スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
初めて
今朝になってようやく熱が下がってきました。

子どもを幼稚園に送り届けて、今日は3時まで時間があります。

少しゆっくりさせてもらおうと思ってます。



さて。

昨日、初めてオット母が夢に出てきました。

夢の場所は、今いる老健ではないのですが、

やはりどこかの施設か病院のようなところでした。

私がそばに行くとベッドに自分で腰掛けて、

元気にいろいろな話をする、という夢です。


その話の中でハッキリ覚えているのは

「おとうさん(義父のこと)はどうか?元気に歩いとるか?」というセリフ。

そして、あとはうろ覚えなんですけど、

「ときどき助けてあげて」みたいなことを言われたような・・・(--;



私の場合、

夢って、自分の心を映す鏡みたいなものだと思ってます。

自分の中に何かひっかかりがあるとそれが夢になる。

死んだ人が出てくるときもそう。

出てきた人が何か言うと、

それはたいてい「自分の良心」のようなことだと思うんです。


だから、オット母のセリフは

私が勝手に思い描くオット母の気持ちと、

放ったらかしにしてる義父へのやましさ・・・みたいなものなのかな?って。



でもそれと同時に、

出てきた相手も私に何か言いたいことがあるような気がするのも確か。

たとえ自分の「良心」のようなものだとしても・・・

夢に出てきた相手がそれを伝えたがっているように感じるのも確かなんですよね~。



はーややこしい。


もうすぐ敬老の日だしね(--)

義父のところに子ども連れて行かなきゃいけないという「ひっかかり」で

こんな夢見ちゃったかなぁ。





でも、元気になっていろいろなおしゃべりをしているオット母は

とても幸せそうでした。

今、認知症になってしまってどこかに行ってしまったオット母だけど、

オット母のいまいる世界ではあんな風に元気で幸せだったらいいな。





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
【2012/09/06 10:54】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。