スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
にいちゃんは?
オット母の驚異の回復力についてはこれまでも書いてきましたが、

昨日も驚かされました。

まず、ケガですが。
ケガ

もともとたいしたキズじゃなかったのもあるでしょうけど、

普通にキレイに治ってます。

肌もすべすべでキレイですよね。

私の母なんて(病気のせいですけど)、

60歳なのにもっとガサガサのカサカサで

こんなにキレイな肌色じゃありませんでした。




なんでこんなことを書くかと言うと、

母の主治医の先生は母の肌を見て全身状態を判断してたんです。

だからつい、オット母の肌を見ると

「まだまだキレイだから長生きしそう」って思っちゃう^^;



さらに、オット母。

話をしていても絶好調です。

昨日は最初にあいさつをしたとき

私にたいして少し不機嫌そうな顔をしました。

「まぁ、あんた・・・」と言って

ちょっと文句のようなことを言いました。

そして

「おにいちゃんは?」と聞きました。



・・・・(゚□゚;)!!!


私に向かって何かを問いかけるということ自体、

驚くべき展開なのですよ(`ΦωΦ´;)


私が何かを言って、それに対して何やら答える、という形は

これまでにも少しありましたが、

私に対してオット母が何かを問いかけるなんて、

ビックリ仰天です(@@;


「お兄さん?お兄さんはなぁ〇〇(オット母の生まれ故郷)におるわぁ。

会いに来てもらえるといいなぁ。お兄さんに会いたい?」

「ふん(うなずく)」




にゃ~~~!!(@◇@;

会話が出来たよ!?成り立ちましたよ!?

私、思わずオット母のふるさとに電話をしそうになりました。


その後も、何かと話がかみ合いまして。

とても調子が良くて・・・極めつけは!!


なんと、私に「あんたは誰かなぁ」と聞いたんです。



・・・・(゚□゚;)!!!



もう、絶句でした。

おわかりだと思いますが、

オット母は脳出血で倒れて以来、意識はこの世にはいませんでした。

どこか違う次元(おそらく時代は結婚前、場所は生まれ故郷)に飛んでしまっていて、

目にとまるものもまるで理解をしておらず、

よく聞き取れない独り言をつぶやきながら

まるで宇宙でひとり漂っているような状態でした。


私の声は音として認識されていて、

何か話しかけると「何か音がした」という顔で何となく顔がこちらを向く、

でもこっちは見ていない、そんな感じでした。


少し回復を見せてからも、

私が何か言ったことに対して何かの拍子に「そうかぁ」みたいな感じで返事はしたけど、

それでも会話というよりは「反応」というだけでした。

それなのに。

私に実在のものについて何かを問いかける。

これは初めてのことです。



なんでしょう、オット母。

もしかしてそのうち歩き出すんじゃないでしょうか^^;





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/10/02 10:31】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。