スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
気付けば・・・
4月3日です。

何だか、本当に月日がたつのは早いですね。

オット母の病院と今後の話し合いの日程を今日決めることになってますが

考えてみたら今の病院にいられる時間もそう残されてはいないんですね。


オット母が転院してきて最初の診断を受けたとき、

「高次脳機能障害」(詳しくはコチラ)という病名がプラスされました。

基本的には入院は3ヶ月、最長で6ヶ月可能だそうです。

ただ、先生いわく、

「今の状態で6ヶ月という診断はつけられません」とのこと。

そうは言ってもオット母はまだ「状態のいい方」なんだそうです。


というわけで、時間はあと2ヶ月残されてる・・・と書きながら

あまりの時間のなさにちょっと今めまいがしましたよ(`ΦωΦ´;)



ま、でもそれはなるようにしかならないということで。

頑張りましょう!(`・ω・´)v




さて。

入学式まであと10日。

娘の「入学の準備」がまだ全然出来ておりません。

バッグ類は、当然まだ出来ていません。

算数セットのおはじきをはじめ、持ち物の記名もまだしていません。

早寝早起きの練習も、全然はかどっておりません( ̄▽ ̄)

そのなかで母親的に「やばい」と思ってることがふたつあります。


ひとつは、

「和式トイレ」の練習!!

子どもの行く小学校は、少し前に改装があったらしくて、

一部のトイレは洋式に変わったそうなのですが、

校内ほとんどのトイレは基本和式だそうです。


いまどき出かけた先のトイレはどこも洋式なので、

うちの子、和式の経験はほとんどありません。

なので練習をしておかなくてはいけないのですが。。。

出来ておりません~~~(><)

お友だちのお母さんに聞いたら

「トイレくらいの紙を用意してまたがせる練習をしてる」とのこと。

残りの10日間でやらねば( ̄_ ̄;)!


もうひとつは、

登下校の練習です。

うちの団地から小学校までは片道40分くらいの距離で

80人近くの子どもで集団登校をしてるのですが・・・

集団での登校以外は考えられないくらい危なっかしい道です。


というのも、本当~に昔ながらの田舎の山道なんです^^;

どこが危険か、どんなことが危険か、教えなくてはいけません。

ガードレールのない、覘くと楽しそうな川とか、

土手に開いてる(子どもが)入れそうな穴とか^^;。

子どもにとっては冒険心をくすぐるネタ満載の道です。

その上、狭い道でカーブばかりなのに車はかなりのスピードで横を通り抜けていくし。。。

しかも、人通りはなく死角になる場所も多く「防犯」という意味でも相当危ない道です。


これまでの生活では、いくら危ない場所と言っても知れてました。

近くの団地や道路は整備されたところばかりですし、

遊びに行く場所も、「人が来ること前提」で管理されているところがほとんどでしたから。

さらに親が割りとインドアなので^^;子どもはそういう免疫がありません。

さらに、女の子の親としてはどういう危険があるのかも教え始めなくてはいけません。

いくらお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に登校するとは言っても、

子ども自身がしっかり意識していないと、本当に危ないと思います。



ちなみに、片道だけは2~3回練習してるんですけど、

私と息子はずっと体調が悪かったので往復の練習はしていません。

ランドセルに荷物を入れた状態でも練習させてください、なんて

小学校の先生は言ってたけど・・・そこまでいけてません~(><)




というわけで、

今日は病院からの連絡待ちなので家にいますが、

明日以降、何回か練習をしてみようと思ってます。



幼稚園の春休みは長いなぁ~と思ってたけど、

何だか気がつくとあとちょっとで新学期。

楽しみなようで、ちょっぴり不安もあり。。。


そんなこんなも全部ひっくるめての、

春ですねぇ(*^^*)




大分は猛烈な風です(@@;
近頃風が強いことが多いですよね。
しかもハンパなく強い風・・・!
なんか、年をとったからか、強い風が無性に怖いです。
早くやんでくれないかなぁ~(--;


ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2012/04/03 12:43】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。