スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
強くなりたい
今日、義父が退院しました。

予定通り、我が家に寄ることなく、そのまま実家へ直行です。

オットは、1泊だけして明日帰ってくるそうです。

相談員さんは「ご主人にはまたしばらく一緒に暮らしていただいて」と言ってたので

相談員さんも(おそらく義父も)そのつもりでいたのだと思いますが、

今夜1泊したら明日は朝から仕事に出て、そのままうちに帰るらしいです。


オットには、今日のお昼と夜食べられるようにおかずを4品持っていってもらいました。

私がしたのはそれだけ。

たったそれだけです。。。






何か特別のとき以外は、最低限(最小限)の手伝いしかしない。

そう決めました。

義父が弱って、あの「常にケンカ腰」のおしゃべりが出来なくなるまでは。

私自身が「何かしてあげたい」という気持ちになるまでは。

もう、無理に頑張ろうとは思わずにいよう。

そのかわり、オット母の相手だけはしっかりしよう。


そう思っているのですが、

40才を過ぎてなお、「やりたくないことはしない」という自分の

この情けない姿勢に、やっぱり猛烈な自己嫌悪を感じています。

もういろいろなしがらみは取っ払って、

あんな人でもオットの父親なんだから、と頑張って向き合うべきなのに。

イイ年した大人が、義理の父親が退院するというのに、

おかず4品だけ渡して「ハイそれじゃ」っていうのは・・・

あまりに情けなさ過ぎです。。。(--;


この先、少しずつ時間をかけて強くならなくてはいけませんね。

義父のような人でも、年寄りで病気なんだ、と

これまでのことは脇に置くことが出来るようならなくては。

本当の優しさは強さから生まれる、

優しくなければ強くなれない。

今はどっちも無理なこの私ですが、

自分で自分を嫌いにならないよう、前向きになりたいです。





ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2012/05/26 12:38】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。