スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
後味
子どもを幼稚園に送っていくといろいろなお母さんと会います。

たいていは顔見知りなんですけど、声をかけてちょっと話したりするお母さんも

中には何人かいたりするわけで。


昨日、あるお母さんから声をかけられました。

もう3人子どもがいて、幼稚園でもベテラン(?)のお母さんです。

いつもとてもキレイにお化粧をして、かわいい格好をしているし、

ニコニコしてて、きさくに話してくれるのですが、

私は実を言うとちょっと苦手な人。

別にイヤな思いをしたことがあるわけでもないんですけど(・_・)?

で、

そのお母さんと立ち話をちょっとしたあと、なんだかやっぱり気が重くなりました。

お互い笑顔で、普通に話をして、「それじゃ」と別れたのに

なんでだろう???と思ったら・・・


わかりました。

そのお母さんは、ニコニコして、楽しそうに話してくれるんですけど、

話のたねはいつも何かしら「自分の嫌だと思ったこと」なんです。

声のトーンや盛り上げ方は全然そんな風に感じさせないんで

あんまり気が付かなかったけど・・・


毎日子どもの送り迎えのときだけしか話さない仲だから

別にそんなに深く考えることもないんですけどね^^;


でも、帰りながらなんか気が重くて、

「あれぇなんでかなぁ??」と思ってたので

ナゾが解けてよかったです^^;


「その人と話すとなんだか気持ちが晴れやかになる」というような

そういう技(?)を見につけたいです~(*´Д`)





ところで話は変わりますが、

オットと例のお金についてちょっと話す機会がありました。


オットはまだ義父とは話してないそうですが、

私、今回のお金に関しては辞退(というか保留?)にして欲しいと伝えました。

やっぱり我が家のことよりも近い将来義父とオット母のことで

お金が必要になるであろうことが大きな理由です。


私の体調が思わしくない今の状態で、

義父のお世話が必要になったときにそれが出来るかどうかは

やっぱりとても不安に感じます。

オット母は現在老健にいますが、特養入りがもしスムーズにいかなかったとき、

場合によっては「有料」ということも考える必要が出てくるかもしれませんし

義父がもし「弱ったから同居を頼む」と言われたときのことを考えると、

選択肢を残しておきたいのが正直なところなんです。

(義父も弱ってるんだからおとなしくはなってるんでしょうけど^^;)


それに、これはオットには言いませんでしたが、

実父のこともあるんです。

義父は可能性として同居があるかもしれませんが、

実父は(可能性でいえば)ありません。

私がギリギリまで実家に通うことになるでしょう。

そうした場合、義父を我が家で見ながら、昼間時間を見て実家に・・・

ということも十分考えられるわけです。


もし同時期に同じように介護が必要になった場合、

私一人でそれを続ける自信はありません。

イコール義父に施設に入所してもらうという道ではないにせよ、

最大限何かしらのサポートを受けられるようなお金を残しておきたいんです。

何年生きるか、どれだけの状態になるのか、

たとえば入院という形になり医療費が必要となったときに、

思っても見なかったお金が必要になることだってありえるわけですよね。

まったく見通しがつかない今、

我が家が「わぁお義父さん助かります」といただくことは

ちょっとありえません。。。


義父のことだからこうと決めたらなかなか動かないでしょうけど、

義姉とのことも含めて我が家が今そのお金を(学資保険だとしても)

受け取るのは、やはり今回はお断りしようと。



もちろん義父の気持ちは大変ありがたいですし、

そのような形で孫のことを考えてくれたことを素直に感謝したいと思います。




私にとってはまだまだ苦手な人だし(--)

出来る限りは関わりたくない気持ちに変わりはありませんが^^;

感謝の気持ちを今回持てたことは収穫だったと思います。







しかし・・・
月末に集金袋ばっかり持って帰られると
あーやっぱお金欲しいなぁ~って思っちゃうけどね(^―^;)ゞテヘ
ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/10/26 08:49】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。