スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
悪い気が満ちてる!?
昨日の記事には、たくさんの方からコメントをいただき、

ありがとうございました。

おかげさまで、具体的にどう段取りを踏んでいけばいいのか見えてきたので

元気が出てきましたよー!

みなさん、本当にありがとうございますm(*_ _)m









* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


先日、新聞に「こころに残る医療」体験記コンクールの受賞作品が載っていました。

実は、小学生の部で最優秀になったのは、うちの子が通ってる幼稚園の卒園生。

そして、私の実家のすぐそばに住んでる子だったんです。

その子の弟は娘と同級生で、お母さんにも良く会います。



ちなみに。

その作文というのが、要約すると、

筋肉の難病で動けない寝たきりのおばあちゃんが家にいる。

おばあちゃんは動けないけど、ぼくの話にまばたきでこたえてくれる。

一日中おじいちゃんやお母さんがおばあちゃんのお世話をしている。

そんなおじいちゃんやお母さんはすごいなあと思う。

家には看護師さんやヘルパーさんが毎日来て、

おばあちゃんがいつも気持ちよくいられるようにしてくれている。

お母さんが「ここはおばあちゃんがとても気持ちいいところ」と教えてくれたところを

ぼくがマッサージするとおばあちゃんはとても喜ぶ。

ぼくはタンをとったり出来ないけど、おばあちゃんに話しかけたり

さすってあげたりぼくが出来ることを少しずつやっていきたい。

ぼくはおばあちゃんが大好き。

もっともっと長生きしてほしい。


というもの。

ものすごく要約してるので、実際はもっと子どもらしい素直な視点で、

おばあちゃんとの暮らしを大切に思う気持ちが描かれています。




これを読んで・・・

私ゃ落ち込みました(-- )

在宅で寝たきりのばあちゃんの面倒を看ることから逃げよう逃げようとしてる自分。

かたや、立派に在宅介護をして、

子どもに優しい心・思いやりの気持ちを育んでいるお母さん。

この作文を書いた子のお父さんはお医者さんで、お母さんは元看護師さん、ということで、

専門的な知識があるし、おじいちゃんも介護が出来る状態、と言う点では

若干有利(??)なのかもしれません。

でも逆に言えば、そういう家庭だからこそ、施設などを選んでもおかしくないわけで。


そういう「立派な家庭」がすぐ見える場所にあったことは、

今の私にはとてもショックというか・・・落ち込んでしまう出来事でした。

義母がうちに来た当初は、同じ幼稚園のお母さんたちはみんな輝いて見えて、

「いいなぁ、家に認知症の姑がいなくて」と思ってました^^;

でも、立派に在宅介護をやってのけてるお母さんがいたわけです。

すぐそばに。



そう思うと、自分がすごく小さな人間に思えてきました。

「子どもも小さいし在宅介護なんて出来ない」と思ってるけど、

本当にそうだろうか?

私さえ頑張れば。

私さえ頑張れば出来るんじゃない?

それに、私が頑張れば、その作文を書いた子のような優しい気持ちを

うちの子どもたちに持たせることが出来るのかもしれない。

でも・・・出来ないよ~・・・

そう思うと・・・ガックリ、まさに_| ̄|○ ←こういう状態でした^^;



介護の問題って、

私の頑張りが足りない・・・と思ってしまうと、

とてつもなく心に負担がかかる問題ですよね。

もしも、私がもっと頑張れれば、

もしも、自分の母親だったら、

もしも、もしも、もしも、、、、


もしもは果てしなく続く気がしてしまって。

この作文を読んだときは、本当に落ち込みました。





でも、ま。

その子のおうちはおじいちゃんが元気で介護をする側にいるし、

おじいちゃんはきっと優しくて孫を大事にするおじいちゃんだよ、

だから一緒に在宅で介護が出来るんだよ、

義父みたいに自分の孫にイラついて威圧したりするようなおじいちゃんじゃないよ、

第一もう義父は介護される側になっちゃってるから、

義父母がうちに来たら介護するジジババが二人になってそれこそブッ倒れちゃうよ。

なんて、一生懸命自分を擁護してみたりします。

まぁ、「擁護」と言っても実際そうですもんね。。。私には無理だわ。

「じゃあ在宅、やる?」と言われたら、やっぱり返事は「NO」だもん、うん(-_-*)





昨日今日と息子の調子が悪いんです。

日曜の明け方に前の日の夕食全部もどして、

昨日は熱っぽい。

夜は「おなかが痛い」と言ってなかなか眠れなくて。

今朝具合が悪かったら病院に連れて行こうと思ってました。

結局、朝は超ローテンションながら幼稚園には「行く」と言ったので

病院には連れて行かずに済みましたが。

熱もなかったし。


でも、思いました。

こういうときも介護してたら「すぐ病院」ともいかない。

子どもが具合悪いのに動きが取れないなんて、そりゃいけません。


あー、あんな落ち込んじゃったけど、

やっぱ私には無理だわぁ~

と痛感。

単純なおかげで緒を引かずにすみました(*゚▽゚)v




ちなみに私は私で何やら不正出血があるし、

猫は猫でゲロゲロ吐いてましたし^^;

(原因はチューリップの葉っぱの乾いたヤツを食べたからでしたが)

家の中になにやら悪い気がたまっているようですな( ̄ー ̄)

祓いたまえ~清めたまえ~~~ !!

~~~\(-- ) ( --)/~~~~
って感じです^^;






というわけで、悪い気を出すために(?)これからお昼ご飯です。

ではみなさん~!

今週も何かいいことありますように♪






クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2012/01/23 11:47】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。