スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
うれしい
昨日、オット母のところへ行って来ました。

会ったのは3日ぶりです。

たった3日ですが、ずいぶん回復していました。

口から栄養を摂るようになってからみるみる元気になってる、と

看護師さんも驚かれてました。




私が行ったときはちょうどリハビリが終わったところだったようで、

オット母は、看護師さんたちの集まるテーブルのそばにチョコンと座っていました。

車いすの頭の後ろのところに一応枕を置いてもらっていますが、

それに頭を載せることなく割りとしっかりした様子で座ってました。


で、看護師さんが、

「せっかくやけん散歩行っておいで~」とおっしゃるので

そのまま車いすを押して下の階のフロアを「散歩」させてもらいました。


途中、車いすの前にかがんで顔がよく見えるように話しかけたら、

目の焦点がしっかり合ってて、ちゃんとこちらを見てくれました。

そして、驚いたことに、しっかり返事をしてくれました。



もちろん、返ってきた言葉は的外れなもので、

会話は成り立ってはいませんが、それでも言葉をしっかり発していたし、

私の言葉かけに返事をしてくれた、ということに本当に驚きました。

私が何かを言うと、「そうやなぁ」という感じでニコーっと笑うことも。

先生から「言語障害が残る」という話を聞いていたので、私の中では何となく

「言葉を理解出来ない」「こちらにわかるような言葉を発することも難しくなる」

と解釈していました。

だから昨日は、聞き取れるような言葉がしっかり出てきたことに本当に驚きました。

あと、散歩の途中で何かを見てそれについて何かを言うこともありました。

たとえば、廊下の奥の方を見て「あそこは・・・あれやったかなぁ」と言ったり。

何だかまったく想像もしなかった回復ぶりなんです。


そして・・・・


私ね、自分でもびっくりしたんですけど、

そんなオット母の様子を見て、

すごくうれしかったんです。



実を言うと、今回オット母が脳出血を起こして入院したとき、

これで「もう我が家に帰ってくることはないだろう」と思っていました。


私のブログですから、ぶっちゃけて書きます。

不愉快に思う方がいたらごめんなさい。

オット母が倒れて病院の待合室でずっと考えていたのは、

「これでオット母との生活は終わりだ~!」ということでした。

オット母の身に起きたことには大いに同情しますが、

それでも「おかげで解放された」という気持ちだったんです。

先生から予後の説明を受けた後も、

つきっきりで24時間介護なんてありえない、と思っていました。


入院してからもずっと、

オット母を今後我が家にまた迎える気持ちは、

オットやオット母には申し訳ないけど私にはないわ、と思っていました。

寝たきりになったら、なおさら無理だよって。

もちろん、それは基本的に今も変わってないんだけど、、、

でも、微妙に違ってるところもあって。。。

オットが言ってた「元に戻るなら家に帰るということも考えられるけど」というのが

今はわかる気がするんです。


だって、ニッコリ笑って、的外れだけど私の言葉に穏やかに返事をするオット母を見て、

私、「お義母さん、よかったねぇ!すごく良さそうだね~!」って・・・

もう本当に心の底から思ったんです。



その自分の気持ちが意外でね・・・^^;

ある意味、ちょっとショックでした。


だって、一時は「このまま死んだ方がオット母も幸せなんじゃないか?」って

本気で思ったりもしましたから。。。(すみません、ひどいですよね)


でも、昨日のオット母の様子を見て、

本当に素直に「良かったねぇ」という言葉が出たことに

自分でも戸惑っています。





今・・・

いつも思うことを、やっぱりまた思っています。

それは、

オット母がもっとイヤなヤツだったら、

もっと手に負えないくらい病気が重症だったら、

「出来ません」とはっきり言えるのに。


オット母は、認知症になっても、脳出血で倒れても、

やっぱり笑顔で穏やかに「そうやなぁ」と答える人でした。

そんなオット母を、また看てあげたい、という気持ちが

ちょっと芽生えたりしてしまってるんです。。。(--;



「あーー、そんなの、絶対やめておいた方がいいってー@@!」

そう思う自分と、

「もうちょっといけるかもよ?」

と思う自分と。

板ばさみです^^;

「でも、そうすると入所の話が遠のくよ。」

「最期までは看られないでしょう?」

そんな声も聞こえてきます。







もちろん。

引き受けるとは言わないと思います。

現実に考えて、車いすで生活するオット母を我が家に迎え入れるのは

無理があると思います。

だって、もし引き取るとなれば改築か増築は避けられません。

我が家のお財布からそんなお金は出ないし^^;

だからと言って実家を処分して、ということになれば

もれなく義父も付いてきますもんね(`ΦωΦ´;)



・・・無理です。現実的に考えて。。。






いや、無理なのか?







もはや『 ひとり朝まで生テレビ 』です^^;


エンドレスです( ̄▽ ̄)








というわけで、
↓ ↓ ↓
迷える子羊プッチョリーナに、どうか一発ポチッと喝をお願いします~^^;
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2012/02/09 09:59】 | 名称未設定_0 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。