スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生命力
1月14日に脳出血を起こしたオット母。

不幸中の幸いで、デイケアの最中の出来事だったため

対応が早く、命に別状はありませんでした。

ただ、やはり脳出血を起こす前とは比べ物にならないほど

認知能力は低下してしまいました。

身体的な面では・・・

先生の見立てよりは回復出来ていると思います。

「右半身不随になるだろう」と言われましたが、

右手で顔を掻いたり足をさすったりすることがありますので。。。







現在のオット母の状態です。


歩行はまったく出来なくなりました。

老健に入所してから何日間かは、夜間に動き出したときのために

ベッドサイドにマットがありましたが、

それも外されてしまっています。

動こうとしなくなったそうです。

「動いてどこかに行こう」という気持ちがなくなったんですね。。。


食事、排泄ともに基本的にはほぼ全介助です。

ただし、最近おにぎりであれば左手に持って食べるようになったそうです。

飲み物も、らくのみのようなものを使えば自分で摂ろうとするらしいです。



認知症の方は、とにかく進行してしまっている様子。

何かについてたずねても、返事はかえってきません。

強いて言うなら「何かをたずねると」「何かを答える」という、

タイミング的な部分では会話が成り立っていると言えます。

この、「キャッチボール」も、最近回復を見せた部分です。

病院にいたときは、誰かが何かを言っても

「何か音が聞こえた」という反応しか見せませんでしたから・・・

自分のしゃべりたいときにしゃべりたいだけしゃべり続けてました。


老健に入所して、ベッドに寝たきりの生活ではなくなったオット母。

動こうとする気持ちはなくなりつつありますが、

食べ物を食べようとする気持ち、

誰かと話そう、という気持ちは回復してきているようです。




生命力って、気力とつながってるものだと思っています。

でも、認知症になってしまうと、徐々に気力がなくなってしまう。

何をどうしたいかわからなくなって、やがて考えなくなってしまう・・・


オット母が何かを食べようと思ったり、

誰かと話したいと思ってくれているのは、

気力の回復だと思います。

それは、今いる環境のおかげだと思うんです。


リハビリをしながら自宅へ戻ることを目標にした、

同じくらいの年齢の人たちと一緒に暮らしながら刺激を受けていること、

本当に良かったなぁ、と思います。


連れて帰ってあげたかった、と思ったことがなくはないです。

でも多分・・・自宅に連れて帰っていたら、

私にはオット母の気力を回復させてあげられることは出来なかったと思います。

そんな関わり方は私には出来なかったでしょう。

「食べさせて」「寝かせて」「排泄させて」

そんな風にこなしていくのが精一杯だったと思います。






オット母に会ったあとは、

帰りながらいつもそんなことを考えています。








ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2012/06/27 11:12】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。