にするなんてね~」と思いながら

2~3軒回って話をして、義父のところに戻りました。


えぇ。

片付けは口実でした。

そして、

ご近所へあいさつさせるのも、口実でした。。。(0_ _)0ドテ






帰る前、同居の依頼を切り出した義父。

厳密に言うと、「どうかなぁと思ってる」みたいな感じですけど。

ついにハッキリそういう話を出されてしまいました。


多分私、その話が出た瞬間、能面みたいに無表情になったと思います。

はっきり拒否する言葉は使わず、当たり障りのないことを言って

「〇〇さん(オットの名前)に相談してみます」とだけ言ってすぐ帰ってきました。



義父はその話を切り出す少し前、

以前少しここにも書いたことがありますが、

うちの娘と息子に対する「教育資金」の件を持ち出してきました。

「これはワシが勝手にやったことやけど」と何度も念を押しながら

2人が大学に行くときに役立ててくれ、と、郵便局の封筒から出した

証書を確認するように見せられました。

(ちなみに金額は以前言われた額より100万少なかったですけどね)


そして、ワンクッション置いたあと、

「ここ(義父の家)から撤退しようと思うんや」と切り出しました。

「半年か、1ヵ月か・・・」と言った後あわてて「1年」と訂正しましたが

ニュアンス的には「片付けが済み次第に」という言い方でした。

「6畳か10畳くらいあれば置いてもらおうかなぁなんてことを考えとる」と言われました。


いつもなら春休み頃に帰ってくる義姉をまじえて

オットとも話すつもりだったようなこともブツブツ言ってましたけど、

ハッキリ言って聞いちゃいません(--)

耳に入りませんでした。




さっきも書きましたが、

能面になったワタクシ、無表情に席を立ち、

「オットに相談してみます」と繰り返すのみですぐに家を後にしました。



帰りながら、

昨日の一件でさらに弱気になったんだなぁ、と思うと

少しは同情する気持ちも湧いてきました。



が、同居を切り出された後、「金ならある」という言葉を何度も使われたこと、

それに、保険証書を先に見せられて「ありがとうございます」と私に受け取らせたあと、

話を切り出してきたこと、さらに言えば、オットのいない場所で私にだけ話してきたこと、

そういうことを考えると・・・

なんか猛烈に腹が立ってきました(`ΦωΦ´)






今晩、オットには話してみる予定です。

本当はバックレようか(聞かなかったことにしようか)とも思いましたがね(`ΦωΦ´)

私に言わなかっただけで、オットは義父から何度かそういう話を切り出されてたのか。

その辺も聞いてみなくちゃ。



一応「猶予」として半年~1年もらいましたからね。

その間考えてみようと思います。

猶予を与えてくれたことには感謝しないといけませんね。





ちゅーかね。

こんなに腹が立ってるのは、ただ単に

「ハメられた(--;」と感じているからでしょうね。






くっそー。

庭のアプローチを仕上げちゃる( ̄^ ̄)!



とびきりガッチリしたやつをね・・・(`ΦωΦ´)ふふふ
スポンサーサイト
【2013/03/25 16:22】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。