スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
記憶
オット母は元々人に対しては笑顔で接するのが基本の人なので

今でも会いに行くとたいてい笑顔で迎えられます(??)

でも、よくよく考えてみると・・・

オット母は親しい人に対しては

それほど笑顔ばかりではありませんでした。

私が嫁にいってからも、最初でこそ「笑顔」でしたが

そのうちに「普通の顔」になりましたもんね。

家族になったら笑顔じゃないときもあるんだから当然と言えば当然。


もちろん、基本的には笑顔の多い人だし、

他人に対して柔らかく当たる人なので、

嫁として親しくなってからも、我が家にいるときも、

ニコニコしてくれていましたが・・・

そしてそれが他人に向けられたものではないことも

重々承知していますが。。。

それでもやっぱりオット母の笑顔を見ると、

ときどき「他人行儀」だなぁと感じることがあります。





その証拠に・・・というとヘンですが^^;

オットに対してはそれほどはニコニコしません。

あれってやっぱり「家族の感情」が優先してるんじゃないかと思います。

うちにいた頃、義姉とオットに関して

「あの子らは何にもしてくれんかった!」と悪態をついていたので

オットに対して笑顔がないのは

嫌な記憶が出てきてる!?と思っていましたが、

考えてみたら自分の息子ですもんね。

認知症になって、結婚して以降の記憶はほぼなくなっている様子でしたが

それでも息子のことは心の奥で大好きなはず。




私、オット母が我が家にいた頃のイヤな記憶っていうのは

今ほとんどなくなっていて、

オット母の、それこそ笑顔ややさしい雰囲気だけが残ってるんです。

もちろん、思い出そうとすれば次々に出てきますけど^^;


今、オット母のことを好きだと思う気持ちは

あの頃優しく出来なかったことの罪滅ぼし的なものなのかもしれません。


もちろん、離れたからこそ持てる「やさしい気持ち」です。

一緒にいた頃は気持ちをコントロールすることに必死で

「やさしい」も「憎い」も全部ゴチャゴチャでした。

もぐらたたきのようにいろいろな感情が顔を出して

自分で自分のことが大嫌いになる一方でした。

そしていつも「オット母がいるせいで!」と思っていましたが、

今思えば結局我が家で起きた問題のほとんどは

私とオットとの夫婦間の問題だったような気がします。



私、ふと思うんです。

オット母が我が家に来たときはすでに病気でしたから

あの時期のゴタゴタは私たちの記憶にしか残ってないんですよね。


いいことも悪いことも含めて、

私の心に渦巻いたいろいろなことは私のために役立ちはしただろうけど、

オット母にとっては「その間自宅ではないどこかで暮らした」という、

ただそれだけの時間だったんです。


まぁ、それがすべてではないでしょうけど・・・







などと、ちょっぴりネガティブというか

あきらめのような感情を味わってしまうプッチョリーナなのでした。







ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/10/18 11:03】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。