スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オット母の存在
さっき、オット母のところに行って来ました。


ちょうど朝のレクリエーションが始まる時間だったようで、

利用者さんたちは食堂に集まってテーブルを囲んで座っていました。

でも・・・

パッと見回してみましたが、オット母の姿はありません(・_・?

トイレかな?それともリハビリかな?

とりあえず荷物を置こうと思って部屋に行くと、

オット母、ベッドで寝ていました。


最初具合が悪くて寝てるのかと思いましたが、

そうじゃなかったようです。

そばに近付くとちゃんと起きていて、

驚いたことに、私が近付く足音でこちらを見ました。

オット母は腰が曲がってしまっているので、

むこう向きに寝ている場合はこちらを見ようと思うと

相当身体をねじらなくてはいけません。

もちろん、しっかりこちらを向くことが出来たわけではありませんが、

結構身体を動かしてこちら側を見たんですよー(*゚o゚)


「こんにちは~、どうですかぁ?」と聞いても、

はじめは無表情でしたが、いろいろ話をしているうちに

だんだん笑顔が出てきて、帰るときには「ありがとう」まで出ました(@@;


そうなんです、今日は本当に調子が良かったんです。

会話が出来ました。

私が問いかけたことにオット母が答えることは出来ませんが、

オット母の言ってることを反復してたずね返すと、

ちゃんとした返事が返ってくるんです。

「△△のアレな、キレイやったわぁ。」

「へぇ、キレイやったん、良かったねぇ」

「うん、良かったわ」


という感じです。


私、普段はあまり長居しないんですけど、

今日はオット母がそんな調子だったので

結構長い時間おしゃべりを楽しんできました。



そして、話してる途中で指先が腫れていることに気がついたので

どうしたんだろう、と思って手を持ったら。。。

ギュギュ~ッと握り返されました。

私が手を持ち上げたので、少し驚いたみたいで、

とっさに何かを握りたかったんでしょうね。

何だか、握ってあげると安心するかな、と思って握り返してあげたら

その後離してくれませんでした^^;


少し身体をさすってあげたりしながら、

しばらく話をして、

「今日は久しぶりにお天気になったんよ、

ちょっと洗濯してくるね~」と切り上げようとしたら

「天気になったんかぁ」と言ってました。


ずっとニコニコしてて、

「洗濯するよ」と言ったら「ああそうか」と言う。

「またくるよ」と言ったら「ありがとう」と言う。


なんか・・・帰り道でなんか・・・泣きそうになってしまいました。

オット母、笑うと本当に優しい顔なんです。

私が選んだ服、自分で言うのもなんですけど、とても似合ってて、

そんなオット母が笑いながら話しているのを見てると、

こちらまで優しい気持ちになれて。。。



家に一緒にいるときは、本当にストレスだったし、

あのときはオット母が笑顔でいてもそんな気持ちにはなれませんでした。

オット母自身も不安を抱えていたし、

私は私でいっぱいいっぱいだったし・・・



今の状態や、当時の自分を悔いたりはしません。

もっとうまく出来たことはあるだろうけど、

それでも当時は私なりに一生懸命やったと思ってます。

その後の流れも・・・つまり今老健にいるということも、

お互いにとって最善の道だと思ってます。


・・・それでも切なくなってしまうんですよね。。。










今日は、オットが仕事を早退して

オット母のカンファレンスに行ってくれることになっています。

その後、義父のところに寄って例の定期預金の件を話してくるそうです。

いろいろなことがうまくいくといいなぁ・・・

そんな風に感じています。








あ、ちなみになぜオット母だけ部屋で寝ていたかというと、

お尻にお薬が入っていたそうです(*--)



ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
【2012/06/29 11:31】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。