スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お嫁さん
オット母が今いるところは、雰囲気がとてもいいです。

そして、スタッフのみなさんがとても親切です。


今までの病院のように伝達がいい加減だったことはないし、

何か「話したい」と思ったときにしっかりこちらを向いて話を聞いてくれます。

特に細かい話をしなくても私が行った日はきちんと把握してくれていて、

何か連絡があるときも、それについて触れてくれます。

大変細やかな対応だと感じています。


特に私がうれしく思うのは、

私に対して「お嫁さん」と呼びかけてくれること。

ヘンなことを言う、とお思いでしょうか。

でも、「嫁」の立場で動いていると

「呼びかけられる」って意外とないんですよね。


もちろん病院でだって、〇〇さん、と名前を呼ばれることはあります。

でも、それは私じゃなくてもいい呼び方。


これまで(病院)は、何か用事があって電話がかかってきても

基本、「ご主人に伝えてください」というスタンスでしたから

とにかく用事を一方的に伝えるだけの話し方でした。

何かを持ってきてくれ、というときだって、

誰でもいいから早く持ってきてくださいね、という言い方。

あぁ~、私は役に立てないなぁ、と感じたものです。

本当に、ただの洗濯係だったと、今でも思います。


でも、今は

「この間お嫁さんが来て下さったときに」とか

「お嫁さんが来られるときで結構ですので」と話しかけてくれます。



何か用事があるときに、呼びかけてもらえる。

ただそれだけなんですけど、

それだけでとても気持ちよく動けるんですよね。


「お嫁さん」って呼ばれ方は

今まではちょっと「無言の圧力」を感じる言葉で

あまり好きではなかったのですが、

おかげでちょっと好きになりましたよ。




病院と老健、いろいろな面で全然違うのは当たり前のことでしょうが、

本当は「人 対 人」なんだから施設は関係ないはず。

相手の立場や関係に関わらず、

同じように礼儀正しく接することの出来る人間になりたい、

そう思う今日この頃です。。。(*--*)









ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/07/01 07:30】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。