スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
義父の状態
昨日、オットが義父のところに行きました。

ステロイドを予定通り減らすことが出来ていないようです。

まだまだ治療が長引く、ということなのか

主治医の先生から「転院」の話が出たそうです。


そのせいもあると思いますが、義父はとてもネガティブになってて

やる気も元気もなくしてしまっているようです。

思うような治療が出来ていないことで、リハビリも進んでいない。

あの義父には耐えられないような状況です。



実は、今週末から1週間ほどオットは出張でいなくなります。

その間、子どもを連れて会いに行こうと思っています。

そんなつもりはまったくなかったのですが、

昨日オットからその話(義父が落ち込んでいるということ)を聞いて、考えました。


オットは、多分もっと父親に孫に会わせてやりたいと思ってるはずですが

私の気持ちを考えてくれてて、

「じいちゃんに子どもたちを会わせてやりたい」とは言いません。



なんだか、ふと・・・本当に「ふと」、

これまでオットがいかに私を尊重してくれてたかに気付きました。



オットが私に気を遣ってくれてる、という意識はありました。

でも、それを「ありがたい」とは思いませんでした。

むしろ「当たり前だ!」とさえ思っていたような気がします。

私の中には常に

「あんな人に子どもたちは会わせられない!」

という怒りの感情しかありませんでした


でも昨日、父親が落ち込んでいるという話をするオットの横で、

自分が「親不孝」ならぬ「オット不孝」をしている、と気付きました。

私は「義父を」ではなく「オットを」もっと思いやるべきだったんです。


オットが「父親に子どもたちを会わせたい」と思わないはずがありません。

なのに私の気持ちを考えて、その言葉を飲み込んでくれてたオットに

私は甘えていたんだ、と今さらながら気がつきました。


あぁ、私は自分勝手だった。


もちろん、頻繁に行くつもりは(まだ)ないし、

子どもたちを抜きに私ひとりで行くつもりも(まだ)ありません。


でも、子どもたちは会わせてあげないとだめだ、と思いました。

それは子どもたちのためでもあるはず。


私の感情と、

オットや子どもたちの感情は別です。



今気付いてよかった、と思いました。




決して楽しみではないけど。。。^^;

いっちょ会いに行ってみるかな( ̄^ ̄)!






 ※ ※ ※ おしらせ ※ ※ ※
貼っていた「ブログ拍手」の表示をストップしました。
これまで拍手をしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
拍手をしていただけると、今日も書いてよかったなぁと感じることが出来ました。
ボタンは消してしまいましたが、これまでと変わらず応援よろしくお願いします!
これまではあちらでコメントをくださっていた方も、
よろしければ記事のほうにコメントをいただけるとうれしいです。

ポチッとしていただけると励みになります!
どうかよろしくお願いしますm(*_ _)m
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2012/02/16 07:30】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。