スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
母の命日
今日は母の命日です。

4年前の今日、朝早く病院のベッドで亡くなりました。

前の日の晩、看護師さんが「今日明日・・・でしょう」とおっしゃって、

家族や親戚が呼ばれました。

前の日の夜、まだ小さい子どもたちを連れて病院に行きました。






と書きながら、娘の様子を思い出していましたが
息子のことは思い出せません。
その頃は9ヶ月でしたが、困った覚えもないということは
泣いて騒ぐこともなくおとなしく寝ていたんでしょうね。
抱っこが重い、と思った記憶もないので、多分ベビーカーで寝ていたんでしょう。

娘は2歳でしたがおとなしく、神妙な顔で私の横にいました。
母が亡くなったのは午前5時頃でしたが、一晩中グズることもなく
眠たくなったら私やオットに抱っこされつつ、
おりこうにしていたのを思い出します。

おりこうと言えば、お通夜やお葬式のとき。
私やオットがいろいろな雑用で全然構ってあげられなかった間も
まだたった2歳なのに知らない大人と同じ席に並んで座って、
大人用の食事をちゃんと正座をして割り箸を使って食べていました。
お参りに来たいろいろな人が驚いていたなぁ。






病室で母が亡くなるときは、

脈も呼吸も弱くなり、もう、いよいよ亡くなるんだという実感が湧くまでは

まだまだ元気になってくれるんじゃないか、と思っていました。

実は、母は肝臓移植の登録をしていました。

1度移植の話があり、病院にまで行き準備をしましたが、

提供者の肝臓が脂肪肝だったことで手術を受けられずにいたんです。

もしかして、ここで持ち直して、移植を受けられるかもしれない、

母が死んでしまうという実感がわく寸前まで、そんな風に思っていました。

今思えば、こっけいにも思えるような話ですが、

本当にギリギリまで母はまだまだ死なない、と思っていたものです。



でも、病室で、モニターの数字がどんどん低くなってきて、

母の生気が失われていく様子をずっと見ているうちに、

母がもうすぐ死ぬ、という現実を受け入れざるを得ませんでした。。。


亡くなる寸前(だったかな??)、主治医の先生や担当だった看護師さんたちが見えて

一緒に見守ってくださいました。

正直、そのあたりのことは記憶があいまいです。

一睡もしていませんでしたから、頭がぼんやりしていたのかもしれないし、

母の死という出来事の詳細を脳が消し去っているのかもしれませんが、

ひとつ覚えているのは、父が横で一生懸命話しかけているときに

母が涙を流したこと。


その頃は体中の毒素が脳にまわって、脳症を起こしていたのですが、

亡くなる間際は開いている目がとてもしっかりしていたんです。

いつもの「どこを見てるかわからない目」ではなく、

意識をしっかり持っている目でした。

見守っている親戚や家族のことを見て、母はどう思ったのでしょうか。

もうすぐ死ぬんだ、と思ったでしょうか。

死にたくない、と思ったでしょうか。


父の目を見て涙を流したとき、

「もっと一緒にいたかったのにごめんね」と思っていたんじゃないかな。。。

今、そんな気がしました。



・・・わかりませんが、

みんなに見守られて、惜しまれつつ逝けたのは

幸せなことだったんじゃないかな。







母の命日、

胸の中の鍵をかけて閉めている部屋をあける日です。

4年経ったのに、

思い出すとやっぱり涙が出てしまうんですね^^;

母のために、これからもしっかり生きていかなくてはいけません。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
【2012/04/27 11:24】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。