スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
凡人
昨日、オットがこれまでになく真面目な顔で私を呼びました。

嫌なことを言い出すときの、あの重苦しい感じで、です(--;

案の定、「昨日オヤジから連絡があってな」と切り出しました。

ひ~!このトーンでオヤジネタ!

いい話のはずがないよ~(((((((( ;゚Д゚))))))))!!

逃げ出したいんですけど・・・(--;


オット、続けます。

「金のことなんやけどな」


へ・・・?

金!?(・_・)?



意外な展開でちょっと肩透かしな私。

オヤジ→金?・・・?

ま・まさか!

オット母の通帳にあったあの金が、オット母の全財産って話!?

そのうちに我が家からもお金を出してもらうからって話!?

ひ~!!



オット、さらに続けます。

「申請をして身障者になったあと給付金があったらしくて(保険?)、

500万もらったらしい。で、オヤジが言うにはそれを・・・」

というところまで聞いて、

私の頭の中には


え?何、それうちにくれるって?

まさかそれで改築して一緒に暮らすって?


そのふたつの声がグワングワンとステレオで響き渡ります^^;



オット、そんな私の心の中を知ってか知らずか続けます。

「オヤジが言うには、年金もあるしそんな金は持ってたって使わないから・・・」


くれるんか?(((*゚▽゚)

同居してくれってか?(`ΦωΦ´;)


「子どもたちのための学資保険にしたらどうか、と言われた」


オォー(゚o゚;ノノ!そうきたか!





ちゅーか!

そんな金を今使おうという神経がわからんっ!

この先どうするつもりなんじゃいって感じですよね^^;

義父が言うには、残しておいても遺産という形になるといろいろ面倒になるから、

違う形で遺したいということらしいですけど。



もう少ししたら死ぬとかね、

施設には入らない、何が何でも自宅で死ぬとかですね、

ある朝ポックリ逝くからとかですね(スミマセン、生々しくて(`ΦωΦ´;))

そういうことならわかりますけど。

そんなこと、誰にもわからないわけですよ(--;


おじいさんとおばあさん、ふたりともに持病はあるにせよ顕在で

100まで生きる可能性もなくはないわけで。

平均寿命までにはまだ時間がありますしね^^;



お金、とっといてくださいよ~~~(*´Д`)

自分たちのために~~~(*´Д`)



結局、オットには

「そのお金に関しては今後のために取っておく方がいいと思うし、

義姉さんもいるんだからうちの子どものためだけに、というわけにはいかんでしょ」

「もういっぺん話してきなさい」とキッチリ言って聞かせました(--)



でもさ、

「500万、どうせ使わないから」というところまで聞いて

もらえるかも、と目がキラキラしそうになった自分がね。

情けないというか強欲と言うか、凡人というか^^;


ここだけの話、いかん、ニヤケそう!と思ったことを

みなさんにだけ白状しておきますm(*_ _)m





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/10/22 10:35】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。