スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オットに言えないこと
これまで、たいていのことは話し合って解決してきた私たちですが、

やはり義父母のこととなると・・・全部は言えません。

特に、言いたくない、言うとオットを傷つけることがわかっている、

でも言わざるを得ないことが出てくると、本当にやっかいです。


これまでそういうことが2度ありました。

1度目はオット母が「ちょっとおかしいよ?」というとき。

でも、あのときはオット母がパンツもズボンもずり落ちた姿で

玄関先に出てきましたからある意味有無を言わさない状態だったし、

オットも異状を感じていましたから特に覚悟は必要ありませんでした。


2度目は義父が実家を売り払ってうちに来ようとしてることがわかったとき。

「お義父さんとは暮らせない」という話をしたときです。

オットとしては、以前は同居に前向きだった私のその言葉が

寝耳に水だったようでした。

どうして暮らせないか、義父のことをなぜ拒否するのかをわかってもらうために、

普段なら絶対に言わないような胸の内を言わざるを得ませんでした。




実は、今回言うべきかどうか迷っていることがあります。

それは、義父が少し認知症気味になってるのではないか、ということ。

オット母の病院は私、義父の病院はオット、という役割分担でやってるので

私は義父には最近会っていません。

でも、オットが最近会ったときや電話をしたときの話を聞くと・・・

それはちょっと・・・おかしいんじゃないだろうか・・・と思えるのです。



どんなことかというと。。。

1.あるものに異常にこだわる。

→具体的には「電気髭剃り」です。
ないと困ると言って聞かず、翌日(翌翌日?)オットが持って行ったときには待ちきれずに看護師さんに買ってくるよう頼んだ後だったそうです。
これまでの入院生活でそんなことは初めてです。

2.話の脈絡がなく、自分の話したいことだけを話し会話が成り立たない

→元々自分の話したいことばかりを話す人でしたが、それでも会話が成り立たないということはありませんでした。
しかも、話に脈絡がないため、息子であるオットでさえうまく会話が出来ないようです。

3.順序だてて考えず、先走りしてばかりいる

→リハビリのための器具を購入する必要があったそうなのですが、病院側から何も言われてないのに「クレジットカードを持って来い」と言って聞かなかったそうです。
オットが、すぐに払う必要があるかどうかもわからないし、詳細は病院から聞いてからでいいのでは?と言ったそうですが、持って来いの一点張りだったそうで。
結果的には「現金と印鑑と保険証、口座番号」が必要だったため、オットは無駄足を踏まされたわけですが。



オットは軽い感じで「あの人もなんかヘンやでー」と言ってましたが、

私はどうも気になって仕方ありません。


どれも入院生活が長引いている(と言ってもまだ2週間ですけど)せいで

ただ単に頭が凝り固まってる、というだけかもしれません。

でも、これまではそんなことはなかったんです。

そして、オットが「ヘン」というからには「相当ヘン」なんです。


実は、これも昨日知ったことなんですけど

前回の退院後オットがしばらく義父と実家で暮らしたとき、

あの料理上手な義父がまともな料理を作れなかったそうなんです。

味付けがメチャクチャだったそうです。

薬による影響か、退院後で動くこともままならなかったために

味付けまで気を配ることが出来なかっただけなのか・・・

わかりませんが。。。



これまでオットの都合を考えずにいろいろ注文をつけてる様子を見て、

ようやくペースが戻りつつあった矢先の再入院のせいで

イラついて余裕がないだけだろう、と思っていましたが、

いろいろ聞けば聞くほど、少し混乱があるのではないかと気になってしまいます。

ただ単に、精神的な疲れからのものならいいのですが。。。

いや、それも良くはないですね。



もう少し様子を見て、、、

オットに話すかどうか考えようと思います。


私、気にしすぎですかね。。。

だったらいいのですが。








クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2012/02/03 08:00】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。